Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
ポイント : 173pt (40%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad

製薬大再編―週刊東洋経済eビジネス新書No.270 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2018/10/19
¥ 432

紙の本の長さ: 93ページ

商品の説明

内容紹介

武田薬品工業は2018年6月、アイルランドに本社を置く製薬大手シャイアーを買収することで基本合意したと公表した。その額は約7兆円相当。日本の産業史上最大の買収だ。背景にあるのは、国内最大手でも新薬を生み出せなければ没落するという危機感だ。
一方、2018年のノーベル医学生理学賞を京都大高等研究院の本庶佑特別教授と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授の2氏に授与すると発表した。本庶氏の研究は、小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」に応用され、2017年にグローバル売上高約6500億円を稼ぎ出した大型薬だ。だが、同じく「抗PD-1抗体」と呼ばれる治療薬では、メルクの「キイトルーダ」の売上高は約4300億円、メルクの猛追で首位を伺う勢いとともに小野薬品には薬価の壁も高い。
製薬大手でも新薬の開発・臨床試験から発売までには、多額の開発費と時間が必要だ。おのずとM&Aが盛んになる。日本の大手製薬の現状をリポートし“タケダショック”が新たな再編の呼び水になるのか探っていく。

本誌は『週刊東洋経済』2018年6月16日号掲載の27ページ分を電子化したものです。

【主な内容】
賭けに出た武田薬品 浮かび上がる財務リスク
ウェバー体制に燻る不安
迷走する湘南研究所
INTERVIEW アナリストはこう見る!
 持続的成長のための時間稼ぎだ(UBS証券・関 篤史)
 買収完了後も最大の課題は残る(クレディ・スイス証券・酒井文義)
5分で丸わかり 製薬業界の実態
相次ぐ海外M&A 失敗から学ぶ教訓
アステラス製薬と第一三共が統合する日
薬価制度改革の波紋
塩野義製薬の強さの秘密
INTERVIEW 塩野義製薬 社長・手代木 功
 研究開発の敵は居心地のよさだ
ロシュを利用して急成長 中外製薬のしたたか経営
INTERVIEW 中外製薬 社長 CEO・小坂達朗
 中外は日本一の創薬ベンチャーだ
国内後発薬メーカーの憂鬱
小野薬品のがん治療薬
心血注ぐエーザイは大丈夫?
治療に革命を起こせるか 期待のバイオベンチャー

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 15869 KB
  • 紙の本の長さ: 93 ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2018/10/19)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07JC3ZC5X
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 17,071位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク