中古品
¥ 3,056
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2014年発行初版。【表紙】スレ、縁ヨレあり。【上・下・側面】クスミ、スレあり。【本文】角にヨレあり。アマゾンより発送になります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

見てわかるUnity4 C#超入門 (GAME DEVELOPER BOOKS) 単行本 – 2014/1/31

5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 13,567 ¥ 2,682
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

せっかく始めたUnityゲーム開発。「プログラミングは大変そう」という思い込みだけで挫折してしまうのはあまりにもったいない。そう思いませんか?3Dツールの使い方がわかったなら、次のステップとして、作った3Dモデルを「プログラミングする」ことに挑戦。


登録情報

  • 単行本: 397ページ
  • 出版社: 秀和システム (2014/1/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798040479
  • ISBN-13: 978-4798040479
  • 発売日: 2014/1/31
  • 梱包サイズ: 23.5 x 18.4 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 351,742位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本はあくまでC#を基礎の基礎から学ぶ本でした(intって何という話から始まります)。最初のところで著者も「当面はC#を読めることを目的としよう。」と書いてます。そのため、6割くらいのページがC#の話に割かれており、いわゆるUnityでゲームの作り方を期待されている場合は物足りなく感じると思いました。残念だったのは(この本はC#を学ぶ本だとしても)モバイル対応についての記述が一切ないことでした。Unityをやっている多くの方はモバイル対応についてのスクリプトの書き方が知りたいと思います。また後の方のページでは、スクリプト本にかかわらずスクリプトの説明が一切ないページも多かったです(もうすでにスクリプトは読めるようになったと仮定されているのでしょうか?)しかしながら、全体的に初心者がスクリプトの読み方や考え方を学ぶには良い入門書だと感じました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「細かいことはいいから、まずやってみろよ」という精神がそこかしこに感じられる本です。そこをどう思うかによってレビューは変わってくるでしょうね。

すぐにスクリプトを書いていじってみたい、とりあえずゲームを作ってみたいと思う人にはこれもアリかと思います。「腑に落ちないけど使ってみよう」「知らないけどやってみよう」というのもまた才能であることをプログラミング慣れしている人ならばよく知っている筈です。

そもそもプログラミングをきちんとやろうと思えば本一冊で終わる筈もなく、ざっくりやってみて、さらなる興味を抱いた点は他の情報をあたれば良いのではないでしょうか。ふつうの言語の本だと言語の歴史だとか…UnityのためのC#ならば、.NETがどうとかWindowsのGUIがどうとかの不要な情報も沢山あるわけです。初めてだとそのあたりもわからないですもんねえ。

「入口の一冊」としてはかなりの好感触です。Unityの入門書はJavaScriptで記述している本が多いので貴重です。

もしもさらにC#の入門書がないと不安だという方が居られましたら、コンソールプログラミングの方法以外は不要かと思われます。

※Mac環境なんかで「monoDevelopで日本語が入力できねえ」って人は、こちらなんかを参
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
プログラムの基礎をある程度知っている人が、サンプルのゲーム作成手順に従ってゲームを作り始めることに適しています。
「ふんふんなるほどね、Unityではスクリプトでの制御はこうやって実装するんだね」といった感覚で読める人には良いと思います。
Unityというソフトウェアの基本的な使い方を知っていることをある程度前提としています。Unity入門書については、本書と同一のシリーズの本ではC#でのスクリプトを扱っていないため、本書とセットで買わずに違うシリーズの本を買った方が良いかもしれないです。
本書は、プログラムを全く知らない人向けに基本的な文法を説明してはいます。ですが、Unity自体がオブジェクト指向でもなく独特な体系であるため、「プログラムへの関わり方として、当面Unityしか扱わない」人には適していて、プログラミング(アプリケーション開発)を覚えたいという方には適切ではありません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この著書は、「プログラム初心者にC#の基礎を解説し、Unityの基礎も覚えてもらおう。そして、Unityを使えるようになってもらおう」という企画から生まれた本だと推測します。しかし、実際にはC#の解説についても中途半端、Unityの解説についても中途半端になってしまっています。企画としては良いと思いますが、最後はページ数の制限もあり、中途半端に空中分解と言った感じです。非常に残念です。あと、個人的に「(いろいろ説明した後)この機能はあまり使わないので、難しければ忘れてもいいです。」 → だったら、紹介するなよ!「(数値の宣言は)Intにしとけ!」→「しとけ!」って何だよと文体に突っ込みを入れてしまいました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
間違っても、この本でC#という言語を学べるとは思わない方がいいです。
C#の文法とオブジェクト指向の概念について、最初の2章(約100頁)で
非常にザックリと説明してあります。そのあまりのザックリぶりに、JAVAを
一応きちんと学んだ私は、飲んでいたコーヒーを噴きそうになりました(笑)。
Unityを使うために最低限知っておいた方がよいこと以外は、バッサリと
切り捨てられています。もちろん、オブジェクトの3大特徴の詳しい説明など
一切出てきません。これはある意味、とても実用的なアプローチとも言える
でしょうが、世の中には「簡単すぎる説明だとかえって理解しにくい」という
こともありますから、人によってはC#とオブジェクトの説明が簡単すぎて
理解し辛いという場合もあるかもしれません。そういった意味で、評価が
分かれそうな本です。
とりあえず、買おうかどうか迷っている人は、実店舗で中身を確認してから
買った方がいいと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告