中古品
¥ 1
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

親子で語る人生論―生きる意味の伝え方 単行本 – 2002/2

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

娘:私ね……死にたいの……。/父:どうして?/娘:いくら考えても、生きていく意味が見つからないの。だからもう死んじゃってもいい?/父:そりゃ、めでたい!/娘:めでたい?私が死ぬのが?/父:おまえが死ぬのが嬉しいんじゃなくて、おまえが「死にたい」とまで思いつめたことが、嬉しいんだ。/娘:どういうこと?本書は全編会話形式で綴られたユニークな人生論。登場人物は四人。父母は中年と呼ばれる年となり、両親に反発する二人の子どもたちに、若かった頃の自分を投影し、その成長を温かく見守ろうとしている。娘は、思春期に入って数年たち、失恋を経験し、生きる意味が見つからないと絶望している。息子は、思春期に入っているが、人生について深く考えたことはないが受験が思うようにいかず、登校拒否ぎみ。投げやりな言動が目立つ。本書は、子どもたちに興味深く読ませることのできる、読みやすくて斬新な内容の人生論。          

内容(「BOOK」データベースより)

親に聞きたくても、聞けなかったこと。子に伝えたくても、伝えられなかったこと。数々のベストセラーを送り出した著者が画期的手法で世に問う、時代を変える人生論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 243ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2002/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569620191
  • ISBN-13: 978-4569620190
  • 発売日: 2002/02
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 266,807位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2002年5月9日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2003年9月17日
形式: 単行本
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告