この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

裸の島 [DVD]

5つ星のうち 4.5 22件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 乙羽信子, 殿山泰司, 田中伸二, 堀本正紀
  • 監督: 新藤兼人
  • 形式: Black & White, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川映画
  • 発売日 2001/08/10
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005LJV0
  • JAN: 4988126200381
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,323位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

瀬戸内海の孤島で力強く生きる貧しいひとつの家族を台詞無しで描く映画詩。モスクワ国際映画祭グランプリ受賞。

モスクワ国際映画祭グランプリ、ベルリン映画祭セルズニック銀賞。国内外問わず高く評価された。瀬戸内海の孤島で力強く生きる貧しいひとつの家族を台詞無しで描く映画史。

■キャスト
乙羽信子、殿山泰司

■スタッフ
監督:新藤兼人

内容(「Oricon」データベースより)

瀬戸内海の小島で暮らす一家の生活を、全編セリフ無しという手法で描いた、新藤兼人監督が贈るドラマ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「限られた土地」 「乾いた土」 「耕して天に至る」 (本編冒頭の字幕より)

全編台詞なしという冒険的な作り・・・多彩な表情をみせる音楽・・・驚くほど美しい映像・・・半世紀以上前の作品とは思えない時代を超えた普遍性・・・それが本作だ。

舞台は瀬戸内海の小さな島。農業を営む四人家族が主人公だ。島には他の住民もライフラインもない。耕作地は斜面だけ。島の頂上まで 「限られた土地」 を耕しているのだ。しかも、井戸もなく水も出ない島で作物を育てるには、対岸まで小舟(←もちろん人力である)で水を汲みにいかなければならない。強い日差しのなか、水で満杯の桶を天秤棒で担ぎ上げるのだ。急斜面に細いあぜ道。流れる汗。しなる天秤棒が肩に食い込む。そして畑にすこしづつ水をかけていく。 「乾いた土」 は僅かな水を直ぐに吸い込んでしまう。また、汲みにいく。斜面を担ぎ上げる。かける・・・。 これを一日中 ‘反復’ する。表情も変えず淡々と、黙々と・・・。

物語は単純そのものだ。ひたすらに ‘反復’ が描かれる。まるで ‘修行’ か ‘祈り’ のように・・・。そして ‘反復’ の合間にある ‘ささやかな楽しみ’ と ‘一つの事件’ が描かれる。 ‘事件’ の後はまた ‘反復’ 。生活は続いていくのだ。島にあるものが ‘全世界’ であるかのごとく ‘反復
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
それほど面白そうだとも思わずに観ていたがいつのまにか引き込まれた。最初の印象は労働や生活は過酷で、生きていくのは
大変だとか、水は蛇口をひねれば出るような簡単なものではなく、貴重なものだったんだとかいうような、およそ小中学生並みの
感想しか出ず情けなくて先が思いやられるが、ここに書かれている色々なレビューを読んでいたらだんだんわかってきたのである。

これは鏡のような映画だということが。これを見る人の人間性をそのまま映し出すのである。この作品を観て何を感じ、何を思い、
何を考えたかで、その人の人間としての充実度や成熟度を測れるものさしとなっているのだ。すべからく芸術作品というものは
そういった傾向を持っているものだが、この作品はそれがわかりやすい素朴な形で存在している所に存在意義がある。磨かれた
鏡なのである。

これに星1つをつける人がいても私は非難できないし、否定もしたくない。それほど幅広い考え方を受容できる器の大きな作品
なのだ(スケールが大きいという意味ではない)。このような面白さを追求したわけでもなく、見る人に媚びようともせず、
ドキュメンタリー風映像のエッセンスを集めて再構成したような映画があることは初めて知った。どなたかが言っていた様にこれは
全国の
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
NHKのBSで山田洋次監督が選んだ日本映画ベスト100家族篇で放映されていたのを偶々見た。モノクロでセリフがまったくないと聞いて一瞬怯んだが、始まった途端に画面に引き込まれてしまった。

登場人物は、瀬戸内海の離れ島に暮らす夫婦と子供2人の4名家族だけだ。この島にはこの家族しか住んでいない。従って電気も水道も何もない。夫婦は荒れた土地にイモや麦を植えて暮らしているが、一日の大半は本土に船を漕いで行って桶に水を汲んで島に戻ってくる往復で費やされる。

春夏秋冬を通じてこの夫婦と子供たちは食べていくために働きづめだ。笑顔さえ殆ど交わされることはない。このような生活はさぞかし辛いだろうと思ってしまうのだが、当人たちは必ずしもそうではないのかもしれない。何というシンプルな生活だ。

人は何のために生きているのだろう、ということを考えさせられる作品だ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
学生時代から噂を聞いていたのだが、フィルム映画の時代にはこういう作品を見る機会というのはそうそう簡単には得られなかった。
VHS時代にも、棚に見かけることがなくついに視聴できないでいた。
なんと作品封切り後の、50年後にインターネットの助けを得てようやく全編を鑑賞しえた。
これは素晴らしい体験というべきかもしれない。
おそらく二十代、三十代では、この映画から受ける感銘はかなり違っていただろう。

司馬遼太郎の「街道をゆく」でも、日本という国を言及するに雨水の果たした役割は相当大きいという示唆を受けた。
雨水もおよばぬこの島を映像で描写するという。セリフのない詩的な無声映画のような描写。この実験的試みは見事に成功している。
なんのことはない、この映画に登場する小学生たちこそ日本の団塊の世代そのものであって今日我々の暮らしと実は一衣帯水の地つづきだ。
自分たちの育った時代に、かつてはそこにもここにもあるという実に月並みな風景だったのだ。

それが半世紀の時をへて振り返るとき、もはや太古の世界神祇の起源での話題のように響くなにかが違っている。
DVDは、素晴らしいメデアの現在形として世話焼きなまでに作者や音楽制作者の貴重な時代証言も重ねあわせて副音声で流してくれている。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。柿の種

関連商品を探す