通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
親が死ぬまでに聞いておきたい45のこと がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

親が死ぬまでに聞いておきたい45のこと 単行本(ソフトカバー) – 2010/12/17

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 942

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 親が死ぬまでに聞いておきたい45のこと
  • +
  • 親が死ぬまでにしたい55のこと
  • +
  • 医者が教える 人が死ぬときに後悔する34のリスト
総額: ¥3,101
ポイントの合計: 68pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

出版社からのコメント

親がいなくなってから「聞いておけばよかった」と思うことはたくさんあります。

「満足のいく最期だったのだろうか」
「自分の自己満足にすぎない「延命治療」だったのではないか」
といった親の「介護」や「死に方」に関すること。

「銀行口座はいくつもっているのだろうか」
「ローンや借金はいくら残っているだろう」
「財産をどのように分ければいいのだろう」」
といった親の「お金」に関すること。

知っているようで知らない、だけど聞いておきたいこと。
本書が、それを親子で話し合うきっかけになればいいな、と思いつくりました。

内容(「BOOK」データベースより)

親せき付き合いや友人関係、どんな介護や延命治療を望むか、預金や負の財産「借金」の有無、「理想の葬式」や「遺品整理」、親の意志を示す「遺言書」…。普段はなかなか話を聞く機会はないが、親に聞いておきたいこと。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 158ページ
  • 出版社: 中経出版 (2010/12/17)
  • ISBN-10: 480613922X
  • ISBN-13: 978-4806139225
  • 発売日: 2010/12/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 343,324位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/1/5
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書には、どれもこれも必要な「親が死ぬ前に聞いておきたいこと」が、率直で誠実な筆致で記してある。
親が死ぬことは「仮定」であるが、この「仮定」は誰にも訪れる「必定」でもある。
本書に取り上げられている、いくつかの項目を挙げるが、内容の詳細はぜひ手にとって吟味してほしい。
括弧内は僕の感想である。

・親のしてきた仕事について尋ねる。
・親戚づきあいを確認しておく。(嫌いな親戚、知らない親戚は多い)
・アルバムを開いて写真にメモを残す。
・大切にしている物のストーリーを聞く。
・親だけでなく兄弟一緒に話し合う。
・生きているうちに親の財産を受け取る。(勇気と決断が必要ですね)
・負の財産、借金も把握しておく。
・保険金は誰にいくら払われるか。
・実印、銀行印の取り扱いについて確認する。
・株の取り扱いを相談する。
・親の病歴を確認する。
・かかりつけ医を把握する。
・飲んでいる薬をリストにする。
・どのように介護してほしいかを聞く。
・年金の金額を知る。
・親の望む最期を聞く。
・延命治療をするかどうか。
・葬儀のことを相談する。
・遺品整理の準備をしておく。

僕は何もできていないのである。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 セブン 投稿日 2016/1/30
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
タイトル通り聞いておきたい事はわかったけれど、それを踏まえどうすればいいのかがもっと詳しく知りたかった。ただ、日頃本など読まない私がすんなり読む事が出来他ので良かった!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
文字が大きく内容もタイトルが「〇〇をする」と書かれそれから医師である筆者の経験談を簡潔に書かれてあるので読みやすくは有りますが、

17番目の「株の取り扱いを相談する」の項で「医院の経営など先のことを考えるといざというときの資金としても現金化しておくほうがいいと考えたからだった。〜医院という親の最大の財産を守るためにはしかたのないことだった。」と書かれているのを読んでどういう目線で書かれているのか『?』でした。

項目のほとんどは普段から親と色々話したり親の生き方を見ていれば分かることだったので読んで参考になったのは、

内容の45項目のうち39の「口から食べること」にこだわるかどうか。と、40の「胃ろう」について書かれてある延命治療をするかどうか。の項目は、長く入院していた母が直面した問題で、特に40の項目を読んで、何度も勧められた(病院の都合としか思えない)「胃ろう」にやっぱりしなくて良かった。と思いました。(経管栄養でしたが)このことは医師の側からしか分からないことだったので納得。

価格が1200円ですが、正直言って『高い、もったいない』と思いました。

親と普段あまり行き来のない方は参考になるかもしれませんが、ただ行き来のない方が親の元気なうちに「貯金だ、遺言だ、株だ。」と
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告