この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

角交換振り飛車 応用編 (最強将棋21) 単行本 – 2009/6

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 15,413 ¥ 1,878
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 将棋| 将棋入門、手筋マニュアルなど将棋の指し方から、将棋世界(雑誌)など、幅広いジャンルの本をラインアップ。将棋の本ページへ。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

角交換振り飛車は、振り飛車側だけがパターン化されてるのが現状だ。居飛車側の構えはさまざまだが、振り飛車側から自分のパターンを崩す必要はない。相居飛車の将棋では、相手の理想形を阻む指し方がよく見られる。これに対して角交換振り飛車は、ひたすら自分の理想形を目指せばよい。その意味で、本質的にアマチュア・フレンドリーな戦法といえる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鈴木/大介
1974年7月、東京都生まれ。86年、大内延介九段門。94年10月、四段。以後順調に昇級・昇段を重ね、2003年4月八段。久保利明棋王・藤井猛九段と並んで「振り飛車御三家」と呼ばれる。早見え早指しの才気煥発型。サービス精神あふれた姿勢にファンが多い。2006年、佐藤康光棋聖に挑戦する際には「全局、石田流で戦います」と宣言して話題に。NHK杯優勝(99年度)、早指し新鋭戦優勝(96年度)。将棋大賞は勝率第1位、連勝勝、新人賞(以上96年度)、敢闘賞(99年度)、升田幸三賞(2004年度)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 浅川書房 (2009/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861370256
  • ISBN-13: 978-4861370250
  • 発売日: 2009/06
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 609,653位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2010年8月11日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年9月20日
形式: 単行本
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年11月11日
形式: 単行本
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年3月10日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年3月28日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告