Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 780

¥ 62の割引 (7%)

ポイント : 22pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[橘 玲]の言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)
Kindle App Ad

言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書) Kindle版

5つ星のうち 3.4 274件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 780
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842 ¥ 173

商品の説明

内容紹介

ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。



この社会にはきれいごとがあふれている。人間は誰しも平等で、努力すれば必ず報われ、〝見た目″はそれほど大した問題ではない――だが、それらは絵空事である。往々にして、努力は遺伝に勝てない。知能や学歴、年収、犯罪癖も例外ではなく、美人とブスの「美貌格差」は生涯で約3600万円もある。また、子育ての苦労や英才教育の多くは徒労に終わる……。進化論、遺伝学、脳科学の最新知見から、人気作家が次々と明かす「残酷すぎる真実」。読者諸氏、遺伝、見た目、教育、性に関する、口には出せない「不愉快な現実」を今こそ直視せよ!



Ⅰ 努力は遺伝に勝てないのか

1:遺伝にまつわる語られざるタブー
 
2:「頭がよくなる」とはどういうことか――知能のタブー
 
3:知識社会で勝ち抜く人、最貧困層に堕ちる人
 
4:進化がもたらす、残酷なレイプは防げるか

5:反社会的人間はどのように生まれるか



Ⅱ あまりに残酷な「美貌格差」

6:「見た目」で人生は決まる――容貌のタブー

7:あまりに残酷な「美貌格差」

8:男女平等が妨げる「女性の幸福」について

9:結婚相手選びとセックスにおける残酷な真実

10:女性はなぜエクスタシーで叫ぶのか?



Ⅲ 子育てや教育は子どもの成長に関係ない

11:わたしはどのように「わたし」になるのか

12:親子の語られざる真実

13:「遺伝子と環境」が引き起こす残酷な真実

(目次より)





橘玲

作家。1959年(昭和34)年生まれ。小説『マネーロンダリング』(デビュー作)や『タッスクヘイブン』のほか、ノンフィクションや時評も手がけ、『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』はベストセラーとなる。『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』『バカが多いのには理由がある』『「読まなくてもいい本」の読書案内』など、著作多数。

内容(「BOOK」データベースより)

この社会にはきれいごとがあふれている。人間は平等で、努力は報われ、見た目は大した問題ではない―だが、それらは絵空事だ。進化論、遺伝学、脳科学の最新知見から、人気作家が明かす「残酷すぎる真実」。読者諸氏、口に出せない、この不愉快な現実を直視せよ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6047 KB
  • 出版社: 新潮社 (2016/4/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01E6JQBD0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 274件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 715位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
賛否両論ある本ですね。著者、本の内容、レビュー含め楽しめました。
「遺伝子と進化で説明できる。そしてその真実が覆い隠されているので出す」という趣旨の本です。レビューは本の内容同様にまとまらないので、箇条書きにします。

●本について
・論文のつまみ食い。
・数ある論文の中から選んでいるのでしょうが不適切だと思われる部分もあり、追認バイアスがかかっているように感じる。著者の物語や結論に合うものを選んでいるのでは?
・著者の説明は「適切なもの、素晴らしい分析、不適切な分析、暴論」があるように思う。
・無理筋、暴論を適切であるかのように断定的に記述している。
・「さすが著者!」という視点、分析も多々ある。

●著者について
以前から著者の本、ブログを読んでいて”何か冷たいもの”を感じていました。リアリストだからかなぁと思っていたのですが、根底の欲望は”抑圧された他人への攻撃性”や”ペシミズム”だと思いました。また、著者は説明が適切であるかのように断定する態度を取っているが、すべてには同意できない。"遺伝子教"だと思えば理解できる。

●他の方のレビューについて
著者の攻撃性への”反発”、真実の部分に対する”肯定”と”否認”、無理筋な分
...続きを読む ›
2 コメント 702人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容は興味深い。
キレイごとだけでなく、現実を知った上で物事を判断せよと言う考えも同意できる所はある。

ただ、医学の世界に身を置くものとしては、「エビデンス」という言葉の使い方に違和感を感じる。
エビデンスとは本来、ただ単に根拠のみを示せばいいというものではない。
エビデンスを語るには、根拠となる論文や文献を客観的、批判的に吟味して、果たして信用するに足りるのかを慎重に判断する。
特に論文に関して言えば、研究デザインや調査方法によってもエビデンスレベル(信用度)が変わってくる。ちなみに、権威者の主観的な意見、専門家の報告はエビデンスレベルが最も低いとされている。

本書は多数の文献の引用があり、著者は冒頭で「本書で述べたことはすべてエビデンス(根拠)がある」と言い切っているが、基本的に引用元の文献はすべて正しいという前提のもとで語られており、安易に信用してもいいものか疑問に感じる。もし引用元にバイアス(偏り)や誤りがあれば、それはただの都市伝説と変わりない。

「エビデンス」と言う言葉を使うからには、もう少し慎重になるべきであり、簡単に事実と言い切るべきではないと思う。
2 コメント 649人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nacamici トップ500レビュアー 投稿日 2016/5/21
形式: 新書
教育、格差、犯罪、結婚…っといった社会の課題や問題を「進化論」で斬った本。「不愉快な本」というセールスキャッチだがそれほどでもない。だいたいが進化論を持ち出されなくてもうすうすわかってる話だ。「『知識社会』とは、知能の高い人間が知能の低い人間を搾取する社会のこと」とか。そういう「偶然」による機会や富の偏りが有史以来の諍いの原因にもなってきた。

弱肉強食という自然界のルールにまかせっぱなしだと社会としてもたないということで、そのときどきの社会の支配層(強者and/or権者)によって分配や統治の方法が編み出され、とりあえず民主主義がいちばん害が少なく安定したシステムということにいまなっている(格差を否定した共産主義も、格差を肯定した絶対主義も安定性の面で民主主義に劣っていることは証明済)。ただ、格差はどうやったって生じるので、下層に位置する人間が自らの劣等生を否認することを正当化するための「平等主義イデオロギー」を安全装置としてシステムに組み込んだ――つまり民主主義というのは考え抜かれた「虚構」であると言い切っている小坂井敏晶著『社会史理学講義』のほうがよっぽどヤバい本である。ということで、読む前に警告されるほど過激な内容でもなかったが、いくつか面白い話もあった。

その1.「賢いサイコパス」と「愚かなサイコパス」

心拍数
...続きを読む ›
コメント 340人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 知能、容姿など遺伝でここまで人生が決まるとの諸説をダイジェスト的に書いてあり、参考文献を記載してあるのはそれなりに誠実な態度といっていいのでしょう。しかし、それらの文献だって全ての専門家が賛同しているわけではないでしょうし、用いられた統計手法は本当に適切だったのでしょうか?色々な分野の研究手法や統計学だって日進月歩です。

 私事で恐縮ですが、私の両親は中卒の農家で、私は小中高と全て公立でしたが、高校の頃から奨学金をもらってほぼ自力で大学を出て、今はそれなりの年収を得ております。とにかく貧しい生まれだったので、中学のころからいかにお金をかけずに大学を出て定収を得られる仕事につくか、考えてばかりいました。高校時代は2世代分稼がなければ自分の人生は無くなると思って必死に勉強しました。中高生の頃にこんな本を読んでいたら、絶望して今頃自死していたか堀の中だったかもしれません。

 お金をもらって本を売る以上、人生は遺伝でここまで決まるとあおり気味に書き散らかすだけでなく、自分なりに考えた対策や、統計学的な例外もきちんと書くのが責任ある作家の態度では?この人は作家なのに、人は生きるためになぜ物語を必要とするのか、全く分かっていないのではないでしょうか?他の方も書いておられましたが、自分は遺伝的に恵まれて黄金の羽を拾ったと自慢しているだけと思われても仕
...続きを読む ›
13 コメント 1,146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す