¥7,480
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
表現・集団・国家―カール・シュミットの映画検閲論を... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

表現・集団・国家―カール・シュミットの映画検閲論をめぐる一考察 (学術選書) (日本語) 単行本 – 2019/12/28


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/12/28
¥7,480
¥7,480 ¥11,356
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

個人を集団に引き込む表現に、どう向き合うか。ヴァイマール共和国期の公法学説が示した答えを検討する。〈目次〉序章/第一章 設問の確定/第二章 検討の前提:映画検閲をめぐる議論の概況/第三章 分析1:映画検閲と「討論」の観念/第四章 分析2:映画検閲と国家の存立/第五章 設問への回答/終章

出版社からのコメント

自由な表現と国家の緊張関係

内容(「BOOK」データベースより)

自由な表現と国家の緊張関係。個人を集団に引き込む表現に、どう向き合うか。ヴァイマール共和国期の公法学説が示した答えを検討する。

著者について

阿部和文(あべ・かずふみ):大阪市立大学大学院法学研究科准教授

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

阿部/和文
1980年栃木県生まれ。2004年東京大学法学部卒業。2012年東京大学大学院法学政治学研究科単位取得満期退学(2013年学位取得)。2013年行政管理研究センター研究員。2014年首都大学東京助教。2016年大阪市立大学大学院法学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 300ページ
  • 出版社: 信山社 (2019/12/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797267968
  • ISBN-13: 978-4797267969
  • 発売日: 2019/12/28
  • 商品の寸法: 15.8 x 1.9 x 21.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 544,005位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう