¥ 3,800 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: アップビート

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

見知らぬ乗客 スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,800
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、アップビート が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
中古品の出品:3¥ 1,649より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: ファーリー・グレンジャー, ルース・ローマン, ロバート・ウォーカー, レオ・G・キャロル
  • 監督: アルフレッド・ヒッチコック
  • 形式: Black & White, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語, スペイン語, ポルトガル語
  • 字幕: 英語, ポルトガル語, 中国語, 韓国語, スペイン語, 日本語, タイ語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2005/09/02
  • 時間: 204 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000A0ZQJ0
  • JAN: 4988135560414
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 407,282位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   列車の中でテニス選手のガイ(ファーリー・グレンジャー)は見知らぬ乗客ブルーノ(ロバート・ウォーカー)から声をかけられ、交換殺人をもちかけられるが、取り合わずに列車を降りた。しかし、ブルーノはガイの妻を殺害。容疑者として疑われるガイに再びブルーノが近づく―「今度は君の番だ」。
   サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督による、まさにサスペンス映画の代名詞たる名作。『太陽がいっぱい』のパトリシア・ライミスの原作を『さらば愛しき女よ』などハードボイルド小説の大家レイモンド・チャンドラーが脚色するという豪華な布陣である。冒頭から息をもつかせぬ緊迫感に満ちた展開。名匠ディミトリ・ティオムキンの音楽はサスペンスをさらに高鳴らせ、ライターなど小道具の使い方も実にうまい。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

テニス・プレイヤーのガイは、列車の中でブルーノと名乗る男に声をかけられる。その男は、ガイの私生活を驚くほど知っていて、ガイの妻を殺す代わりに自分の父親を殺してくれと交換殺人を持ちかけた。そしてブルーノは殺人を実行。警察に疑われるガイは、ブルーノに「次は君の番だ!」と次第に追い詰められていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

原作は未読ですが、ミステリー作家の大御所パトリシア・ハイスミスの原作です。
ヒッチコックの作品の中でもあまり有名ではありませんが、自分はこの映画が大好きです。
評論家の評価も非常に高い一本です。
巻き込まれ型のサスペンスですが、オープニングの強烈なカメラ・アングル、主人公と悪役の出会い、テニスの試合のカット割などどれをとっても素晴らしいです。
一番の魅力は悪役で、遊園地での子供との接し方、不気味な笑い方、両親に対する会話も素晴らしく、テニスの試合中の場面での「明らかに異点」とわかる演出も素晴らしいです。
ラストはハリウッド版の方が好きですが、イギリス版も十分に楽しめると思います。
サスペンス映画好きの方には強くお薦めします。
しかし、昔の海外ドラマ「サンセット77」の某話「交換殺人」とやたらと似ているのは偶然でしょうか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 ファーリー・グレンジャー演じるところのハンサムなテニスプレイヤーがこの物語の主役なのですが、正直なところ私を惹きつけるのは敵役のほうです。

 しゃれたコンビのウィングチップにピンストライプのスーツ、ど派手な模様のシルクのガウンに盲愛する母親ときたら、これはまさにゲ○の典型的パターン。

 彼のねっとりとした視線といやらしいまでのしつこさが不気味で、彼の存在感あってこそのこの映画。

 このディスクには特典映像がたっぷりついていて、原作ではもっとブラックな内容だったそうですが、この映画はハリウッド式に作られています。

 その他、興味深い内容が盛りだくさんで、へぇ〜と感心させられます。

 原作者はパトリシア・ハイスミス。

 脚本はレイモンンド・チャンドラー。

 監督はヒッチコック。

 カットひとつ、セリフひとつとっても味わい深いです。

 現代はCG全盛で、たとえどんなに不可能だと思われるものでも映像化が可能ですが、創意と工夫で作られたこの画面の詩的な美しさと、そこから生まれる緊迫感がなんともいえません。

 もし映画が好きなら年代問わず引き込まれるでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 男が暗闇でライターをパチリ。女はちょっとドキットした顔をする。その後の彼女の表情がすばらしい。もちろん、彼女がそういう表情をするにはわけがあって、ちゃんと伏線が張ってあります。その後は、皆様ご存知の映画史上に残る名シークエンス。見ていらっしゃらない方は、見てのお楽しみ。アイデアに優れた映像表現に陶然とします。戦後の低迷期からの復活を遂げたヒチコック先生の会心の傑作。個人的にはヒッチ先生ハリウッド時代モノクロ3本の一本に挙げたいと思います。交換殺人というテーマからして、サスペンス度、緊迫度では、『海外特派員』、『疑惑の影』以上のものがあると思います。弱点は、主演女優があまり魅力的に見えないことか。ヒッチ先生の好みのタイプ、つまりブロンドではなかったからかも。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作があの「太陽がいっぱい」のパトリシア・ハイスミス、そして脚本がフィリップ・マーロウのレイモンド・チャンドラー、そして監督がヒッチコックということで、もうそれだけで「面白そう」と思ってしまいます。ただ、レイモンド・チャンドラーとの関係はお互いにうまくいったとは言っていないようで、映画の製作の方はスターを並べても上手くいかないということですね。映画の方は、いわゆる交換殺人もので、俺は殺しの仕事は済んだから、次はお前の番だと脅迫してきて、この罠の深みにはまってしまったと認識する主人公の苦悩がひしひしと伝わってきます。あとはメリーゴーラウンドとライターですね。これは見てのお楽しみです。私はヒッチコックの作品の中ではかなり高い評価をしておるのですが・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告