この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

親鸞ルネサンス――他力による自立 単行本 – 2013/5/22

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,632

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介


自分が自分であろうとするために、私たちは「私は何々である」と自己を確定しようとする。ところがそのことによって、かえっていのちを生きることの全体性が失われてしまう。「何々である」ことにすがり、その結果、欺瞞と迷妄を生きることになる。それはさらに苦しみをまねき、生きづらい社会が形づくられる……。

これは著者たちに共通する問題意識である。東京・亀有の蓮光寺住職、本多雅人氏と、学問のありようを問うてきた東京大学教授の安冨歩氏との出遭いは2011年の震災後。そして、2012年、本多氏が、安冨氏と、石川県の光闡坊住持の佐野明弘氏を引き合わせ、本書に収載した対談が実現した。対談で二人は、親鸞の思想や生き方を通して、学問、宗教、社会の抱える問題を明らかにするとともに、安冨氏の提唱する、親鸞思想による学問の再編成「親鸞ルネサンス」の目指すところや、親鸞思想の核となる他力、方便などについて語りあった。佐野氏との対談を安冨氏は「私が思いもしなかったような問いかけや考えに触れて、自分の論理空間が広がる快感を得ることができた」と振り返っている。

本書は4章だてで、2章の対談を中心として構成されている。1章は対談の導入部として本多氏が3者の出遭いや親鸞の基本的思想を解説。対談につづく3章は安冨氏による対談の解説。4章で は本多氏が、根源的問いを見失いがちな現代人と親鸞思想についてまとめている。

内容(「BOOK」データベースより)

親鸞の思想を通して、現代の学問、宗教、社会の抱える課題を明らかにし、人間とは何か、生きるとは何かを問う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: 明石書店 (2013/5/22)
  • ISBN-10: 4750338168
  • ISBN-13: 978-4750338163
  • 発売日: 2013/5/22
  • 梱包サイズ: 19.2 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,988位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2013年10月4日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年6月8日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告