通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
親和力 (講談社文芸文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 にゃんこ堂☆
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少のスレ、クスミ、ヤケ, 折れ等がある場合が御座いますが概ね良好な状態です。表紙カバーが画像と異なる場合がございます。商品の発送は注文確定後3日から4日程度を要す場合がございます。発送前の点検時に問題が発見された場合はメールにてご連絡をさせていただきます。発送方法はゆうメールにて発送致します。商品到着までに、天候等により多少の遅れが発生する可能性も御座います事をご了願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

親和力 (講談社文芸文庫) 文庫 – 1997/11/10

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 788

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 親和力 (講談社文芸文庫)
  • +
  • ヴィルヘルム・マイスターの修業時代〈上〉 (岩波文庫)
  • +
  • ヴィルヘルム・マイスターの修業時代〈下〉 (岩波文庫)
総額: ¥3,369
ポイントの合計: 103pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

富裕な男爵エードゥアルト、エードゥアルトの友人の大尉、エードゥアルトの妻シャルロッテ、シャルロッテの姪のオッティーリエ、この四人の男女の織りなす恋愛図式。それは人倫を越えた、物質が化学反応を示して互いに牽きあう親和力に等しい。夫婦や家族の制度を破り出て人を愛するのも自然の力である。しかし、人間は自覚的な強い意志をもってそれに対抗しようとする。


登録情報

  • 文庫: 474ページ
  • 出版社: 講談社 (1997/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061975935
  • ISBN-13: 978-4061975934
  • 発売日: 1997/11/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,841位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 ゲーテと言えば『ファウスト』や『若きウェルテルの悩み』がすぐ思い浮かぶが、この作品はその両者よりも小説らしい小説だという気がする。とにかく細やかな心理描写、自然を描く際の適確この上ない言葉遣い、伏線や暗示に満ちた展開、舞台となる個々の場所に込められた様々な暗喩的意味、どれを取ってもまるでこの本が昨日書かれたばかりであるかのような新鮮さが感じられる。
 主人公エードゥアルトと清純なオッティーリエの道ならぬ恋、離婚まで決意するシャルロッテの苦悩、彼女に惹かれながらも親友のためにその感情を押し殺そうとする大尉の気高さ、その他彼らの周囲に現われる人物達の性格や行動は全て個性的かつ魅力的に描かれていながら、作者の語りは主題である「親和力」から一瞬も逸らされていない。親和力は人を人生の迷路に迷い込ませもし、また彼をそこから導き出すこともある神秘的な力であることが暗示されている。
 「芸術作品はそれが自然のように見える限りにおいて美しい」というカントの言葉さながらに、語りの技巧の極致が平易さの外見を取って現れている。柴田氏の翻訳も平明で美しく、珠玉の一編にふさわしいものとなっている。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
70歳を超えてからゲーテの作品を集中して読み出しました。「イタリア紀行」「エッカーマンの対話」「詩と真実」このあと「ヴィルヘルムマイスターの修行および遍歴時代」を予定。
その中の「親和力」。
田舎だったドイツを国際化し、ドイツ文学の価値を高めたゲーテの面目躍如の作品でした。ストーリーはシンプルですが、人間描写の深みがに圧倒されます。
 そして訳者の柴田 翔氏の解説が示唆深く、有益でした。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
泰然と身構えたゲーテにもこのような作品を書く内面があったのか
と感じさせる、空恐ろしい作品。
ある夫妻のもとに友人がおとずれ、
交差するような不倫関係がはじまる。
妻の友人が夫と惹かれあい、夫の友人が妻と惹かれあう。
そんな中でもとの夫妻同士の子供がうまれるも
その子供の顔はなぜかお互いの不倫の相手の面影がいろこく刻まれる。
その子供は呪われた運命のためか、すぐに死を迎え、
それを追うように次々と登場人物が死にゆく運命をたどる。
おどろおどろしい作品、
それだからこそゲーテは何を考えてこの作品を書いたのか
じっくり考えさせられる。
そして人は何によって生きていくべきか深く考えさせられる。
ベンヤミンの「親和力について」という解説も
あわせて読むとよりこの作品の重みを認識できる。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読後感です。単純なハッピーエンドを想像したらガツンと見舞われてしまいます。しかしそれだけに、それだからこそ、
読んだ後に幾度も作品世界を、その意味を、反芻するように味わえるものだと思います。
この作品は古き良きドイツ貴族文化を基調とする箱庭的世界の中での少数の男女のやりとりを描いたリアリズム小説ですが、
その中で作者は何かを象徴するかのように現実ではありえないような出来事を(特に後半において)畳み掛けてきます。
それを受け入れられるかどうかでこの作品に対する評価は大きく変わるだろうと思われます。正直ぼくは苦手でした。
しかし格言集まで単独で出せる文豪ならではの言葉の深みには圧倒されます。ぼくは楽しむというよりも学ぶ意識でこの作品を読みました。
人間に自然に備わる愛というものと結婚という習慣との優劣について、その他、得るものはきっと少なくはないでしょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック