通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【2016年3月10日初版第2刷発行】【帯付き】中古商品の為、多少の使用感や経年による日焼け・スレ・キズ・汚れ等はご了承下さい。日本郵便で発致します。 20268
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

触楽入門 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/15

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,706
¥ 1,706 ¥ 1,343

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 触楽入門
  • +
  • 驚きの皮膚
  • +
  • 皮膚感覚と人間のこころ (新潮選書)
総額: ¥4,514
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

つねにネットに接続し、皮膚感覚を失っていく私たち。
さわってないのに、わかったつもりになっていませんか?

・触覚の錯覚は50種類超!
・さわり心地が思考をつくる?
・握手をするとき、握っている? 握られている?

私が感じている「触感」を記録・再生して、だれかに伝える。
そんな装置を開発した著者が、触感の科学からモノ、心、身体、アートまで、
忘れられている「触感の世界」をご案内します。
私が感じる「この感覚」のふしぎに、目をひらく――触感テクノロジーの最前線!

この本は、触れるということの面白さを、だれでも気軽に試せる「問い」の形で紹介してゆきます。
触感を意識化するための実践トレーニングや、身体を動かして試してもらう項目もあります。
(…)本書を読んでいるみなさんが自分自身で感じながら考える、能動的に遊べる本として使って
いただければと思います。(「はじめに」より)

触感により引き起こされる情動は、理屈を超えた実感として、私たちの深いところに届く
(…)それは、この世界に受け入れられているという感覚をもたらし、私たちの毎日を支えるものに
なるでしょう。(終章より)

★14ページにわたる「触感年表」(監修:山本貴光)を収録!

★本書の内容の一部
・もしも触覚がなくなったらどうなる?
・人に信頼してもらうには、手があたたかい方がいい?
・ノイズがあったほうが感覚がするどくなる?
・目の見えない人が描いた触感の絵?
・触覚は「五感の交差点」?
・心が「ざらざら」するとき、実際に触感としてざらざらを感じている?
・テディベアに触れると死への恐怖がやわらぐ?
・他人の身体に起きた触覚を自分のものとして感じられる?
・周辺視野を指でたどると、身体感覚が拡張する?
・おでこが網膜の代わりになる?

内容(「BOOK」データベースより)

つねにネットに接続し、皮膚感覚を失ってゆく私たち。さわってないのにわかったつもり?「触覚の錯覚」は50種類超!さわり心地が思考をつくる?握手をするとき、握っている?握られている?私が感じる「この感覚」のふしぎに、目をひらく―触感テクノロジーの最前線!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 朝日出版社 (2016/1/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4255009058
  • ISBN-13: 978-4255009056
  • 発売日: 2016/1/15
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 54,099位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まだ、科学的にも神秘が多く隠されているといわれている触覚について
初心者にも読みやすく、とても分かりやすく書かれていました。

私がふわふわしたぬいぐるみをもつと安心をしたり、
温かい飲み物を飲んで人と話すとなんだか温かい気持ちになれたり.....

このように、実は私たちの心の変化にも触るという行為が関わっていたという事も
この本を読んで気づくとともに、
私たちが日々疎遠になっていて、何気ない触れるという行為が
如何に外界にも影響を及ぼすのかというのが面白くて、目からウロコでした。

著者が示唆をされている触覚の未来が素敵で、本当に楽しみです。

是非、書店で手に取った際、購入した際は裏表紙も見てさわってみてください。
私は初めての触覚の錯覚に「わあ。」っとびっくりしてしまいました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「ポテトチップスを食べるとき、その音を拡大して聴かせると、ポテトチップがよりサクサクしてるように感じる」「ぴりぴり震わされている紙コップで炭酸飲料を飲むと、シュワシュワ味覚が強くなる」「他人の肩をさすってあげると、その人は前屈しやすくなる」「自分の手を前にのばして、ぐるっとまわるところを見た後は、目を閉じて片足立ちできる時間が長くなる」「ふわふわテディベアに触ると社会的疎外感が癒される」「肩に触れられると死への恐怖がやわらぐ」「自分が相手に触っている、と感じている時、相手は触られている、と感じている」「触覚を増強する触覚コンタクトレンズ」「触っているものを虫眼鏡で拡大してみると触覚も細かいところまで感じる」「絵の上に指をのせると因果性が実感できる」などなど、この本を読みながら、「わ、本当!?」と私が驚いた頁にチェックをいれた、その、ほんの一部です。それらは国際的に活躍する青年科学者である著者たち自身の実験だったり、あるいは、世界的に有名な学術雑誌に発表された最先端の研究成果です。もとは難しい内容だった、その触覚の科学の最先端の話題が、中学生だってわかるだろう、易しい表現と文章で満載された傑作です。触覚の科学は、視覚、聴覚などの科学に比べて、研究が遅れている。しかし、触覚は人のこころに大きく作用する。それだけに、近年、アッと驚く発見が続々と発表されています。それが一冊の楽しい本になっ...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
触感というものが、感情や判断に影響をあたえるということや、経験を通じて変わっていくということ、とても興味深く学ばせていただきました。しっかりと研究に触れつつも身近な事例をたくさん用いて説明してくれるので、ひとつひとつの章を実感をもって読み進めることができました。私は遠隔教育の研究者ですが、決していいとはいえない通信環境でも、環境やアクティビティを工夫することで、あたかも一緒の空間で勉強をしているような確かな実感を感じることがあります。オンライン教育・コミュニケーションの世界にも触感が深く関わっている気がしてきて、好奇心を非常に刺激されました。個人的には、ありとあらゆる触感に関わるレファレンスに圧倒されました。きっと筆者の方々の、日々そのことを考え、発見しては書き留める、という積み上げ作業のたまものなのではと思いますが、おかげさまで触感をとっても身近に感じられるようになりました。おすすめです!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読みやすい。触覚って手で触れることだけでなく、視覚のなかにある、テクスチャーも関係するという考え方は面白かった。いろいろな意味で触覚の本質をいろいろな方法で説明してるので分かりやすい。自分で解釈してみると、アニメが面白く感じる理由かな?と思った。写実的なイメージ以外に、触り心地の良いテクスチャを追加してると考えてみると、なんかしっくりきた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
触楽とは、
触ることを楽しんでもらうために
著者が作った言葉だそうです。

触覚や身体感覚などについての
興味深い実験結果などが
様々な角度から紹介されており、
その多くは自分でも実験可能。

本書を読むことは
まさに新しい発見の連続で、
エキサイティングな経験となりました。

もしかすると
現代の人類に残された
フロンティアの一つ
なのかもしれませんね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告