通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
見えない世界の科学が医療を変える―がんの神様ありが... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯有りません。カバーに細かい傷やヨゴレ、ヤケ等、経年並のダメージは有ります。ページは綺麗な状態です。初版3刷です。注文してからクロネコDM便で遅くとも3日以内に当店からクリスタルパック等に包んでお送りします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

見えない世界の科学が医療を変える―がんの神様ありがとう 単行本 – 2013/11

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/11
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,050

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 見えない世界の科学が医療を変える―がんの神様ありがとう
  • +
  • 日本の目覚めは世界の夜明け―今蘇る縄文の心
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

長堀/優
財団法人船員保険会横浜船員保険病院副院長・外科部長。昭和33年8月5日東京都生まれ。昭和58年群馬大学医学部卒業、同年横浜市立市民病院研修医、昭和60年横浜市立大学医学部第二外科(現・消化器腫瘍外科)に入局。平成5年ドイツ・ハノーファー医科大学に留学(ドイツ学術交流協会奨学生)、その後、横須賀共済病院外科医長、横浜市立みなと赤十字病院外科部長などを経て、平成20年現職に就任す。日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、神奈川胃癌治療研究会世話人、信州大学医学部組織発生学講座・委嘱講師など(以上2013年11月現在)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 203ページ
  • 出版社: でくのぼう出版 (2013/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434185349
  • ISBN-13: 978-4434185342
  • 発売日: 2013/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 206,231位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 著者の医師としての情熱と患者への愛がひしひしと伝わってくるとても熱い本です。患者と真剣に向き合い、ある意味で患者から学びながら、著者が至った境地「病院を、病気を治す場と限定するのではなく、人生を考え、健康を守る場にしたい、言うならば『病院』から『健康院』にしたいと願っています」にはとても共感します。
 量子力学からiPS細胞まで、そのままでは難解な話もたくさん入っていますが、著者の丁寧な語り口と時に絶妙なたとえのおかげですっと頭に入ってきます。「規則正しく分化するES細胞たちが学校で教育を受ける子どもたちなら、がん細胞はさながら学校教育からドロップアウトし、社会的規範を破り、周囲に迷惑や危害を及ぼすような子どもたちだと言えるでしょう」と述べた後、「がん化とは、愛情少なく育った子どもたちが、協調性、社会性が育たずに、周りに迷惑をかけ始める様に実によく似ているのです」と続き、「不良少年も何かのきっかけで目が覚め更生することがあるのですから、がん細胞もまた、ひょんなことから紙一重である万能細胞に様変わりして自分の道を思い出し分化を開始する、そして周りの昔の仲間たちに溶け込んでいくということがあり得るのでは、ふとそんな思いにもとらわれます」と書かれているのを読むとがん細胞が愛おしくさえなってきます。
また、様々な方の名言があちこちに散りばめられていますが、著者が診てき
...続きを読む ›
1 コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
私の先入観がぬぐえない恐れはありつつあえて書かせていただく。統合医療という言葉の「統合」は一つであって分離していないということをイメージさせる。その語感においてよいものを期待させる。しかし実際の内容はどうなのか。西洋医学の威力に感動した若い日のお話が書かれているが、西洋医学のすばらしさが言葉の外から聞こえてくるような気がしてならない。筆者が今立っている位置というのは「西洋医学で治療し、それがうまくいかないといころを代替医療で」と言っているように聞こえるのだが誤解だろうか。抗がん剤で治療をした記述もあって、著者はもちろん抗がん剤を使った治療をしていて、西洋医学の実践者である。そこに足を置きながらも、別の手段を排除しない、という立場の医療機関があれば今の医療状況ではとてもありがたいのは間違いない。医療において、医師の指示以外の試みが排除される、という強制的な医療が主流だからである。その意味ではとても貴重なことだとは思うのだが、軸足はやはり変わっていないのではないか?本当に人々の歩みをうけとめきれるのか?これは疑問である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
長堀優先生の見えない糸の様にシームレスな交友がとめどなく綴られた御著書です。

科学は自分の先入観なしで事象をありのまま客観的に観察することから始まります。しかし、客観的な事実や観察結果、一般的な法則や原則などの科学が基礎にある西洋医学では全体の平均化された数値に重きをおかれ、患者の訴えや個人の違い、精神的問題などは無視されがちです。

遠藤周作さんの言われるように現場の医療とは「人間の心を学ぶこと」に他なりません。
そして長堀氏が言うように、人生において大切なことは、病気が治るか治らないかではなく、その経験を通して「心を成長させ愛を学んでいくこと」です。

曖昧にして渾然一体な宇宙に一定不変の法則はありません。

宇宙情報が相互に錯綜し関連しあった世界確率(コズミック・ウェブ)の世界で、
粒子とエネルギーの境界が曖昧な様に、唯物論の根幹が揺らいできた今日では、心と体の境界線も曖昧になってきており、密接に繋がって区別がつかなくなっていることでもあると、長堀氏は言います。

ES細胞、iPS細胞、STAP細胞ら、ストレス化でも多能性分化や若返りが観られる様に、ガン細胞であってもお互いに周りの空気を読みながら共生し、先祖返りや進化を促進するような細胞間の協調性や細胞個
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
長堀先生の話は難しい科学の話も分かりやすく書いてくれて、読みやすく、読み進む内に量子論は西洋と東洋・物質と心をつなぐ架け橋だな~と思った。さらに、心の持ち方、ボジティブに捕える事の話の内容がすばらしく心の大切さ、利他、愛の大切さを改めて思いました。読後、心の中にさわやかな感動の風が吹きました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告