購入オプション

割引: ¥ 308 (10%)
Kindle 価格: ¥2,772

(税込)

獲得ポイント:
28ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

[ダグラス・マレー, 町田 敦夫, 中野 剛志]の西洋の自死―移民・アイデンティティ・イスラム

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

西洋の自死―移民・アイデンティティ・イスラム Kindle版

5つ星のうち4.4 102個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥2,772
単行本 ¥3,080 ¥2,030
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

欧州リベラリズムの死に方。気鋭のジャーナリストが、今まで誰も書けなかったタブーに挑んだ大問題作。英国『サンデー・タイムズ』紙のナンバーワンブック、『イブニング・スタンダード』紙のブックオブザイヤー。 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

著者について

ダグラス・マレー
ジャーナリスト
1979年生まれ、新進気鋭の英国人ジャーナリスト。英国の代表的な雑誌の一つ『スペクテーター』のアソシエート・エディター。『サンデー・タイムズ』紙や『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙へも寄稿多数。英国議会や欧州議会、ホワイトハウスでも講演を行った実績がある。ツイッターのフォロワー数は15万人を超える。本書は英国で10万部を超えるベストセラーとなり、世界23カ国で翻訳。『サンデー・タイムズ』紙のナンバーワンブック、『イブニング・スタンダード』紙のブックオブザイヤーにも選ばれた。 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

出版社より

ナショナリズムの美徳 新しい地政学 西洋の自死 富国と強兵 中東・エネルギー・地政学
ナショナリズムの美徳 新しい地政学 西洋の自死 富国と強兵 中東・エネルギー・地政学
著者 ヨラム・ハゾニー (著), 中野 剛志 (解説), 施 光恒 (解説), 庭田 よう子 (翻訳) 北岡 伸一 (編集), 細谷 雄一 (編集) ダグラス・マレー (著), 中野 剛志 (その他), 町田 敦夫 (翻訳) 中野 剛志 寺島 実郎
内容紹介 トランプ政権の外交基盤となり、アメリカ保守主義再編や欧州ポピュリズムに大きな影響を与えた問題作! 自由と民主主義を守るのは国民国家であるとして、誤解されがちなナショナリズムの価値観を問い直していく。 その一方で、リベラリズムのパラダイムは、専制や帝国主義と同じだと警鐘を鳴らす。 ナショナリズムと国民国家400年の歴史を再評価する括目に値する1冊。 中野剛志、施光恒の両氏によるダブル解説付。 民主主義や法の支配が失われ、リベラルな国際秩序が失われつつある世界はどこに向かうのか? 日本を代表する知性を結集し、再び動き始めた「地理」と「歴史」で世界を理解する視座を提示。 「ポスト・マッキンダー」時代の地政学を示す。 英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超! 「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー! 英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。 移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした 欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。 本書では、「地政経済学」とは、「富国」と「強兵」、すなわち経済力と政治力・軍事力との間の密接不可分な関係を解明しようとする社会科学であることを示し、地政学なくして経済を理解することはできず、経済なくして地政学を理解することはできないことを明らかにする。 『TPP亡国論』で日米関係のゆがみを鋭い洞察力でえぐり出した著者が、資本主義終焉論と地政学が復活する今と未来を読み解く渾身の書き下ろし大著。 三井物産に入社して以来、イランでのIJPCプロジェクトをきっかけに 中東、アメリカを中心に欧州など、世界と深く深くかかわってきた著者が、 自身の過去を語りつつ、いま世界で何がおきているかを整理する。
発売日 2021/3/26 2020/2/28 2018/12/14 2016/12/9 2016/8/26

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B07KWM8YDX
  • 出版社 ‏ : ‎ 東洋経済新報社 (2018/12/14)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/12/14
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 2706 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 496ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 102個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
102 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年12月25日に日本でレビュー済み
340人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月15日に日本でレビュー済み
252人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年1月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
134人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年6月13日に日本でレビュー済み
108人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告