中古品
¥ 916
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆2004年初版1刷発行。カバーに色あせ・ヘコミがありますが★本文は使用感少なく良好です★5-2
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


西本願寺第二十一代門主 明如上人抄―幕末明治期の仏教を救った男・大谷光尊 単行本 – 2004/7


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 916
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

幕末から明治期の西本願寺を守り立てるとともに、「廃仏毀釈」の波から日本の仏教界を救った第二十一代門主・大谷光尊の半生を描く物語。

廃仏毀釈(排仏棄釈)――仏教を排斥し、釈迦の教えを捨ててしまい、寺院や仏像、経文など、仏教に関するすべてを破棄することである。明治新政府が誕生して間なく、半ば官吏公認というかたちで、この運動が全国に広まった。そして多くの重要文化財級の仏像仏具、仏典が焼却されたのである。
この日本仏教消滅の危機に、たったひとり、捨て身の行動で立ち向かった男がいた。明如上人、すなわち西本願寺第二十一代門主・大谷光尊である。
幕末の混乱期、父である先代の広如上人とともに勤王として本願寺を守り立て、神仏分離令に端を発した排仏運動では、先のように念仏者として信念をもって教部省の対応に反抗、危機を救う。さらに鹿児島開教。戦国期から真宗禁制がしかれていた当地で、西南戦争の戦後復興に本願寺をあげて取り組み、真宗を開教するのである。
本願寺のみならず、日本仏教の中興の祖といえる偉大なる人物の半生を描く評伝小説である。

内容(「BOOK」データベースより)

「廃仏毀釈」。日本仏教消滅の危機に、たったひとりで立ち向かった男の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 285ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2004/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569637388
  • ISBN-13: 978-4569637389
  • 発売日: 2004/07
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 394,992位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう