中古品
¥ 216
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

街道をゆく (40) (朝日文芸文庫) 文庫 – 1997/5

5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 130
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 206

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

一個の人間の痛覚として、私は台湾の未来が気がかりなのである…。台湾人自身による国づくりをはじめた、この島を歩きながら考えた、華麗島(フォルモサ)の苦難と栄光の歴史。特別対談―李登輝総統・司馬/遼太郎「場所の悲哀」。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 393ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (1997/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022641487
  • ISBN-13: 978-4022641489
  • 発売日: 1997/05
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,267位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 柴守仁 VINE メンバー 投稿日 2006/1/13
形式: 文庫
 台湾2300万人はモザイク社会。

 98%の漢民族と2%原住民、または85%の本省人(400年前に大陸から渡来し、日本統治時代を体験した)と、15%の外省人(50年前に大陸から蒋介石とともに渡来したグループ)、もしくは客家人、福建人などのグループなどでも細分化される。相互の混血も進んでいる。

 つまり軸足の置き方ひとつで風景は変化するのだが、司馬氏は、かつてこの島を統治した日本人として最低限、知っておくべき視点を(本書の登場までそれがあまりにもないがしろにされていただけに)計算ずくで、ドラマチックに紹介したのだろう。

 それは、「現実の政治には立ち入らない」という「街道を行く」シリーズでの自戒を破り、日中文化交流協会代表理事の身でありながら、李登輝総統(当事)と堂々と対談し、それをあえて巻末に掲載したことや、「北京の要人に読ませるつもりで書いた」との関連発言、古くは「長安から北京へ」の中で、中国のイデオロギー第一の教育に「アホかいな」とかみついた伏線などからもうかがえる。

 初出は週刊朝日の連載なのだが、当時は北京に気兼ねする朝日新聞が、台北に支局を置いていなかったため、氏の古巣の産経新聞の人脈を前面に出すなど万事が異例づくめ。

 後に「この本を書くために生まれてきた」と
...続きを読む ›
2 コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まだ全シリーズは読めてないのだが、今まで読んだ中では最もおすすめ。
残念ながら今となっては李登輝氏が政権を去って久しいが、
本書では「新しい台湾」が生まれたばかりの躍動感を嬉々としてリポートしている。
この沸き立つような言祝ぎ(ことほぎ)は、司馬遼太郎のマイノリティ好きに端を発している。
本書を読めば分かるのだが、今でさえ、アジアに存在する国やエリア――「台湾」は後者である――の中で、
「中華民国」ないし「台湾」ほど甚だしい政治的マイノリティも珍しい。
その台湾で抑圧されてきた本省人(広義の台湾土着人)が国家元首に就くことが、
そして本省人の手によって民主化されてゆくことが、
司馬遼太郎にはどれほどめでたいことだったか、
それは彼の物書きとしての信条を崩してまで、
政治的対立のある一方の政治家に強い思い入れを見せたことでも分かる。
この司馬の行動は当時多少ならぬ波紋となったようだ。
もちろん台湾の政治的立場にあって、
「日本」や「日本人」に対して格別のサービスを見せることは、
当時の「中華民国総統」李登輝氏にとってもかなり複雑な政治的効果を生む「敢為の行動」であり、
これら、相互のこもごもを日本語の慣用句で表現するなら、
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 草雲雀 VINE メンバー 投稿日 2006/9/26
形式: 文庫 Amazonで購入
私はこの4月から台湾駐在となった日本人です。赴任前にいろいろ台湾関係の本を探して読みましたが、その中でもこの本は必読書の中の一冊と思われます。まず歴史背景を知り、その上で台湾の人たちの思考の背景にあることを知る。口に出していいことなのかどうなのか、彼らの思考の背景にあることを知らなければ闇夜を手探り歩くようなものです。その意味で非常に参考になった本です。また、久方ぶりに司馬遼太郎の語り口を味わい非常に懐かしかった。私のペンネームもこの作家の書の一節から取ったことをふと思い出しました。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本を読めば、台湾の成り立ちや戦中・戦後の歴史、現代の中台関係などがよくわかります。私も台湾に旅行しましたが、台湾紀行を読んでおいたおかげで意義の深い、良い旅行ができました。
著者は自分が日本人だから日本びいきしてしまうと断ってはいるものの、本書に書かれていることはどれも事実であり、また真実にも近いものだと実感しています。二二八事件のことも、二二八記念館に行けば本書を追うようにわかります。
八田與一技師が東洋一のダムを作った話しが出てきますが、今でも墓も銅像もあり、記念館さえあります。烏山頭水庫という巨大なダムも未だ健在で、完成してから75年経った今でも嘉南平野を潤し続けています。
台湾は近いので簡単に旅行できますが、台湾に行くなら必読と言っても良い本だと思います。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 大学で蒙古語を専攻した著者がモンゴルに寄せた思いは、『街道をゆく−モンゴル紀行』『司馬遼太郎の風景〈2〉NHKスペシャル「湖西のみち・韓のくに紀行・モンゴル紀行」』に訪ねレビューも書きましたが、台湾への思い入れも特別。植民地進出は他民族の自尊心という背骨を砕く国家悪の最たるもの、台湾は台湾人の国だ、主権を振りかざしチベット・新疆・内蒙古の如く中国が台湾を取り込むなら人類史の惨禍になる、教養高く名利の欲薄い“本島人”李登輝総統(当時、任期一九八八年から二〇〇〇年)指導下の民主化・法治体制台湾に、住民に根ざす国家の“人類のモデル”づくりを期待する、などと話す所に司馬氏の人々・郷土・祖国についての想いが表れています。それは歴史的に圧倒的他勢力の政治に翻弄され続けてきた彼の地の人々への惻隠の心と自ら証します。そんな台湾をして(嘗ての)“日本の風景”がその美徳の味を伴って見え隠れ。東海岸の都市・花蓮では戦前日本の街並みや人情に触れたり、中南部の嘉義では「千金の小姐(シャオチエ)」と呼ばれた女性に「日本はなぜ台湾を見捨てたのか?」と問われたり、山地人の人々の意思疎通には日本語が実用公用語として用いられていたり、安野光雅画伯の純真さに『小学唱歌集』を編纂し台湾でも尽した伊沢修二の音楽教育(少年少女期の童心純化で終生感受性を保つ)の成果を見出したりと。中でも“中華民族傑出人物”の伝記集『台湾名人...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック