この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

裏ヴァージョン (文春文庫) 文庫 – 2007/11

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,000
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

次々に書かれる短篇小説と、それに対する歯に衣着せぬ感想コメント。やがて感想は厳しい質問状となり、しだいに青春をともにした二人の中年女性の愛憎交錯する苛烈な闘いが見えてくる―。家族でも恋人でもなく、友達に寄せる濃密な気持ちの切なさ、そしておかしさを、奇抜な手法で描いた現代文学の傑作。

内容(「MARC」データベースより)

物語が語られる。それに誰かのコメントが。これはいったい誰と誰のやりとりなのか? 読み進むうちに物語は奇妙な形で現実を映し始め…。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 247ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167742012
  • ISBN-13: 978-4167742010
  • 発売日: 2007/11
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 151,472位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 reo 投稿日 2004/5/11
形式: 単行本
これは短編小説ではないのかも、と読み終わった時に思った。高校時代の親友であったらしい、今は中年の二人の女性。かたや公務員は、月一本の短編小説を家賃に、かたや小説家のなりそこないと同居を始める。と言っても、二人はほとんど顔を合わせずフロッピーだけのやりとり(妄想じみた月一本の短編とそれに対する批評)が続く。批評はいつの間にか、質問状となり、詰問状となって、創作世界は現実世界を侵食していく。
短編一つ一つが刺激的で面白いので、読みはじめは一風変わった短編小説かな、と思うのであるが、そう言い切れない妙な構成の小説。
最後の短編が哀しい。どちらの人物が書いているのかが曖昧であり、もしかしたら読者に対する罠かもしれないけれど、でもある種のタネあかしであるようにも思える。しかしどちらが書いていたとしても、それは暗号のようなラブレターだ。人と人とは性を介在せずにどこまで分かりあえるのだろう? 性的に他人とかかわりあうことをやめたその先、どのような(友人)関係を作ることが可能なのだろうか? ラブレター(のようなもの)を書いている人物は性の介在しない人間関係を信じているようだが。
タイトルが「裏ヴァージョン」であることを思うと、松浦理英子が今までの小説で一貫して語ってきた性の哀しみのようなものの解説的な作品になっているような気もする。それは「性のマイノリティ」だけではな
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/29
形式: 単行本
物語は突然、アメリカを舞台とした短編小説で始まります。次々に提出される20枚の短編小説とそれに返される批評。それは次第に「挑戦」と「応酬」の形をとりはじめ、エスカレートして行きます。その先には何があるのか。SMや同性愛のイメージの非日常性が、だんだんと薄れてきた時、そこに見えてくるのは誰もが感じたことのある限りなく切ない一つの「青春小説」。最後まで目をそらさないことをお勧めします。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今まで読んだ作者のどの作品よりも、うまい、と思った。
一つ一つの短編の語り口、エピソード、全体の構成、すべてにおいてゆるぎなく、最後には思わず主人公(作者?)に感情移入し、ひとごととは思えないように仕向けられている。
今までの、純粋率直な文体でちょっと夢見がちな物語を語っていた手法を「子供」とすれば、まさに「大人」の仕上がりだと言ってもいい。幻想から醒めた人間、現実に直面し夢を見られなくなった大人は、いったい何を目指せばいいのか?その葛藤と発奮がひねくれた構成からひりひりと伝わってくる。ひりひりとして、それでも、たまらなく魅力的に思われる。
SとMという関係、作者と読者という関係、女と女という関係
あらゆる関係の理想と現実。過去と今。
すべてを超越し、さらに次の関係を目指して、作者は新たなスタートを切ったのだ。
この作品がおそらく松浦理英子文学のターニングポイントになるだろうと思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/15
形式: 単行本
ホモセクシャルやサドマゾをテーマとするひねりのある短編小説ととそれに対する誰かの感想文が対になって物語は展開する。物語が進むにつれ、短編の作者は実は家賃代わりに小説を納め、感想文を書いているのは家主という主従関係が分かる。かつては親友だった二人はフロッピーのやり取りでしか接触しない。殺伐さを感じさせるが、人間同士の幸せな関係が永遠でないことは、受け入れなければいけない事実であり、分かりあえていると感じることが幸せとも言い切れない。SとMの主従関係がお互いを幸せにする場合もある。一体関係というものは何が左右して成立しているのか、考えさせられる小説である。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告