¥1,430
通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
親の「 老い 」を受け入れる ~下町医師とつどい場... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


親の「 老い 」を受け入れる ~下町医師とつどい場おばはんが教える、認知症の親をよくする介護~ (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/12/19

5つ星のうち4.2 17個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,430
¥1,430 ¥51
この商品の特別キャンペーン 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

お届け日: 11月28日 - 12月1日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
7 分 以内に注文した場合.
詳細を見る

本2冊以上で3%ポイント還元

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 親の「 老い 」を受け入れる ~下町医師とつどい場おばはんが教える、認知症の親をよくする介護~
  • +
  • ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!
  • +
  • 家族よ、ボケと闘うな! 誤診・誤処方だらけの認知症医療
総額: ¥4,290
ポイントの合計: 128pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


5日間のBig Sale 11/27[金] 9:00 - 12/1[火] 23:59
第1弾 ブラックフライデー 開催中
今すぐチェック

商品の説明

出版社からのコメント

「1976年に初めて、自宅で亡くなる人よりも病院で亡くなる人の割合が多くなりました。
現在も8割近くの人が、病院や施設で亡くなっているという状況です。
人が自然に老いて亡くなっていく姿が日常から切り離されてしまったことも、老いを忘れた日本人を増やした一因でしょう。
中には、一度も死を見たことがないまま医者になったり介護士になっている人もいます。
市民どころか、医療者や介護職までもが、老いやその先にある死を受け入れられないという、とても奇妙な時代に我々は生きているのです。
しかし、どんなに医療が発展しても人は老いるし、必ず死にます。病気は治療できますが、老いは治療できません。
今、我々日本人に圧倒的に足りないものは、「老い」を受け入れる力なのだと考えます。
がんが怖い、認知症が怖い。でもその前に、親の「老い」が超怖い!
この本は、まず、「老い」を受け入れるということから始めたいのです。」 ―――長尾和宏(まえがきより抜粋)

「親は永遠に歳を取らないものだと思ってもいます。
親の「老い」を考えたことがない人ほど、突然親が倒れたり、認知症と診断されたり、ひとり暮らしが難しそうになれば、「介護保険」を使って、大急ぎで「安心」を手に入れようとします。
でもその「安心」、はたして誰のもの? 本当に親のため? ちょっと深呼吸して、待ってごらん。
ゆっくり探せば、手を差し伸べてくれる人はきっといる。一緒に考えてくれる仲間だっている。
親の黄昏時を黄金色にするのは、子どもであるあなた次第です。」 ―――丸尾多重子(あとがきより抜粋)

著者について

●長尾和宏(ながおかずひろ) 長尾クリニック院長、医学博士、医療法人裕和会理事長。1984年東京医科大学卒業、大阪大学第二内科に入局。
1995年兵庫県尼崎市で開業。複数医師による年中無休の外来診療と在宅医療に従事。
日本尊厳死協会副理事長、日本慢性期医療協会理事、日本ホスピス在宅ケア研究会理事、関西国際大学客員教授、東京医科大学客員教授。
著書に『「平穏死」10の条件』『抗がん剤10の「やめどき」』『家族よ、ボケと闘うな! 』(すべてブックマン社)、
『認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?』(現代書林)などがある。

●丸尾多重子(まるおたえこ) 大阪市生まれ。4年間OLをした後、調理師免許を取得。15年間東京で食関係の仕事に就く。
帰阪後10年間で母、兄、父を在宅介護。ヘルパー1級(現・訪問介護員)取得の実習で介護現場の実態を知った憤りから、
2004年3月兵庫県西宮市に<つどい場さくらちゃん>を設立。2007年4月NPO化。
高齢者はもちろん、介護者や介護従事者らの交流の場を提供し、悩みを分かち合ったりすることで介護者の孤立を防いでいる。
著書に『ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで! 』(ブックマン社)、『ボケた家族の愛しかた』(高橋書店)などがある。

登録情報

  • 発売日 : 2015/12/19
  • 単行本(ソフトカバー) : 176ページ
  • ISBN-10 : 489308853X
  • 寸法 : 16.6 x 12.8 x 1.3 cm
  • ISBN-13 : 978-4893088536
  • 出版社 : ブックマン社 (2015/12/19)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 17個の評価

関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
17 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年5月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年1月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年3月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年6月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年7月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年7月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年12月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年3月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告