この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

街道deチャーハンを食う [デウスエクスマキな食堂14年冬号] ムック – 2015/2/20


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ムック, 2015/2/20
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

ノーモア・パラパラ!
いつからチャーハン=パラパラになったのか。猫も杓子もパラパラ万歳! と、この20年で絶滅危惧種と化したしっとりチャーハン。だがしかし、それは町の中華屋さんでシッカリ息づいていた。そんな町中華が異様に密集するエリアが存在した。それが東武東上線の急行が何駅もスッ飛ばす各駅区間、そして並走する国道254号こと川越街道沿いだ。
大山~中板橋間には深夜営業の中華食堂のネオンが輝き、その先旧道沿いの商店街には、マーケットの中に町中華が現存していた。各ロケーションにあった町中華のスタイルが確立され、地域密着で地元に愛されていた。町の歴史としっとりチャーハンが織りなす、現在進行形の食文化を伝えるオールカラーガイドブック!

著者について

学生時代、映像研究及び自主映画のロケハンを通じて路地裏など人々の記憶から忘れられた風景に魅了されるようになる。
谷根千の路地裏でお一人様専門の珈琲店を営む傍ら、ブログやミニコミ誌を制作。
戦跡・廃墟・廃線・近代建築・赤線跡・団地・工場・郊外観察から酒場・大衆中華・食堂・喫茶等を巡り、都市とそこに住まう人々の生活を多角的に観察・記録する。


登録情報

  • ムック: 36ページ
  • 出版社: 密林社; 初版 (2015/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00T76JD5Q
  • 発売日: 2015/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 12.8 x 0.2 x 18.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 931,297位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう