無料配送: 4月13日 - 15日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 13日の火曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り3点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
裁判所の正体:法服を着た役人たち がカートに入りました
+ ¥300 配送料
お届け日 (配送料: ¥300 ): 4月14日 - 16日 詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】書籍は中古品のため多少の使用感、経年劣化、小さな角折れやヨレがある場合がございます。 アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことがございます。ご了承くださいませ。この書籍は、アマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っております。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※日、祝日出荷作業は行っておりません。当社2営業日以内に日本郵便ゆうメールにて発送いたします。 ゆうメールは、日曜、祝日の配達がないため到着予定日が日曜 祝日と重なる場合は、翌平日の配達となります。基本的に帯は付属しません。中古のためアクセスコードなどある場合、その有無は確認できません。ご了承いただけましたら幸いです。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


裁判所の正体:法服を着た役人たち (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2017/5/18

5つ星のうち4.2 37個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,650
¥1,650 ¥622

よく一緒に購入されている商品

  • 裁判所の正体:法服を着た役人たち
  • +
  • 絶望の裁判所 (講談社現代新書)
  • +
  • ニッポンの裁判 (講談社現代新書)
総額: ¥3,696
ポイントの合計: 37pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

権力の番人と化す

日本は三権分立の国だと子どもの頃に教えられ、そう信じて半世紀ほど生きてきた。判決に何度か首を傾げても、その前提は崩れなかった。しかし、元裁判官の瀬木比呂志とジャーナリストの清水潔の対談をまとめた『裁判所の正体』を読んだ私は今、暗澹とした気分になっている。

清水が聞き役となって進む二人のやりとりは、前半、裁判官の日常や裁判所の仕組みについて言及する。そこでは、〈裁判所の強固なヒエラルキー〉や〈裁判官が統制される三つの理由〉などが紹介され、後半のテーマである司法の闇や最高裁と権力の問題の伏線となっている。たとえば、裁判官が統制されるのは、(1)彼らが隔離された「精神的な収容所」にいて価値観がおかしくなり、(2)司法試験に通った「期」を中心に競争させられ、(3)任地がすごく広いために「判決と出世」を天秤にかけられるからと瀬木は指摘する。

こんなのはほんの一部で、数ページ読むたびに、いかに自分が裁判所や裁判官について無知だったか思い知る。そして、最高裁が「権力補完機構」に堕しているとわかるあたりでは溜息をつき、最高裁と法務省の間に人事交流があると知って愕然とした。この本の副題にある〈法服を着た役人たち〉は「統治と支配」を金科玉条とし、権力の番人と化していたのだ。一票の格差裁判で、「違憲状態」というわけのわからない判決が出る背景もここにある。

権力のもう一つの監視役であるメディアの怠慢もあるが、裁判所や司法の正体を知らないことは恐ろしいと切実に思う。歪んでしまったこの国の三権分立の内実を知るためにも、この本をお勧めする。

評者:長薗安浩

(週刊朝日 掲載)

出版社からのコメント

(「まえがき」より抜粋)

瀬木さんと私は和室のこたつで向き合った。
しかし聞きたいことはあまりに膨大だった。
お茶を啜りながらのやりとりは三日間にも及ぶ。計一八時間。
当初、私が頭の中で描いていた元裁判官と記者の「対談」と
いう目論見は脆くも崩壊した。私は夢中になってひたすら話
を聞くという単なる取材者となった。水面の波紋のごとく聞
きたいことはただ広がっていった。
最高裁の真の権限とは。冤罪が起こりうる構造、国策捜査、
原発訴訟や憲法訴訟の裏に大きく広がる闇、そしてスラップ
訴訟とは……。まさに私の知らない世界のオンパレードだっ
たからである。瀬木さんは司法ド素人の私に丁寧に説明を繰
り返してくれた。
この取材以降、私の裁判への見方は大きく変わった。
法服姿で壇上に立つその人たちの日常や環境を少しだけ想像
できるようになり、そしてまた司法の裏に封じ込まれている、
恐ろしい現実をも知ることができたからだ。
私にとってもっとも衝撃だったことは、これまで盲信してい
た「三権分立」というものが極めて危うげなものであったと
いうことだ。そしてまた法務省や裁判所の正体とは……。
と、まあ冒頭からグダグダ感想を並べても仕方あるまい。本
書には裁判と裁判官の知られざる世界をページの許す限り詰
め込んでみた。もちろん瀬木さん一人に対する取材だけで、
裁判所や裁判官の全てを知ったつもりになっているわけでは
ない。しかしそれでも伺ったその内容には唸らざるを得ない。
とにかくめくっていって頂ければ幸いだ。
そこには必ず驚きがあるはずだ。

2017年4月17日 清水 潔

登録情報

  • 出版社 : 新潮社 (2017/5/18)
  • 発売日 : 2017/5/18
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 368ページ
  • ISBN-10 : 4104405035
  • ISBN-13 : 978-4104405039
  • 寸法 : 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 37個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
37 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年6月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年8月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年11月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年9月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年11月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告