中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

親の死なせかた 医者が父母の最期を看取って考えたこと 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/25

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー), 2013/7/25
¥ 22,310 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

一見すると「ひどい」と思えるタイトルかもしれない。しかし、「このタイトルを『ひどい』と思うのは、まだ介護や親の死というものを、リアルにイメージできていない証拠である」と、著者は言う。本格的高齢化社会が到来し、親の病気や介護に携わる人はうなぎのぼりに増えている。その反面、自らの父母の双方を介護し看取った著者の実感としては、国は自宅介護中心の考え方であるため、介護体制やインフラ整備、人材教育などが、遅々として進んでいない。このままでは、働く人々が、老人の世話に飲み込まれてつぶれてしまうという事態が急増することも招きかねない。それを、現在からできる範囲でいかに防ぎ、老いた親と、生活のある子どもの折り合いをどうつけられるかが課題である。本書では、医師として、また子として、老親の介護・看取りを経験した著者が、親が安らかな死を迎えるための考え方を、最新の医療情報をまじえながら考える。

内容(「BOOK」データベースより)

不治の病、末期ガン、寝たきり、認知症…。とりあえず延命治療でいいのか?子としてできる、最後の親孝行を問う!親の死に向き合うための心得を自らの経験と最新の医療情報から伝える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 190ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2013/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 456981249X
  • ISBN-13: 978-4569812496
  • 発売日: 2013/7/25
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 291,515位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
「延命しないブーム」は高齢化の日本では定着するであろう医療方針へと変わるだろうが
それでも一般人には「延命しないとしても最後をどう過ごすべきか?過ごさせるべきか?」
という判断も知識もまだまだ不足している。

本書は著者自身が両親の介護期の過ごさせ方に対し、後悔し感じた事をベースに読者に指南している訳だが
積極的介護をする気はなくとも医療機関や介護保険との兼ね合いで認知症で本人の意識はないかも知れないのに
長くベットに縛り付けられて生かされる事をどう思うのか?それが尊厳を保つ事につながるのか?という問題定義です。

介護の最後はやはり看とりであり、介護者が親の命の終わり方を決定すると言う最大のストレスに見舞われます。
「最期の善し悪し」にはやりつくしてもやらなくても必ず後悔が残る。
死は美しくもなくタイミングも苦しみの強さも思い通りにならないから。

欧米ではショック時が取れなくなった時点で、延命処置に目処をつけるが
日本人も長患いよりも人間らしく死ぬためにその選択肢も必要で
それは親子共々持つことで親を楽に死なせる事が出来ますと言う内容です。

ただし「こんな病状や症状になれば」と病名ごとに説明されている訳ではないのであく
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す