¥ 2,052
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
親がやらねば 誰がやる: 子どもと共に生きるための... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

親がやらねば 誰がやる: 子どもと共に生きるための82の話 オンデマンド (ペーパーバック) – 2017/11/30


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
オンデマンド (ペーパーバック), 2017/11/30
¥ 2,052
¥ 2,052

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

東北の私立高校3校に勤務してきたが、常勤になった学校から定年退職した学校まで2校では、ずっと保護者担当だった。そればかりでなく、「私学を語る親たちの会」という県内の私立高校の親たちの集う会にも長らく顔を出していた。ほぼ、教員人生のほとんどが保護者担当といえた。 保護者たちとつきあって、子育てに対する信念を聞かせてもらってきた。また、クラス担任、部活顧問をしている中で、生徒たちから親のことが語られたこともあった。これらの話は、私一人の胸に納めておくのにはあまりにもったいないと思われたので、保護者編集の校内新聞に掲載してきた。また、年に2回の新聞では足りなかったのでメルマガを発行した。話をそのまま記すことはできないので、話をタネとして別のものに置き換えるなど工夫した。 親が語った信念が教育として正しいものか、疑問のあるところもあるかもしれない。ただ、子育ての土俵で追い詰められ、自分なりに真剣に取り組んだ結論だ。口では「先生、頼みますよ」とはいうものの、子育ての最終責任は親にしかないのだという、親たちの迫力がしみじみ感じられたものだ。 話を聞いて自分なりに思いいたった感想を述べたものもある。それも深い洞察とはいえないものだろう。だが、親たち、生徒たちと交流した現場の空気から醸し出されたもの。その風合いを味わってもらえたらと思う。

著者について

昭和28年8月15日 山形県南陽市宮内生まれ。青森県八戸市の私立高校教諭を経て山形県山形市の私立高校教諭。山形県青少年育成県民会議常任理事、「子育てするなら山形県」推進協議会委員、山形県詩人会理事、山形県芸術文化会議幹事、社会福祉法人ほのぼの会評議員、明るい社会づくり山形地区推進協議会会長、山形市芸術文化協会理事、学校法人南陽南洋学園監事。1990年車いす月山登山実行委員長 1993年「人権って、一体なんなんだ」創作コンテスト(アムネスティ・インターナショナル日本支部)鶴見俊輔賞受賞。[著作] 詩集:「ある日のエチュード」「離魂病」「一日で果てまで行ける小さなふかい世界で」 エッセー集:「異途への出発」


登録情報

  • オンデマンド (ペーパーバック): 156ページ
  • 出版社: eブックランド社 (2017/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865211756
  • ISBN-13: 978-4865211757
  • 発売日: 2017/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 1 x 21 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう