中古品:
¥ 340
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 KAWAUTI books&game
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ケース、ディスク★☆説明書☆ケースの傷み・欠品・キズや汚れ等がございます。商品個別の状態につきましてはメールにてお問い合わせください。動作に問題はありませんが、ご了承の上お買い求め下さい。プロダクトコードの付属した商品につきましては、中古品となりますので使用状況に関しては保証出来兼ねます。予めご了承頂きますようお願い致します。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ひっぱリンダ

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
  • 様々な物を引っ張るゲーム
新品の出品:8¥ 1,109より 中古品の出品:15¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • ASIN: B00005S89W
  • 発売日: 2001/12/6
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 22,675位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

様々な物を引っ張るゲーム


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 主人公の肩に取り憑いた腕を使って、様々な物を引っ張るゲーム。それは壁だったり、床だったり、木だったり、敵だったり…。そりゃもう何でもひっぱりまくってそのリアクションを楽しむゲーム、それが「ひっぱリンダ」です。
 いきなり難点を言ってしまえば、操作に慣れるまでに時間のかかるゲームである、という点。しかし一度慣れてしまえば、その「引っ張る」ことの楽しさに引き込まれます。
 例えば、敵の鼻や目や頬をぐに~っと引っ張ってダメージを与えたり、またその辺の大地を引っ張って、その反動で敵に体当たりしたり、遠くに飛んでいったり。やってることは確かにただ「ひっぱる」だけですし、やったことの無い人は少々魅力不足に感じるやもしれません。しかし触れてみれば、その満足感は!!相当なモノでしょう。問答無用にオススメです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「ひっぱる」という動作ひとつで、跳ぶ、投げる、頭突き等の多彩なアクションを表現したアイデアは、新鮮。敵への攻撃は、つかんで、ひっぱって、はじく。ジャンプですら、地面に対して同じアクションを行う。
この動作を実現するための、操作方法が特異。ゲーム中は、方向キーをはじめ、△○×□ボタンすら使用しない。アナログスティック(L3,R3)とL1,R1がメイン。L1で敵をロックオン、R1でプレイヤーから敵を「つかむ」ためのマフラーが発射される。アナログ左でプレイヤーを動かし、アナログ右でマフラーの操作。それらが独立して、しかもアナログ的に動くので、初めはなかなか意図する動作ができない。よって操作に慣れることが、最初の課題となってくる。
ゲームのメインは、ザコ部屋と呼ばれるステージで敵を倒してポイントを貯める。それはボスの部屋に入るために消費されたり、特殊攻撃時に使用される。このザコ部屋には「ステージクリア」という概念がなく、いつでも退室でき、ポイント稼ぎのみが目的となる。このゲームの独特の操作感を存分に楽しんでもらう狙いがあるのか、敵の強さが低めになっている印象を受けた。ザコ敵からはあまり攻撃を受けず、あくまでもボスとの対決に備えて、ポイントを貯めるという場であるといえる。
それ故、ゲームをプレイしていると、[ザコ部屋でポイント稼ぎ]→[ボス戦]という、非常にシン
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
操作は最初はしづらいですが慣れれば平気になってきます。マフラーのリーチ意外と短いですがアクションはシンプルイズザベストで、なかでも必殺技はかっこいいしキャラも魅力的。いうならば進行が単純作業すぎる。このゲーム私は一日でクリアできたし、クリアしたらクリアしたでおまけとかはない。もっとプレイする側がワクワクするなにかこう、最低でも一週間やっても飽きがこない工夫とかミニゲーム的なモノとかが欲しかったです。ゲームとしての出来はがっかりですがキャラやアクションの魅力で総合評価★4つにします。もしこれを見たゲーム関係者さん、是非次回作をお願いします!。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
レアになりがちなトレジャーのゲームですが、この作品に関してはだいたいどこの店舗も投げ値です。
未プレイの人に
じゃあツマランゲームなんだろ?と問われた場合、
「とんでもない!」と切り返します。
トレジャーですよ!
駄作知らずの!
クセがあるから一般受けしにくいですけどね。

演出も音楽もセンスを感じますし、
何より「上手くなる」喜びがあります。
マフラーを手足の如く扱えるようになって、
ようやくゲームの全貌が明らかになるという、トレジャーらしいプレイヤーへの厳しい愛情。
(アメとムチという言い方もできる)

ストーリーはあるにはあるけど、ゲーム中ではあって無いようなもの。
各々想像めされよという世界です。
ここが販売不振の原因かなぁとも思ったり。

太郎丸だって900円とかで売られてた時期があった訳だし、後々このゲームだってプレミアつく可能性はある!
・・・かも、しれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告