通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
西の魔女が死んだ (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

西の魔女が死んだ (新潮文庫) 文庫 – 2001/8/1

5つ星のうち 4.3 380件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 648
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 西の魔女が死んだ (新潮文庫)
  • +
  • 夏の庭―The Friends (新潮文庫)
  • +
  • カラフル (文春文庫)
総額: ¥1,544
ポイントの合計: 37pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも……。その後のまいの物語「渡りの一日」併録。

出版社からのコメント

<第44回小学館文学賞受賞>
<児童文学者協会新人賞受賞>
<新美南吉文学賞受賞>

「西の魔女」とは、中学生の少女まいの祖母のこと。学校へ行けないまいは、祖母のもとで、何でも自分で決められるようになる「魔女修行」をすることに・・・。生きる力を与えてくれる、癒しの児童文学、誕生。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 226ページ
  • 出版社: 新潮社 (2001/8/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101253323
  • ISBN-13: 978-4101253329
  • 発売日: 2001/8/1
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 380件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 817位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
今頃読んで感想を書くのも気が引けますが、温かくて美しいお話
でした。まいちゃん頑張れ!良いおばあちゃんがいて良かったね!
と云ってあげたくなります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
子供の課題図書用で購入しましたが、タイトルにひかれて私も読んで見ました。まだ途中ですが、なかなかの進みかたの本です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 こんなにも多くの人に読まれていて、評価の高い本だと知らずに
新聞の紹介で最近手にとりました。
優れた作品というのは 歌も演奏もそして著書も
その冒頭でどれだけ心を惹きつけ揺さぶるかにかかっていると
何かで読んだことがありましたが 
この作品はまさにそうでした そして その心地よいゆさぶりが最後まで続くのです。
家族や隣人など 登場人物は多くはありませんが 
日常の中になんと多くの哲学が さりげなく散りばめられているのでしょう。
魔女のもつステッキから キラキラと星が出てくるようなイメージです。
短いけれど続編のような「渡りの一日」も
まさに 魔女的です!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
おばあちゃんの言葉ひとつひとつに重みがあり温かくなりました。
自分の祖母もまいのおばあちゃんのように厳しさと優しさをもっている祖母なので
会いたくなりました。きっと教わるべきことはたくさんあるのではないかと思います。
まいのようにおばあちゃんと過ごす時間があれば幸せです。
「死」というものが悲しいものではなく、生き切ったという達成感を感じさせてくれる
力強さをまいのおばあちゃんは残してくれました。
後悔をしていたまいだったけれど、生きていくための自分の基盤をしっかりと作り上げられた時間であり
場所だったと思います。
思春期の方たちやおばあちゃんと離れて暮らしている方におすすめです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 megi3 VINE メンバー 投稿日 2013/4/19
形式: 文庫 Amazonで購入
孫に「魔女修行するよ」って言えるおばあさん。素敵。
そんなおばあさんの生活スタイルも、その人となりも、素敵。

中1の夏休みの読書感想文用として
普段、全く本を読まないムスメと一緒に選んだ本。

過保護だとわかっていながら、
感想文を書くムスメとこの本の内容について
色々話せたらいいなぁ、と思い私も読んでみた。
(普段、充分すぎるくらいに会話ありますが)

正直、読み物としては多少の物足りなさを感じたけれど、
しみじみとした、作者の伝えたいことは伝わってきた。

学校に行けないこともあるんだなぁ。
それでも、みんなに平等に、時はあたりまえに流れて、
日常は普通にすぎていく。

毎日をまっとうに生きるのも、自堕落に生きるのも、
何でもありなんだなぁ。
何気ない積み重ねで日々はできあがっているんだなぁ。
そして「死」は、誰にでも必ず訪れるもの。
それまでどう生きるのか、それも自分で決めること。

そして、あなた(ムスメ)ならどうする?
というような”ふわっ”とした会話をたくさんしました。

ムスメの感じたこと、よくわかり
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
最初読んでいて表現とかあまり好きではなくてつまらないと思いつつ読んでみました。
でも最後とおばあちゃんのシーンではなんだか心が熱くなって泣けました。
最後のシーンを味わいたいなら読んでみてもいい作品だと感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 主人公まいの葛藤・対立は学校のクラス、おばあちゃんの家での魔女修行、まいからすると粗暴なゲンジさん、人の死について、と思春期らしく自分自身や周囲との折り合いをつけようとするものがそれぞれ絡み合っている。
 ただ、それらの対立の解消は曖昧なままだったり、ある程度の辻褄合わせはあるがドラマ仕立てのオチになっていないので、期待するものが何かによって不満が残るかもしれない。
 人物への共感という点では、まいが不登校になった理由が物語がかなり進んでから説明のみで示されて、感情移入を誘う情景として描かれないなど、読者に委ねるような感じであっさりめになっている。
 おばあちゃんと娘(まいの母親)との考え方の違いによる葛藤も同様で、過去にいろいろあったことが仄めかされるのみになっている。
 また、まいの母親だけでなく父親もおばあちゃんの考え方に必ずしも賛成でないことが示され、物語の基盤であるナチュラルライフ、自然への回帰というテーマは相対化されている。
 このあたりは、おばあちゃんの古い考えと子供世代の考えとのよくある対立という感じでどちらが正しいというのでもなく、おばあちゃんの頑固さと無下にされたら可哀想という微妙なバランスの感情が生まれたが、孫のまいにはおばあちゃんのもの全部が新鮮でよく響く。
 不登校になった娘を連れてきたというこ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー