中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【ほぼ新品】美品 [きれいな状態です。] ※通常、通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

親が死ぬまでにしたい55のこと (Earth star books) 単行本 – 2010/4/15

5つ星のうち 3.3 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 617 ¥ 1
単行本, 2010/4/15
¥ 1,000 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あなたが親と一緒に過ごせるのはあと55日間しかないのです。残された時間を後悔しないために。
「親の肩をもむ」「親にありがとうと伝える」など、親が死ぬまでにしておきたい親孝行を55編で綴る感涙の短編集。

内容(「BOOK」データベースより)

涙が止まらない55人の珠玉の物語。限られた時間の中でしておきたい、あなたの親孝行とは?


登録情報

  • 単行本: 199ページ
  • 出版社: 泰文堂 (2010/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4803001898
  • ISBN-13: 978-4803001891
  • 発売日: 2010/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 358,693位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 親が死ぬまでに(別居を前提に)あとこれ位しか時間がない、それまでにこのようなことをしてあげよう、という素朴だが素晴らしいコンセプトで作られた本。親の肩を揉んであげる、背中を流してあげる、旅行に連れていく、など、なるほどという感じ。
 ただ、しかし、読後の疑問もいくつか残る。55というタイトルだが、やってあげることが55個もあった感じがしない。同時にできることも多いし自分にはあてはまらないこともある。また逆に55個もあったら多分出来ないだろう。55という数字は、一定の分量の本を売り出すためのテクニックに過ぎないのかも知れない。また、55個用意されたホロリと来る文章は、誰が書いたのだろう?各文章に何歳男性とか添えられているものの一般公募していたわけじゃないし、文体がどれも良く似ている気もする。夢中で読んでいるときは感じないのだが、後で「少し商売に乗せられたかな?」という『一杯のかけそば』(少し古いけど)の読後に似た感覚を持った(この辺の感覚は、人によりまちまちだと思うが)。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本が美しいのは、親子間の気持ちのつながり、
互いの思いやりや愛情の交流が随所にあるからです。

それまで親孝行なんて特段意識していなかった人が、
親に○○をしたらすごく喜んでくれた、
あらためて、親が自分を大切に思ってくれていたことが
ハッキリわかって嬉しかった、というパターンでほぼ統一されています。

「親孝行したいときに親はなし」の予防として、
具体的に何をすればいいのかの参考に最適でしょう。

ただしこの本が変化をもたらすには条件があります。

○ 親の子供への要求が過大でないこと。

なぜなら、これらを全部やっても、あんまり喜んでくれない、
(子供は自分のもので、自分に尽くして当然)と考える親も
少数派でしょうけど、実際にいるからです。世の中ですから。

また、これだけ高齢化が進む社会にもかかわらず、
認知症など介護関連のことは視野に入っていません。
私自身は、変貌した親を献身的にみることこそ
最大の親孝行では?と思うのですけど、介護が必要になるなんて
誰も考えたくない苦労だからしかたないのかもしれません。

ともあれ、この
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ちょっとタイトルに期待した内容と違いました。もう少し実務的(?)なハウツー本のようなものかと思ったのですが・・。

55編の「親子の物語」がつづられています。すべて子供目線から、主に年老いたあるは既に他界した親との想い出や感謝、後悔など様々なストーリーです。

一つ一つの話は短ければ1ページ、長いものでも5ページ程度です。文字も大きいため、超短編集といったところです。ある程度心がひかれる話もいくつかはありましたが、トータルではあくまで素人の書いた短い手紙のようなもの。あえて本として読んで何かを得られるようなものではないです。

私が純真な心を失ってしまったのかもしれませんが・・・。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
題名だけで買ってしまいました。いわゆるジャケ買い?

ちょっとイメージとは違いましたね。

55というのは、年に数日しか会わない×親の寿命(想定)で
あと55日しか一緒にいられない?というのが根拠の数字です。

さらに、実際に親御さんを亡くされた方のものもありますが、
まだご存命(それもお元気な)の親御さんにしてあげたこと
が思いのほか喜ばれた、みたいな子供側の体験談ばかりだった
ことが私のイメージとはかけ離れてました。

他の方のレビューにもありましたが、親側から見てどうしてほ
しいのか?

もちろん余命宣告を受けられてない方で構わないので、親御さ
んの立場で子供に死ぬまでに一度でもいいからしてほしい事、
みたいなことをリサーチして欲しかったなあ、と思います。

あるいは配偶者に先立たれた方の体験談として
『夫が(妻が)亡くなる前に子供たちがこうしてくれて、とて
も嬉しそうだった。こうしてもらってよかった』みたいなもの
でも良かったと思うし。

例えば初恋の話を聞く、とかってありましたが、それはあくま
でも子供側の都合。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー