通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books) 単行本 – 2013/5/25

5つ星のうち 3.8 149件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 335

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)
  • +
  • 吉田松陰 「人を動かす天才」の言葉: 志を立てることから、すべては始まる (知的生きかた文庫)
  • +
  • 吉田松陰 留魂録 (全訳注) (講談社学術文庫)
総額: ¥3,143
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

不安と生きるか
理想に死ぬか


外国の文明を学ぼうと、死罪を覚悟で黒船に乗り込もうとした。
幽閉の処分となると、小さな塾を開いて、高杉晋作や伊藤博文など、後の大臣や大学創設者になる面々を育てた。
誰よりも遠くを見据えながら、幕末を熱く駆け抜けた天才思想家・吉田松陰。

彼の「心」「志」「士」「友」「知」「死」日本史上、最も熱くてリアルな人生哲学が世代を超えて心に響く、強くてやさしい言葉でよみがえる。

各言葉の超訳は、主に次の文献を参考にさせていただきました。
講孟剳記:001~003/006~017/020/021/027/035/038~041/043~057/061/062/072/074/077~079/081/082/084~092/098~100/110/111/113/114/116~120/122~124/127/134/135/139/142~145/149~159/164/166~169/172・留魂録:004/148/174/176・従弟玉木彦介に与ふる書:005・野山獄文稿「士規七則」:018/058~060/083/096/105/125/126/146/154/170・同「太華山県先生に与えて講孟さつ(答にりっとう)記の評を乞う書」:129・松陰詩稿「彦介の元服を祝す」:019・同「五十七短古」:63/109・同「松下村塾聯」:128・浮屠清狂に与うる書:022・浮屠黙霖に復する書:036・松村文祥を送る序:037・七生説:023・未忍焚稿「人の忠を問へるに答ふ」:024/130・未焚稿「寡欲録」:025/140・同「兵学寮掟書条々」:066/067/131/132・将及私言:026/064/065/070/101・丙辰幽室文稿「久坂生の文を評す」:028/107/108/133/163・同「久坂玄瑞に復する書」:029/160・同「七生説」:102・同「又読む七則」:071・同「天下は一人の天下に非ざるの説」:103・同「人に與ふ二篇」:173・戊午幽室文稿「狂夫の言」:030・同「投獄紀事」:033・同「村塾の壁に留題す」:106・同「諸生に示す」:136・猛省録:031・兄梅太郎宛書簡:032/034/138・幽囚録:042/075・武教全書講章「籠城の大将心定めの事」:068/069・武教全書講録「財宝器物」:147・中谷賓卿を送る序:073・小田村伊之助あて書翰:076・獄中より家兄伯教に上る書:080・回顧録(松陰読本):093・松下村塾記「華夷の弁」:094・佐世八十郎に送った手紙:095・野山雑著:097・東北遊日記:104・赤川淡水の館中同学に与ふる書を読む:112・要路役人に与ふ:115・明倫館御再興に付き気付書:121・己未文稿「思父(品川弥二郎)を詰る」:137・諸生に示す:141・福堂策:161・馬島生に与ふ:162・中村道太に与ふ:165・妹千代あて書翰:171・照顔録:175

出版社からのコメント

25万部突破のベストセラー! (2014年12月時点)。

<担当編集者のコメント>
日本史上、吉田松陰ほど「クレージー」を愛した人はいないでしょう。
松下村塾という小さな塾から、その強烈なカリスマ性をもって、高杉晋作、伊藤博文をはじめとする数多くの異端児たちを育てあげました。
この本には、30歳という若さでこの世を去った松陰先生が、命がけで残そうとした「願い」が集まっています。
それらを一つひとつ胸に刻むごとに、若き日々に置いてきてしまった「狂の心」が、ふつふつとよみがえってくるのです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: サンクチュアリ出版 (2013/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861139929
  • ISBN-13: 978-4861139925
  • 発売日: 2013/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 149件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,140位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者池田氏のセミナーに出たことがある者です。
氏は、アンソニー・ロビンズのメソッド・トレーナーであり、その道のことはさすがだと思える人格・力量の御仁だと思います。
たとえば、著書「未来記憶」は彼らしい特徴のある本です。

さて、「吉田松陰」を私が好きであることから、「これは!」と思い本書を購入した次第ですが…、かなり残念な内容でした。

自己啓発的な短文が170以上載っているわけですが、まず出典となる原文が無い。
出典がなければ、どのような状況で、その言葉なり、言霊が実用・効果を発揮するか説得力を持たない。
「吉田松陰のエッセンス」とご評価される御仁もあるが、果たして、吉田松陰に関する他著を読んだことがあってのご評価だろうか?
吉田松陰の言葉はそれほど「軽い」ものでしょうか?

超訳・・・現代人にも読みやすいように、また活用しやすいように、かみ砕いての翻訳
と解釈しておりましたが、全く違うようです。(もちろん、全文が全文とは言わないですが。)
飛び越えてしまっている訳です。
『超越訳?』という言葉がぴったりです。
原形をとどめておりません。

先述したアンソニー・ロビンズに関しては、随分と学を積んでこられた著者です
...続きを読む ›
3 コメント 529人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
超訳すぎて、根拠がわかりにくい。
ページ数は多いですが、内容は薄く、どの文章の引用をどのように超訳したのか知りたいと思いました。
原本との対比の方がいいんじゃないでしょうか。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
これは騙された。吉田松陰の全文を現代訳で公開されているかと思って、購買したが、
池田著書本人の文章であり、何の読後感が得られない。
この著書は、再読する価値なし
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
吉田松陰の生き方が気になる買ってみたものの、
松陰のエピソードを通した、著者の人生論や個性が強く出過ぎていて、
どこまでが松陰の考えで、どこからが著者の考えか分からず、消化不良であった。
☆2つ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
吉田松陰や日本史(特に幕末)好きな方にはオススメできないです。

普通の自己啓発本に成り下がってしまっています。

「未来記憶」も読んだことがあったので、あまり期待はしていなかったのですが、歴史的人物を扱うのであれば、もう少し「重さ」が欲しいです。

読みやすい点では非常に評価できるので、吉田松陰を知らない方にとっては入門書になり得るのかもしれません。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルに「超訳」とついていて、本文でも言い訳が書いてありますが、
もはや吉田松陰の面影はどこにもない。

幕末の大家の名を使うまではよく考えたなと思いますが、最低限、吉田松陰の
ことを勉強してから書くのが礼儀です。
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
吉田松陰の著書、語録、書簡などから176のフレーズを抜き出して、警句ふうに仕立てたものである。

しかし、いくつかの点で微妙。

まず、出典がまったく示されていない。故にほんとに吉田松陰の言葉なのか、それが確認できない。超訳ってことなので、著者自身の解釈を自由に加えているんだろう。だからこそ、検証できないのは困る。
調べてみて、P236の「人生は四季を巡る」は、留魂録の第八章からのもので「超訳」にも無理がないことはわかった。おそらく全体にもさほど問題はないんだと思う。が、著者が吉田松陰リスペクトなのは構わないが、無条件に松陰リスペクトワールドに巻き込まれたくはない。どんな偉い人の言葉でも、とるべきはとる、否定すべきは否定する。それは自分で考えねばならない。批判を放棄するならそれは思想ではなく宗教だ。

つぎに、切り出したフレーズが短く、微妙に説教臭もあって、一時期流行った「相田みつをモドキ」な点が気になる。

004 懇願
お願いです。本当にお願いですから、
たった一回負けたくらいで、やめないでください。P32

これが吉田松陰のほんとうの言葉であったとしても前後関係もわからず、これだけポンと渡されても???である。心は動かない。

...続きを読む ›
コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック