通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
言いわけばかりで動けない君に贈る33のエール がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

言いわけばかりで動けない君に贈る33のエール 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/11

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 109
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

● 最初の一歩は誰でも怖い

新しいことを始める時には、誰でも緊張するものです。
「失敗したくないから」「もっと力をつけてから」「まだ若いから」——ついつい理由をつけて、チャレンジを先延ばしにしたくなるものです。
本書は、一歩踏み出せない人の背中を押すための本です。

●とりあえずやってみるか!

何でも先送りする「言いわけの達人」だった著者を、「とりあえずやってみる人」に変化させた「心のスイッチ」の切り替え方を紹介します。
「若いうちの失敗は将来の準備運動」「笑われてこそ一人前」「知識不足・力不足は若い人の特権」など、
やってみたくなる気持ちにしてくれるエールが満載。

内容(「BOOK」データベースより)

最初の一歩は誰でも怖い。「失敗の痛み」と「成功の喜び」を体験した後にだけ見える世界がある。著者の背中を押してくれた師匠の教えと、明大生に伝えていることを、わかりやすくQ&A形式でまとめた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 202ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2013/7/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534050933
  • ISBN-13: 978-4534050939
  • 発売日: 2013/7/11
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,097,982位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は,筆者の企業人そして経営者・起業家としての経験と,大学講師として今風の若者と身近に接してきた体験に基づく,リスクを取らない安定志向の若者を2歩も3歩も前へ動かすための強烈な檄である。それと同時に,さまざまな修羅場をくぐってきた筆者ならではの,引っ込み思案な若者への心温かい応援歌でもある。人生を豊かに生きるために「前向きのリスク」を取ることがいかに重要であるのかを,また「師と呼べる人との出会い」が若者の人生をいかに劇的に変えうるのかを,実に分かりやすい,しかも説得力のある筆致で述べている。それでいて2度,3度と読み直すうちに,新たな気付きを与えてくれる深さも兼ね備えた好著である。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告