通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
親の品格 (PHP新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

親の品格 (PHP新書) 新書 – 2007/12/15

5つ星のうち 3.0 54件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 親の品格 (PHP新書)
  • +
  • 女性の品格 (PHP新書)
  • +
  • 女性の幸福(仕事編) (PHP新書)
総額: ¥2,334
ポイントの合計: 58pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

2007年最大のベストセラー『女性の品格』待望の続編。
少子化、核家族化、共働きでむずかしくなった親子関係のあり方を、六六の例をあげて具体的に語る。
幼い子どもを健全に育むためには?
子どもの豊かな人間性を養うためには?
社会的マナーをしっかり身につけるには?
能力や個性を発見し磨くためには?

働きながら子育てをしている母親をはじめ、父親にもぜひ読んでもらいたい一冊。
また、成長した子と親が大人同士のつきあいをするとき、
衰えた親が子の支えを必要とするとき、
親と子はどうつきあい、支えあえばいいのか。
著者の体験をもとに、いまの時代にふさわしい新しい考え方、振る舞い方を提案する。

「子どもの機嫌を取らない」
「みんなで食事をする」
「手伝いをさせる」
「約束は必ず守る」
「悪口は言わない」
「いじめをしない子に育てる」
「正しい日本語を使う」
「お金の経験を積ませる」
「挫折を忍耐強く見守る」
「親の介護」
etc.

内容(「BOOK」データベースより)

2007年最大のベストセラー『女性の品格』の続編。少子化、核家族化、共働きでむずかしくなった親子関係のあり方を、66の例をあげて具体的に語る。「子どもの機嫌を取らない」「みんなで食事をする」「手伝いをさせる」「悪口は言わない」「正しい日本語を使う」「お金の経験を積ませる」「挫折を忍耐強く見守る」「親の介護」―著者の体験をもとに、いまの時代にふさわしい新しい考え方、振る舞い方を提案する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 237ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2007/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569697070
  • ISBN-13: 978-4569697079
  • 発売日: 2007/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 291,310位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
内容はもっともらしいことを書いているが、実際彼女のドキュメントを見ている私としては様々なところに矛盾を感じてしまい、失笑してしまいました。人間は行動が伴わないと言葉に重みが出ません。言葉が一人歩きしてるようにしか思えずあまりオススメ出来ません。
1 コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「親の品格」というからには父親も含まれると思い本書を読んでみた。何のことはない。この本には私見に満ちた子育ての心構えが説かれているだけ。その内容も、正論ではあっても古典的・通俗的な精神訓話で、いまさら御高説として承ることでもない。そんな心構えで子育ての出来る親が「品格のある親」というわけなんですか?広辞苑によると「品格」とは「品位」ともいって「人に自然にそなわっている人格的価値」ということ。本書の内容は「親の品格」とはまったくカテゴリーが違う話だ。つまり、この本のネーミングそのものが間違っている。著者の責任というより編集者のオー・ミステイク(!)ということか。それにしても「国家の品格」以来、「女性の品格」「親の品格」「子どもの品格」「会社の品格」などなど亜流の品格のオン・パレードだ。安物の品格の大廉売は、それこそ下品というもの。本当に「品格のある人」たちからは「恥を知れ」といわれそう。本書は食品でいうなら、さしずめ「内容表示違反」といったところ。しかも賞味期限も切れている。同じ書くなら、もう少し斬新な切り口で、現代の「親の品格」を模索して欲しかった。残念です。
コメント 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 john VINE メンバー 投稿日 2008/1/22
形式: 新書
「女性の品格」が基本的なマナー集だったこともあり、この方のこの類いの本は読まなくても良いと思っていたのだが、「女性の品格」と同時に購入してしまったため、さらっと読み進める。
この本も、おそらくお子さんのいらっしゃる方は、みなさん育児書を何冊も読んでいるであろうし、わざわざ読む必要はない。
「悪口を言わない」、「挨拶から始めよう」、「自信を持たせよう」
買ってしまって言うのもなんだが、この本も常識の範疇を超えない。

親の「品格」とはなんだろう。
親の威厳ならわかる。
人間としての品格も理解出来る。
が、親の品格とは果たして何なのだろう。
品格という言葉がおかしくなっている。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『女性の品格』の続編,二番煎じ的なところが無いとは云えない.板東さんの書籍は読者の評価が非常に良否広範囲に分かれるようであるが,批判的なコメント主だったところは彼女のお高いところ,やはり東大卒を鼻にかけたような内容とも受け取れるところであろう.それはさておき,今回の親の品格は,女性の品格以上に内容的にはがっかりするところが多いように感じた.正直,得るところは少ないと感じたし,読んでいてもそれほどおもしろみもない.あまりにも当たり前のことを命令調に言い過ぎているような印象が強い.内容自体は子供の教育談義でしかなく,それであればもっと優れた書籍は腐るほどある.であれば,本書を読む価値はあまりないとの結論に到る.

『....品格』ブームに載せられた印象の強い書籍である.でも,事実として売れているわけだから,出版社としては成功したと云うことなのでしょう.出版不況のこの折り,やはり売れるかどうかが最大の関心事項であり,それを証明したのもこの書籍なのかもしれない.
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本は今の出版社の現状を良く表していると思う。
肩抱きのある安心な人に、「品格」と上からものを言わせる。
長く残る本でなくていい、売れればいい。読者への思いはあと。

TBSの番組でご本人のドキュメントを拝見して、悲しくなった。
なんだ、この著者は「親の品格」を語るだけの親業をしている
暇などなかったではないか。
それをわかっていてこの出版社は本を作っているのだろうか

出版社の方々、売れるものを作る、一時話題になって売れればいい。
そんな本の作り方はそろそろやめませんか。

日本人は本を読まなくなったんだと考えずに、読みたいと思う本、
面白いと思える本が少なくなったとは思いませんか?
2 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 常夏 投稿日 2007/12/20
形式: 新書
女性の品格は、私としては、あまり斬新な部分はなかったのだが、
この本に関しては、あたらしい発見もあり、大変興味深い部分もある。

かといって、子育てのスペシャリストが書いた本ではないので、
理論として疑問にのこる部分もある。

学歴や経歴は十分な著者であるが、子育てとなると、他にもいい本はたくさんあるので、
そちらと比べて読んでみるとよいと思う。

考え方として、多少古臭い部分もある。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー