通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
覚悟の言葉 ~悩める奴らよでてこいや! ~ (ワニ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 出来る限りキレイな商品をお届けするように細かいクリーニングしてお届けいたします。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。中古品のため多少のキズ・スレ・ヤケ・折れ・書き込み等がある場合がございますがご了承の上お買い求めください。万が一、出品情報と一致しない場合は、メールを送って頂き、返送・商品確認後、返金対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

覚悟の言葉 ~悩める奴らよでてこいや! ~ (ワニブックスPLUS新書) 新書 – 2012/6/8

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2012/6/8
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 覚悟の言葉 ~悩める奴らよでてこいや! ~ (ワニブックスPLUS新書)
  • +
  • 安生洋二 200%の真実 (UWF International Books)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

今年50歳を迎えた元プロレスラー髙田延彦が、テレビタレントとしての優しい笑顔を脱ぎ捨てて放つ、体験的メッセージ集。

軽々しく「夢」や「絆」を語るな! 「親友」はいらない! 子供に「死」を教えよう! と、独断の苦くて熱い人生論が胸に刺さります。

プロレスラー、総合格闘家としての栄光と挫折の真相、妻の女優・向井亜紀と子供たちへの愛と試練、テレビ現場へのリスペクトと違和感…etc.

著者は過去と現在、さらに未来への不安までをさらけ出して、全身で困難の時代に斬り込むのです!

内容(「BOOK」データベースより)

プロレス、総合格闘技、TVタレント。両親の離婚、妻の病気、代理母出産。50オヤジの盛大なひとりごと。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 207ページ
  • 出版社: ワニブックス (2012/6/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847060520
  • ISBN-13: 978-4847060526
  • 発売日: 2012/6/8
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 551,242位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

私は子供の頃はプロレスが好きで高田さんのファンでもありました。
ですから好意的なコメントになっています。
高田さんの話された言葉を雑誌社側で編集した内容になっています。

バラエティー番組での印象とは違い冷静で現実的と思われる言葉が多いと感じました。
「みんなで夢を持とう」、「友情万歳」
東日本大震災以降は「絆」という言葉を連呼して聞かされる事に、
押し付けがましく違和感を感じる事があるとありました。
勿論、それらの言葉が意味する事の大切さを踏まえた上です。

詳細は本文に記載していますが、
夢がなくても引け目を感じる必要はなく、
日常生活のなかで自分なりに充実感を得られる為に決断をして生きていけば良い、
という主旨のメッセージが印象に残っています。

仕事に関しては、「自分が希望する事を行いたい」という気持ちは重要であるが、
どの様な仕事でも自分一人では出来ず、他者との関わり合いで成り立つ事なので、
「求めてくれている場所を大切すること」、の方に主向きを置くべきと言っています。
一読することで高田さんの印象が変わるかも知れません。

それにしてもプロレスという世界は、自分を客観視し演
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2012/6/25
プロレスラーとしての現役時代の高田氏の試合はあまり記憶にない。
しかし、バラエティー番組に出演している姿が強く印象に残っている。
内容はプロレス時代の苦労話が中心であるが、人生観なども記しており、氏の真っ直ぐな人柄が印象的。
人生の成功話よりも苦労話が多く、後半ではひと頃話題となった妻との間にもうけた子供(代理妻)の話も出てくる。
高田氏はプロレスの舞台では必ずしも大成功した人物と評価できないかもしれないが、今後芸能界などで益々活躍して欲しい人物である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
テレビに出ている高田延彦は少しおちゃらけたイメ
ージがあり、実際も明るい部分の多い人柄だと思う。

ただ、その裏にはいろいろな悲しみを経験し、その
経験が高田延彦を作り上げていると感じた。

両親の離婚、その後再会したお母さんへの思い、育て
てくれた父親への思い、奥様の病気や代理母問題、
会社の経営失敗、ヒクソン戦の敗北など人生の奥行
が深い。
この本ではポジティブではあるがきつい本音が語ら
れている。

プロレスファンとしては、ワークの部分はあえて話
す必要が無いように思うが、これも含めて高田延彦
なんだろう。
「泣き虫」で少しがっかりさせられたが、この本を
読んで、違う高田延彦の魅力が分かった気がする。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者が現役でプロレスをやってた頃のことを知らない人は読んでもつまらない
でしょう。本にするほどの話は収録されていません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック