¥ 1,015
通常配送無料 詳細
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
西行花伝 (新潮文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

西行花伝 (新潮文庫) 文庫 – 1999/6/30

5つ星のうち 4.7 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 299
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,015
¥ 1,015 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 西行花伝 (新潮文庫)
  • +
  • 安土往還記 (新潮文庫)
  • +
  • 嵯峨野明月記 (中公文庫)
総額: ¥2,346
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

受賞歴

第31回(1995年) 谷崎潤一郎賞受賞

内容紹介

花も鳥も風も月も――森羅万象が、お慕いしてやまぬ女院のお姿。なればこそ北面の勤めも捨て、浮島の俗世を出離した。笑む花を、歌う鳥を、物ぐるおしさもろともに、ひしと心に抱かんがために……。高貴なる世界に吹きかよう乱気流のさなか、権能・武力の現実とせめぎ合う“美"に身を置き通した行動の歌人。流麗雄偉なその生涯を、多彩な音色で唱いあげる交響絵巻。谷崎潤一郎賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 718ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1999/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101068100
  • ISBN-13: 978-4101068107
  • 発売日: 1999/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,391位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
西行。1118年、武士・官吏の家に生まれたが23歳のときに出家し、没するまで修行を続け、当代一の歌人とうたわれた人物である。
たとえば小林秀雄なら、仰ぎみる姿勢のまま極限まで人物に近づいて、その背景にあるものを推論し、その思想の根源までわけいるかもしれない。
しかし、辻邦生が描くと叙情的な絵巻物になるのがたまらなく魅力的だ。
辻邦生は、決して長くない生涯で西欧の歴史や事象を材とした作品を多数残しているが、その根底に必ず幻想的で静謐な物語がある。
あたかもその場面に遭遇しているというより、さらにファンタジックな寓話的なストーリーだ。この西行の行状記もその例にもれない。
ここに描かれる西行と親交のあった人々のモノローグ、その一言一言に温かい視線を感じる。山を歩き、峠を越え、河を渡って歌を書き連ねた西行の姿がはかない夢のように浮かび上がってくる。
なぜ日本人は花鳥風月を愛で、癒されるのか? そのことがしんしんと胸に迫る必読の1冊。
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
西行は、このようにして覚者となった、という単なる西行伝ではありません。詩を通じて、花を介して、辻邦生が、自分の人生での目覚めの過程をみごとに織り込んでいる秀作です。西行の中に遊び、花の中に遊ぶ、そんな登高し終えたものだけに許される安息の中で、物語は幕を閉じます。そして、ある意味では、この作品をもって、辻自身の登高の果ても、花々に許されたのかもしれません。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
心地好い諦観をも超えて、生きる歓びを。と、とてもきれいな気分にしてくれる話です。こうした話で文章がうまいのは最低条件でしょうが、辻邦生さんの文章はおいしい日本酒のようにすーっと落ちていく名文です。西行の生きた時代は武士が登場した時代でした。やや長いのですが、朝廷内の権謀術数や、公家から武家に権力が移っていく過程を描くことで、決して飽きさせません。歴史物は面白いけど、俗っぽいのであまりすきではないのですが、この本はそうした俗っぽさがなく好きになりました。ただ「西行伝」ではなく、西行花伝なのですから。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/4/13
形式: 文庫
心の静まる美しい文章と美しい物語です。私は毎年、秋も深まる頃、必ずこの本を読みたくなります。深夜に照明を落とした部屋で、一章ずつ読み進んでいくと、平安時代にタイムスリップしたような、不思議な気分になります。それほどに幻想的。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
創作とはいえ、この本を読んでいる時に私が絶叫していたのは、「こういう男性に出会いたい!」でした。他の方のレビューを台無しにしてしまうかもしれませんが、この本の中の恋は、道なってもみちならなくても美しい。子育てに追われる、枯れてきた身としては、この本の中に描かれる恋に恋をしてしまいました。歴史モノは苦手で、しかもこのぶあつい本を手にした時はどうして血迷ったか?!と思いましたが、しっかり読みきってしまいました。そして今も一番大切な本の中のひとつとしてあります。また、人間関係に疲れている人のココロに響くような言葉もたくさんあり、本当に傑作だと思います。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
NHK大河TV「平清盛」の中に若き西行がでてくる。実際の史実として、清盛と西行が交わっていたのは間違いない。さて、TVの演出がどうかはともかく、前から読んでみたった「西行花伝」。辻邦生の「背教者ユリアヌス」は既に読んでおり、これもなかなか面白かった記憶があった。現代に生きる私に、歌に生きる意味をわかる術はない。しかし、和歌は1000年以上もわれわれを引きつける普遍的な輝きを保っている。この大作を読み終わった後に感じた気持ちは「いいものを読ませてもらったなぁ」というものだった。そして西行の和歌を二つ三つ憶えることにした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
当時の政治社会は既に武家の論理に取って代わられており、大夫として律令政治の到来に引き裂かれた万葉の歌人家持の時代以上に、単なる武人の力に日本全体が押し流されようとしていた。そんな中で歌人、文人として独立した表現主体たることは容易ではない。新しい中世政治の中に武力化する政治以上の力を制御し包含する言葉を彼らは見出し得ず、ひたすらそこから離反し身に詰まされるようにして正常な自立心を獲得するしかなかった。もう一人の万葉の歌人人麿が民衆の歌をともに歌い宮廷歌人として政治に歌の呪力を与えることも惜しまなかったのに対し、中世にはもはや歌の世界を継承することさえ至難の業だったろう。古墳時代の後に中央集権の強大な国家権力が完成する前に民主政治の息吹が日本列島に芽生えることはなかったように、平安末期の政治経済の立て直しが歌の言葉によって成し遂げられることはなかった。しかし、仮に世を遁るるの道を歩むことさえもしなければ、古代より細々と命脈を保ってきた歌という覚醒した意識による自然認識とそれに基づいた自己認識自体が戦乱の世に尽き果てていたろう。政治的敗者たる崇徳院と歌の独立を獲得した西行。その対照性が最終部において一際引き立ち、高貴な文体の中で何度となく訴えられる「歌による政治」という言い方が悲痛な叫びにも聞こえる、著者畢生の大作。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー