通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
親に何かあっても心配ない遺言の話 (SB新書) がカートに入りました
+ ¥ 300 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

親に何かあっても心配ない遺言の話 (SB新書) 新書 – 2013/8/17


その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 788
¥ 788 ¥ 35

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 親に何かあっても心配ない遺言の話 (SB新書)
  • +
  • 日本一の税理士が教えるもめない相続の知恵 事例で学ぶ相続トラブル回避術 (SB新書)
  • +
  • いま親が死んでも困らない相続の話 (SB新書)
総額: ¥2,364
ポイントの合計: 52pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

遺言は大切。でもどうやって書いてもらう?

相続を"争続"にしないために最も有効なのは遺言書の存在。
でも、親に書いてほしいとはなかなか切り出せないものです。
遺言があればどんなことが防げるか?
要件、書式、事例の紹介に加え、どうやって親に書いてもらうか?
相続人の立場に立って解説します。

遺言書は、相続でのもめ事を防ぐために最も効果的な対策です。
親の財産の処遇については法律よりも親の遺志が優先されるので、
遺言書があれば、相続人が取り分でもめる余地がないからです。
しかし、日本では相続に際して遺言があるケースは、わずかに1割程度。
否応なく自分の死を意識させられる。
自分自身には何のメリットもない。まだ元気だし・・・。
子どもたちで話し合って好きにしてくれればいい--それが親の偽らざる本心でしょう。
また、自分の子供たちに限って、あさましい"争族"になどならないと信じたい気持もあります。
親にとって、遺言は進んで書くものではなく"書かされるもの"なのです。

でも、残念ながら、ほとんどの相続で大小を問わずもめ事は起きるものです。
子どもからしてみれば、もちろん財産を多くもらえればうれしいですが、
それより何より、とにかくもめ事だけは回避したいというのが一番の関心事です。
また、医療の進歩で寿命は延びても、認知症や要介護など、
命の耐用年数に親の心や身体がついていけなくなるケースも心配しなければなりません。
親に何かあったらもめると分かっていながら何もしてくれないことにいら立ち、
しかし、面と向かって遺言書を書いてほしいとは言いづらいというジレンマに、子どもは陥ってしまうのです。

本書では、遺言書の種類、要件、書式例などの基本事項、また、トラブル事例などの紹介に加え、
親と子、双方の心の問題にまで深く目を向け、どうすれば親の心の垣根を取り払い、
遺言書を遺してもらえるかまでを丁寧に解説しています。

【はじめに】
【第1章】遺言は法律よりも強し
【第2章】遺言があれば防げた悲劇
【第3章】遺言にできること、伝えられること
【第4章】遺言書の3つの形式――そのメリット、デメリット
【第5章】不備のある遺言は不幸を招く
【第6章】親に遺言を書いてもらうには!?
【第7章】失敗しない遺言のつくり方
【おわりに】

出版社からのコメント

税理士法人である当社は、30年以上前から行政書士として遺言作成のサポートに携わっています。
これまでに手掛けた実際の事例を深く考察しながら、いざというときに途方に暮れてしまわないための知識や方法を、
子の世代に向けてわかりやすくまとめました。
ただし、この本を手にしてくださったみなさんには、
読み進める前に必ず頭にいれておいていただきたいことがあります。
それは、相続の主役となる親の気持ちです。
「遺言の話をなかなか親に切り出せない」
子の世代には、そう話す人がたくさんいます。
しかし、ほとんどの親もまた、こう思っているのです。
「遺言の話など、子どもから切り出されたくない」
遺言を書いてほしい子の世代と、遺言を書きたくない親の世代――
そんな気持ちの隔たりの大きさが、親に遺言を書いてもらえない最大の理由と言っていいのです。
本書の狙いは、親の気持ちを無視して遺言を書かせることではありません。
私がみなさんにもっともお伝えしたいのは、親と子の気持ちの隔たりを埋めることこそが、
親に遺言を書いてもらう最善の道なのだということなのです。
これまでに当社は、さまざまな世代、さまざまな職業、さまざまな世帯構成における相続のお手伝いをしてきました。
その経験から言えるのは、相続の際に起こるもめごとの大半は、
普段の家族関係のあり方に起因するということです。
さらに言えば、親が元気なときから相続について話し合える関係ができていれば、
生前に遺言を書いてもらうことは決して難しいことではなく、
親の死語に遺された家族がうろたえることもなくなるのです。
この本では、遺言があれば防げた相続人(遺された家族)間のもめごとや、
不備のある遺言によって引き起こされたトラブル、また、遺言があったおかげで相続が円満に調ったケースなどを紹介しながら、
遺言の重要性と作成の注意点を、子の世代に向けて解説していきます。
まさに遺言は、水戸黄門の葵の御紋なのです。
いずれ親の財産を引き継ぐことになる子の世代のみなさんが、遺言について正しい知識を身につけ、
大切な親の遺志までも引き継いでいくために本書がお役に立てれば、これに勝る喜びはありません。
(「はじめに」より)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2013/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797373121
  • ISBN-13: 978-4797373127
  • 発売日: 2013/8/17
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 795,797位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう