通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
覆す力 (小学館新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、カバーに多少の使用感、ヨレ、シワ、キズ等がございます。カバーデザインが異なる場合がございます。<検品担当者より>チェックは万全を心がけておりますが、万が一見逃しがあった場合はご了承下さいませ。発送時は、可能な限り48時間以内にゆうメールにて発送を致します。(お問い合わせはメールにてお受け致します。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

覆す力 (小学館新書) 新書 – 2014/2/3

5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 覆す力 (小学館新書)
  • +
  • 決断力 (角川oneテーマ21)
  • +
  • 大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
総額: ¥2,506
ポイントの合計: 59pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

大器晩成の竜王名人が明かす半生と勝負哲学

小学六年生で、羽生善治(現・三冠)、佐藤康光(現・九段)らとともに奨励会に入会。16歳でプロ棋士昇格、25歳での名人位挑戦は、棋士として順調な経歴と言えた。しかし、名人戦の相手・羽生善治はそのとき七冠王になっていた!
実績で水を空けられた相手に、何を考え、どう戦ったか。雌伏のときに思索を深め、研鑽を続けた著者は、30代以降、雄飛のときを迎える。30代で初めて名人となり、羽生より早く永世名人の称号を得て、40代で渡辺明から竜王位を奪取。若手が有利と言われる竜王位を40代で奪取したのは、史上初の快挙だった。現在は竜王・名人という、棋界の2大タイトルを保持する著者が明らかにする、半生と勝負哲学。世評を覆し、差を覆す秘訣は、己を知ることと、敗北に謙虚に学ぶことにあった!

内容(「BOOK」データベースより)

小学六年生でプロ棋士への登竜門、奨励会に羽生善治らとともに入会。16歳でプロ棋士昇格、25歳での名人位挑戦は、棋士として順調な経歴と言えた。しかし、名人戦の対戦相手の羽生善治は七冠王になっていた!30代で初めて名人となり、40代で竜王・名人の称号を持つ著者が明らかにする半生と勝負哲学。実績で水を空けられた相手に、どう戦い、雌伏の時をどう過ごしたのか。世評を覆し、差を覆す秘訣は、己を知り、敗北に学ぶことにあった!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 219ページ
  • 出版社: 小学館 (2014/2/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4098251957
  • ISBN-13: 978-4098251957
  • 発売日: 2014/2/3
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,584位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
将棋の棋士が著者となっている本は、どれも面白い印象がある。
故・米長邦雄永世棋聖、羽生善治三冠、谷川九段、加藤一二三九段、
最近の渡辺明二冠の「勝負心」、どれもなるほどと思わされた。
今回の森内俊之竜王・名人の本も例外ではない。

この本は森内竜王・名人の自叙伝的な色彩が濃く、
その中で、いろいろな思いが披露されていく。
後ろの章では勝負哲学がプロ野球やF1、テニスといった
スポーツなどの具体的なエピソードに絡めて紹介されている。

中心となるのは、渡辺二冠の本もそうだったが、羽生三冠への思いだ。
森内竜王・名人は羽生さんとは小学生以来の知り合いというか、ライバル。
(森内氏はこの本の中で、「ライバルというより仰ぎ見る存在」といったことを書いているが)
そして、常に羽生さんの方が先に進んでいた。

ビジネス書的な見方をすると、参考になるのはこのあたりから。
(前半のカレーのエピソードなど、最初から面白いのだが)
私の勝手な見方だが、「羽生世代は強い」とずっと言われてきているが、
羽生世代の中でも、棋戦で活躍する棋士は絞られてきている気がする。
羽生さんはもちろん強い。森内竜王・名人だって言うまで
...続きを読む ›
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 G太郎 トップ500レビュアー 投稿日 2015/2/10
形式: Kindle版 Amazonで購入
森内さんの業績を見れば相当に早熟で且つ永世名人位を獲得されたことからもまさに数十年に一人の天才そのもの。
たまたまそれを上回る人物が同世代に居たという事実が、森内さんの飾らない語り口を非常にユニークにしている印象。
謙虚な態度や羽生さんの業績と対比し自分を凡人と捉える姿勢は一貫しているが
はっきり言ってそれを言われると下にいる本当の凡人は立つ瀬がない。
最高位を繰り返し獲得して永世名人とか、一時代を築くような人物を世間では凡人とは言わない。
上しか見ていないという点で両者は共通している、才能ある人間特有の傲慢さであるかもしれない。

直感に優れた羽生、じっくり時間をかけた検証を得意とする森内
と、一般的にいかにもな天才は羽生というイメージだが
小学生時代の羽生森内、同日に両者の地元で将棋大会が開催されるので
森内は羽生の地元に赴いて羽生と戦おうか迷った末、やめて地元の大会に出場。
一方、羽生は森内と戦うために森内の地元横浜まで遠征して、結果森内を倒し優勝をかっさらったいう話は有名。
もしかしたら出会った当初は羽生のほうがライバル森内を強く意識していたのかもしれない。
違った個性を持っているとういだけで両者優れた才能なのは違いない。
ただ森内さん
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
森内は大棋士。そう言われて異論を挟む者はそういない。誰もが認める天才であることに疑いの余地はない。
だが、本書を読んでみると、当の森内は微塵もそういった傲慢さや別人感覚がなく、謙虚さが随所に見られる。悪まで自分は普通の人間だというのだ。永世名人が何を言う。そう思われる方もいるかもしれないが読むとぶれない軸があるのだ。鉄板の森内。受けの根幹はこの考えから生まれているのだと思わせる。
羽生善治という巨星に隠れた時代が長かったのもあろう。しかし、そこで腐らず、諦めず、30歳を過ぎて大輪の花を咲かせた彼の謙虚さから生まれる考え方・哲学は、アマで将棋を嗜む人は勿論、ビジネスや勉強にも通じるものが多々ある。森内を知るどころか、それ以上に得るものが多い一冊になっている。予想を遥かに超える良い本であった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2014/2/6
形式: 新書 Amazonで購入
渡辺は、「森内さんとやると僕が攻める展開になるんですね。で、手応えはあるんだけど、なかなか勝たせてくれない。届きそうで、届かないようにできている人です。懐が深いというか。」と語っている。
渡辺は、2013年の竜王戦で一勝四敗で敗れたのであった。
羽生も2013年名人戦で同様の結果であった。

森内は、体力・記憶力・集中力が衰えてくるなかで、「受けの将棋」を進化させる術を考えていた。そしてその相手は、羽生しかいない。羽生に通用すれば誰にでも通用する。2013年名人戦はそういう戦いでもあった。

森内は、2009年の竜王戦対渡辺四連敗の敗因は、秘密兵器を隠しているのではないかとの疑心暗鬼になり作戦に拘りすぎた。
2013年竜王戦では、渡辺さんが好奇心を刺激し続けてくれ充実感があった。将棋の奥深さを改めて教わった気がするし、自分の足りない部分を認識することもできた。と述べている。
渡辺は、同じ局面が現れたことに対し、お互いの理解が一致していない。つまり、後手は「先手が良い」と考え、先手は「後手が良い」と考えているためであったと明快な解説をしている。

長い棋士生活を支えたのは、飛び抜けた才能や技術を持っていないわけではない。好戦的でもないないが最善手を求めて「考える根気」が人よりあるからと
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す