日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

言の葉の庭

 (2,357)7.546分2013G
靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。アニメ作品。 (c) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
監督
新海誠
ジャンル
アニメ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると7日でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

プロデューサー
CoMix Wave Films
提供
CoMix Wave Films
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.3

2357件のグローバルレーティング

  1. 61%のレビュー結果:星5つ
  2. 21%のレビュー結果:星4つ
  3. 10%のレビュー結果:星3つ
  4. 4%のレビュー結果:星2つ
  5. 4%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

魚の骨2019/07/01に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
典型新海作品。映像◎ストーリ×
確認済みの購入
君の名はから一旦はなれ、元の新海作品的映像美が展開される。
そのリアルさは、彼の一番のこだわり。
まるで実写の様で。でも実写の余計な部分を省いた美の表現はほれぼれするぐらい素晴らしい。

一方ストーリーはというと、相変わらずの今一つ。
映像並みの作り込みがない。
27にとっての高校一年=中学出たてが恋愛対象になったらちょっとアブナイ。
男女を入れ替えたら、変質者感に納得がいくことだろう。

主人公は料理が出来、バイトも頑張り、目標をしっかり持っているのに、
自分の進路に自信を持たないあたりがよくわからない。
どうみても自分に自信がない子には見えない。

子供のころは空が近かったとか、満員電車の表現とか。
田舎育ちが上京したようなセリフを展開したが、
主人公は東京の都心育ちで意味が分からない。

高校は義務教育ではないのだから、将来したいことがあるならきちんと卒業しようと思うだろうところ。
また、靴を本気で目指すなら、海外に出ることも考えて語学を真剣に学ぶだろうということを考えても、
雨の日の1限目のさぼりが納得いかない。

そして、1限目の時間枠とシーンが合わない。
御苑は9時オープンだ。しかも雨の日の鉛筆書きは湿気で困難だ。
御苑で雨のシーンを描きたかったためのストーリー立てではないかと思われる。

つまるところ、映像構成にストーリーをつけてみました。
それがいつもの新海作品。
これも見事にそのパターンに仕上がっている。

映像面では素晴らしいものの、「オレすごいだろう」的な無意味なカットもそこそこある。
例えば兄の登場シーンの靴のカット、玄関のドアノブのカット。サスペンスならありだが、
兄の登場にこの演出は必要だったのか?
主人公が学校の階段を下りるカットの意味はなにかなど。
また、映像の設定掘り下げはキャラ同様に不十分。
水で強風を表現したのに、その後に木々から落ちる大きな水滴は垂直に落ちる。
先生のベランダのメタルシェルフには錆がなく、観葉植物では使われない
緑のスリット入りのプラプランターがいくつかある。
キャラ設定に紐づく描写は映像も含めて雑。

この人の作品は、アニメと音楽のみで構成した方がより完成度が上がる。
378人のお客様がこれが役に立ったと考えています
白丸2019/07/01に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ひねくれ者や評論家気取りは観るべきではない
確認済みの購入
レビュータイトル通りの内容。純粋に物語や登場人物たちの心情を受け止められない大人は観るのを控えましょう。どうせ批判しか出てきませんから。私も一部そんな部分もありますが、まあ、それはこの際置いといて、純粋にこの高評価アニメを観てみました。
とにかく映像美と音響の美しさに感嘆しました。物凄いですね。実写を超えた美しさというものはこのことではないでしょうか。そしてこの美しさが登場人物や物語を引き立てているのは間違いない。ストーリー的には珍しいものではないです。どこにでもあるようなお話。45分という短尺の中で、若者の青臭さと、大人の悲哀や鬱屈とをよく対比させているなぁといった感想。
正直涙するほど感情を揺さぶられる作品ではないと思いますが、何かしら残るものはありました。そんなことより、この映像美を堪能するだけでも観て損はないかと思います。
ひねくれた目で観れば、そりゃあ「くっだらねえ、なにこれ?」となるでしょうね。そういう観方は芸術鑑賞には適していませんけどね。
309人のお客様がこれが役に立ったと考えています
イワシ雲2019/07/01に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
寒い
確認済みの購入
自分に酔いしれてそれを押し付けて来る感じがそこかしこに溢れてました。
高層ビルから鳥が飛び立つシーン、電車の架線、光や雨がガラスやコンクリートに揺らいで映るシーンなど、直接的過ぎて興ざめ。
同じようなシーンが度々出てきて、そこにだめ押しのようなピアノの旋律。
見せる技術ばかりが先行してストーリーに深みはなく、最後に出てきた「新宿御苑へのアルコールの持ち込みは禁止」に呆れて言葉を失いました。
多分[雨の日の朝、日本庭園を見ながらビールを飲む大人の女性]が格好いいと思って書きたかったんだろうなぁ。
そんな人が「頑張って行こうと思ったけど本当は怖かったのー。」って泣きながら抱きついて来るなんていろいろおかしいです。
179人のお客様がこれが役に立ったと考えています
匿名希望2019/07/02に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
とりあえずダメだろ
確認済みの購入
いつから雨の日に遅刻が許されるようになった?
とりあえず学校行け。
この大前提が崩れてるのに何の感動がある?
何を伝えたい?芯のない作品だと思います。
とりあえず教師と生徒とか安易。
勘違いする子供もいるのでは?
好評価できるほど創造性、感受性豊かでない私のような人間には不向きな動画です。むしろ不愉快な作品でした。
137人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ゆうくん2018/08/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
作画は写実なのに意図は印象派の作風は、新海アニメにだけ許された贅沢
確認済みの購入
遅蒔きながら新海誠監督を知ったのはこの作品からで、色々観た今では最も好きな作品。
和歌や俳句の様な短編アニメだが、大人になる意味と生きる事の難しさを最小単位で切り取った十分に濃厚な後味の作品だ。
広くも浅き俗世を生きるか、狭くも匠の道に生きるか、選択に高校生が若すぎる事もない。その覚悟は人に喧伝するモノではないし、スマホに何でも載せられる時代に敢えて言葉にしない感情の伝え方もあると言う主張が何より新鮮だ。
相手が自分の大事な部分に気付ける人物かどうかを時間を掛けて試す場所、そんな緊張感すら覚える庭への雨の導きが設定として何より美しい。
抜群に詩的な描写力はアニメの常識を越え、CGを否定した手描きアニメの技術的極みに達した感すらある感動的な出来映え。それは写真や実写映画には出来ない「絵画」にだけ許された審美を極めたアニメの新境地だろう。
それが故に、本作に限っては美術鑑賞として耐えうるBlu-rayを強く推奨します。
特典映像も作画やストーリーに対する深海監督の拘りが深く理解できる素晴らしい内容で、再度感心させられました。
都会人の中にある決して打ち解けられない孤独と、同じ想いの人々に小さな出逢いを提供する閉じた空間の美しさに我を忘れる唯一無二の短篇アニメは、人生の深味である“わびさび”すら感じさせる。
これ程に耽美で深淵なるアニメは他にない。
155人のお客様がこれが役に立ったと考えています
M.keiko2017/07/27に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
アニメにおける”短歌”表現
確認済みの購入
アニメ映画としては、50分未満の本編は短いということなのだろうか?
しかし、『これは、本当にアニメなのか?』と思わせる、自然描写の冴えには唸るしかないと思った。背景の自然描写の美しさや、例えば足許の水溜りに落ちる雨だれの描写の中で、東京のど真ん中の新宿に今もある『新宿御苑』、そこが、一種のタイムスリップの場所のようになり、万葉の時代と変わらず、若い男女が、互いの名も身分も知らず、惹かれていくという『相聞』を、21世紀の現代に蘇らせた珠玉の一遍だと思った。2時間くらいのアニメが長歌なら、さしずめアニメの短歌として、しかし、忘れがたい一遍として完成されていると思った。
172人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2019/07/02に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
映像だけなら高評価だけど
確認済みの購入
映像は凄いね。映像は★5。でも、それ、監督の力なのかな?スタッフの力じゃない?
あと、ストーリーが気持ち悪い。
高評価のレビュー多いけど、いい年した大人がこの話で感情移入できるのが驚き。
ハロー効果がかかっていることに気が付いた方がいい。
この尺ではテーマが大きすぎたと思う。
86人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mimitarou2017/12/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
声優さんも名演!凝縮度ではNo1.!
確認済みの購入
プレビューでは良く新海監督の演出や美術が評価されてますが、私は主人公の声優、入野自由さん、そして誰よりもヒロインの花澤香菜さんの控えめな演技、そしてラストで一気に炸裂するシーンに惹かれます。

もちろん、あまり実写の経験がおありになるとは思えない新海監督のカメラワークの斬新さや、時折レンズの端に現れる虹みたいなエフェクト等、リアルさを超えた演出技法も素晴らしいです。

「君の名は。」よりは小ぢんまりとしていますが、私はむしろこちらの作品の方を、時折思い出す様に何回も繰り返し見ています。

新海監督作品の中では「凝縮度」と言う意味で一番完成度の高い作品だと思います。
134人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示