通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
西の魔女が死んだ (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

西の魔女が死んだ (新潮文庫) 文庫 – 2001/8/1

5つ星のうち 4.3 371件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 561
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 西の魔女が死んだ (新潮文庫)
  • +
  • 夏の庭―The Friends (新潮文庫)
  • +
  • カラフル (文春文庫)
総額: ¥1,511
ポイントの合計: 25pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも……。その後のまいの物語「渡りの一日」併録。

出版社からのコメント

<第44回小学館文学賞受賞>
<児童文学者協会新人賞受賞>
<新美南吉文学賞受賞>

「西の魔女」とは、中学生の少女まいの祖母のこと。学校へ行けないまいは、祖母のもとで、何でも自分で決められるようになる「魔女修行」をすることに・・・。生きる力を与えてくれる、癒しの児童文学、誕生。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 226ページ
  • 出版社: 新潮社 (2001/8/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101253323
  • ISBN-13: 978-4101253329
  • 発売日: 2001/8/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 371件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 958位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
シャーリー・マックレーンの娘さんが西の魔女を演じるとの
大きな特集を読売新聞で読み、この本を読んでみることにしました。

児童書でもあるようですが、40台半ばにさしかかった私には、
主人公の中学生の気持ちも、その母親の気持ちも、そして
主人公の祖母の気持ちも、どれもが手に取るように理解できました。

読みやすく、描写も文体も美しいです。 「おばあちゃん」の
一言一言がものすごく大切なことをさらっ、と言っているので、
何度も読み返してしまいました。

テーマはとても奥深く、スピリチュアルで、人がなぜ生まれて
なぜ苦労をしながらも生きていくのか、本質をついていました。

読みながらも目頭が熱くなりましたが、読み終えた後は、自分でも
理解できないぐらいわんわん泣いてしまいました。

心の豊かさがどのようにして育まれるのか、経済的に余裕がなくても、
母親として子供にしてあげられることの中で、何が一番大切なのか、
あらためて確信した次第です。

物を沢山持つことが、文化ではないことがよくわかる一冊です。
1 コメント 287人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本をはじめて読んだ時の私は、“まい”と同じように登校拒否をしていました。進学して、少しずつ学校に行っていましたが、それでも登校拒否でした。
この本を読み終わって閉じた時、私は急に心細くなりました。
例えどんなに寄り添ってくれる人がいても、その人は私の変わりに歩んではくれないし、どんなにアドバイスをしてくれても、私の代わりに全てを決めてはくれない。
結局、人は一人である。
けれど、だからこそ寄り添う人の温もりが身に染みる。
今までの自分を思い起こし、深く恥じ入りました。
魔女という言葉が不思議な響きを持ち、爽やかな感動だけでなく重い課題を突き付けられたような。
己を振り返る。
読むのではなく向き合う本。
この美しい物語を受け入れきれなかった私の心情で、星は一つ減らしましたが、本当にいい本です。
コメント 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 タンタン VINE メンバー 投稿日 2015/10/17
形式: 文庫
まだまだ幼いころに読みたかったです
人生で必ずぶち当たる人間関係や自分の感情との折り合いのつけ方を
西の魔女が教えてくれます
自分で決断することの大切さ、人生を丁寧に生きる、人を愛する、許すこと・・・
西の魔女に愛されながら、優しく私も学びたかった・・・

社会人になるまえに読んでおいて欲しい1冊です
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「西の魔女」とは、主人公まいのおばあちゃんのこと。
そのおばあちゃんが死んでしまったところから
このお話は始まります。
まいは中学生になったある日、学校へ行けなくなりました。
もともと、自宅にいるのにホームシックになってしまうような
デリケートな女の子だったまい。
彼女がなにがきっかけで学校へ行けなくなったかは、
お話の半ばで明かされていきます。
学校へ行けなくなったまいは、
田舎のおばあちゃんとしばらくの間一緒に過ごすことになります。
ちょっとだけ立ち止まったのです。
英国人のおばあちゃんは、そんなまいを歓迎し、
日々を一緒に過ごします。
田舎で、洗濯機も持たないでスローライフを送るおばあちゃんの周りには
生活の知恵がぎっしり詰まっています。
ジャムを作り、鶏の卵を取りに行き、ハーブをちぎって料理をつくる。
シーツやタオルを綺麗にたたんで収納する。
毎日きちんとベッドメイクをして、食事をとって、早寝早起きをする。
こうした生活=魔女修行となるのです。
始めは朝食も食べられず、早起きすらもできなかったまいは、
自分の意思で自らの生活を変えていきました。
ここで言う魔女修行とは
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本のレビューをみて思ったことがあった。
評価の良い人と悪い人にわかれるけれど、
どういうバックグラウンドがあるのかなと気になった。
書いた人には申し訳ないけれど、他にどんなレビューを書いているのか、
何に対して関心があるのかということを見せて頂いた。
そうして読んでいるうちに、この本は読む人を選ぶなぁ・・・と感じた。

おばあちゃんは、お伽噺に出てくるような魔法を使う魔女ではない。
おそらくキリスト教以前に普通にそこいらに居たであろう
実在の魔女に近い人なのだろう。
魔女というのは能力でも職業でもなく「生き方」なのだ。
それが理解できないと、きっとこの本を読んでも面白さを感じられない。

それと、この作品は多くを説明することのない小説だ。
だから、自分の内面から人物の心理や情景を読み広げていくことが出来なければ、
読んでも面白いとは思えないだろう。
小説そのものにダイナミックな展開や、向こうから迫ってくるような
素晴らしい言葉を期待する人には、おそらくこの作品は面白味がない。
そういうひとは、そういう娯楽作品を読めばいいのだ。
(確かに俗っぽいオッサンには面白く無いだろうなw)
<
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック