中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

裁判長!ここは懲役4年でどうすか ぼくに死刑と言えるのか 1(ゼノンコミックス) コミックス – 2011/7/20

5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 15,214 ¥ 2,165
コミックス, 2011/7/20
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

TVドラマ化、映画化された大人気シリーズの最新作。「レイプ裁判の裁判員全員が女」の日本一ツイてない被告人の裁判や「自分の母親が自分の父親を殺そうとする光景を見た息子」など、涙がとまらない裁判から笑える裁判まで4話収録。

出版社からのコメント

TVドラマ化、映画化された大人気シリーズの最新作「裁判長!ここは懲役4年でどうすか ぼくに死刑と言えるのか」。今シリーズでは裁判員裁判を中心に描かれていて、前作よりもリアルを追求した作品内容になっています。「ぼくに死刑と言えるのか」―――。裁判員制度が施行された今、誰にとっても他人事ではなく、身近な問題となった。日本人必読の一冊!


登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2011/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 419980028X
  • ISBN-13: 978-4199800283
  • 発売日: 2011/7/20
  • 梱包サイズ: 18 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
絵で魅せてくれるのでぐいぐい読み進めさせられたのですが
折角の良素材「裁判傍聴」を調理しきれていない印象を受けました。
端的に言えば話が浅い。勿体無いと思います。
題材は重いですが登場人物の発想が軽いです。(これこそリアル?)
「心を打つ人間ドラマを味わえる作品」というよりは「レポ漫画寄り」の読み物でした。

ちなみに誘拐犯二人を「美しい友情物語」としては別段描いていないと思います。
私は「歪な友情」「友達とは名ばかりの関係」というワードを連想しました。
その話は連作かつ途中で終わっているので作者の意図はまだ不透明。
2巻でどのような展開になっているのか、続きが気になります。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レレレ 投稿日 2007/12/21
形式: コミック
裏表紙とかオマケ文章とかが充実していて得した。
中身も、難しそうなテーマをわかりやすく描いていて得した。
一話が長い回の場合は、単行本のほうが読みやすい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Lucca9 投稿日 2008/12/25
形式: コミック
日常生活を退屈に感じていた主人公北尾太郎は、
ひょんなことから裁判を傍聴することになる。
被告人との近さ、裁判官の人間味、様々なものに触れ、
裁判に「リアル」を見出した北尾は傍聴にはまってしまう。

どれも実話だそうです。
人が人を裁く難しさ。
問題点。
そしてこれから導入される裁判員制度。
なんだか恐ろしくなります。
でも、もう本当に間近に迫っています。
裁判というものを身近に感じ考えるきっかけになるんじゃないでしょうか?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ふじ 投稿日 2007/12/11
形式: コミック
原作も読んでいるのですがとても面白かったです。
原作での短い文章をどう描くのかな〜と見てみると、かなりリアリティ濃く描いていて満足!
全部好きな傍聴の話ですが「言いなりロボット」がすごい濃く描かれてるので、この話の続きが楽しみです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
読んでて気分が悪くなることが多い表現が多いのであまりお勧めはしない。主人公の冷たい視線と加害者を馬鹿にした描き方のせいだろうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告