通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
被害者の顔 (ハヤカワ・ミステリ文庫 13-6 8... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーデザインが画像とは異なります。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

被害者の顔 (ハヤカワ・ミステリ文庫 13-6 87分署シリーズ) 文庫 – 1976

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1976
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 被害者の顔 (ハヤカワ・ミステリ文庫 13-6 87分署シリーズ)
  • +
  • 通り魔 (ハヤカワ・ミステリ文庫 13-2)
  • +
  • キングの身代金 (ハヤカワ・ミステリ文庫 13-11)
総額: ¥2,312
ポイントの合計: 56pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 265ページ
  • 出版社: 早川書房 (1976)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150707561
  • ISBN-13: 978-4150707569
  • 発売日: 1976
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 543,164位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

87分署シリーズの一作。都市(New Yorkを模したもの)を人に喩えて形容するキザな冒頭、刑事たちの野卑な会話と煙草とコーヒーの香りが漂う刑事部屋、そして定番ではあるが刑事達のチームワーク。後の警察小説、TVドラマに大きな影響を与えたシリーズ。

本作では、捜査を進めるうちに、被害者の女が色々な顔を持っていた事が浮かび上がって来て、どの顔として殺されたのかが興味の焦点と言う趣向。どの顔として殺されたのかが分かれば、容疑者が絞れるという訳だ。被害者が実は様々な顔を持っていたというのは、A.ガーヴ「ヒルダよ眠れ」と同じ発想で書かれているが、ガーヴが主に心理面を主体に書いているのに比べ、本作では足で稼いで犯人逮捕に結びつけるという泥臭い手法で現実味を与えている。

本作執筆時は、シリーズが安定期に入ったと言え、「殺意の楔」までは好不調の波がありながらも、一定以上の水準の作品を出していると思う。しかし、読まれる方は「警官嫌い」から順番に読まれることをお勧めする。最初からのレギュラー陣は勿論の事、テディ・キャレラ、本作でデビューするコットン・ホースと次第にエピソードを伴いながらレギュラー陣が増えて行くので。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pfs7 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/3/31
エド・マクベインのあまりにも有名な「87分署」シリーズ第5作。
このシリーズや、これも有名な「マルティン・ベックシリーズ」も、よく比較されることがあるように、個性豊かな刑事たちによる地道な捜査を描く、推理小説の中でも「警察小説」と分類できるジャンルである。両方とも、最初は「地味だなぁ」と思うが、2、3作目ぐらいで、ハマっている自分に気づく。あとは順番に読んでいくのみだ。
キャラクターも魅力的だし、ストーリーも冗長でなくよくまとまっている。分厚くないので、是非食わず嫌いせずに呼んでみてほしい!
この第5作では、酒屋の女性店員が店内で殺され、推理小説では当たり前といえば当たり前なのだが、彼女の実に様々な面が明らかにされる。彼女と親権を争う前夫は彼女を飲んだくれと評し、友人は彼女は酒など飲まないという。身持ちの固い女だと言う男もいれば、ある男性には好き者と証言される。被害者の余りに多くの顔に翻弄されるキャレラたりだが・・・
この作品から、キャレラの新米部下としてシリーズキャラクター化するコットン・ホースが登場。比較的平和な地域の分署から転属になり、いきなり大チョンボをやらかすのだが、以後の作品で見事に成長を遂げていくので、今後をお楽しみに。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hoge2 投稿日 2011/1/10
生前の姿について、証人がさまざまな異なる人物像を証言する被害者の殺害を巡るミステリーですが、かなりがっかりしました。
ばらばらの人物像を示す被害者のどの姿が殺意の対象となったかというところが物語の核となるのですが、単にAのところに事情聴取に行くと被害者は「○○だった」との証言を聞くことを繰り返すだけの浅薄なストーリーが続くので、被害者のミステリアスな面がまったく生きてきません。
犯人のアリバイ工作も虚仮脅し程度で、ネタばれになるので具体的にはかけませんが、ここで犯人のアリバイを疑うなら、あっさり容疑者から除外した他の人をどうして疑わないのかと。
警官殺しを追うサブストーリーもメインストーリーから浮いていて、新キャラクターの見せ場用に後からつけたという域にとどまっていると思いました。
読むのを止めようかと思う前に、終わってしまう程度の分量なのが、唯一の救いでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告