Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 524

¥ 42の割引 (7%)

ポイント : 97pt (18%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[こうの史代]の街角花だより (アクションコミックス)
Kindle App Ad

街角花だより (アクションコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.6 23件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 524
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,470
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 2,490

紙の本の長さ: 137ページ 街角花だより (アクションコミックス)と類似の本

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

1つの花に想いを託せば、新しい人生までも見えてくる…。花を心から愛している花屋の店長と店を訪れる客たちとのハートフル・ストーリー。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 47145 KB
  • 紙の本の長さ: 1 ページ
  • 出版社: 双葉社 (2007/3/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00C0SEQ4G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 pommier_pomme トップ1000レビュアー 投稿日 2007/4/12
形式: コミック
春のうららかな日に、ぼーっとして何をするでもない日に、ひざに乗せたいのはこんな本です。それだけで一日が穏やかに流れ、ふうっとしあわせな気持ちに包まれる。そんなあたたかなちからが、この本には宿っています。

腹をかかえて笑うようなギャグまんがではないと思います。ちょっとにやっとする感じですね。なんとでもない、取るに足らない日常のふとした瞬間を切り取って、ちょっとした笑い(たとえばメガネ店長のメガネをはずしたときの異常にきれいな目、しあわせをよぶスミレ、花言葉で会話する、など)を混ぜています。

笑いなんだけれど、ほんわか暖かいほのぼのまんがなんだけれど、私が一番好きなのは、こうのさんの漫画にある、一瞬時のとまったような、まじめな瞬間。

登場人物の顔がふしぎに輝いて、ふとたちどまってしまうような力のあることばを発する瞬間があるのです。

その瞬間は、ぞくっとするほどきれいで、こうのさんの独特のものだなあと思う。

何度でも読みたいと思いますね。読めば読むほど、味が出ると思います。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
内容の前に装丁のことを書くのはどうかとは思いますが、

非常に本の内容にあわせた装丁だと思います。だから余計

ページをめくる手がわくわくしますよね。

話しの詳細は書くだけ野暮というもの。

なんてことのない話しの連続体ですが、なんでしょうね、この暖かさは。

登場人物は決して良い環境にいるとは思えないけど、

なんか、幸せそうで。きっとこれは作者の底流にある譲れない部分

なのかと勝手に推測しています。

途中短編が2作入っています。それぞれ毛色は違うものの、

やっぱりほんわかしていて、好きですよ。

「夕凪の街 桜の国」以来、ファンページを覗いても、掲示板の書き込みを

見てみても、作者が想像もしていなかった”批評者”たちが跋扈していますが、

それは作者の望むものではないんじゃないかなぁと、私は思いました。

「ぴっぴら帳」「長い道」「こっこさん」などの

なんてこともない、それでいて魅力的な日常をつづったまんがたちも

素敵ですよね。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヤキソバ 殿堂入りレビュアー 投稿日 2007/3/20
形式: コミック
収録作品のうち、いくつかは、4コマ誌で読んだ事があります。

色々な雑誌に掲載されたものが、一冊の単行本となったものの様です。

内容は適度にギャグっぽく、どちらかと言えば、他愛の無いものです。

ただ、さりげない温かさと、著者の花に対する愛情に満ちています。

さらに、特筆すべきは、絵が大変美しい事です。

特に大きな絵は、まるでエッチングの様に、無数の細かい線が描き込まれ、

全体が包み込む様な温かさに満ちていて、かつ、迫力があります。

所々に、風景などのカットが配され、これらも見物です。

これは、著者の他の作品でも一貫しています。

ほのぼのと癒される一冊です。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
たまたま雑誌掲載時の最終回を読んで感動しました。マイナーなまんが家さんなので単行本になることも無いだろうと諦めていましたが、こうのさんのまんがが賞をもらったり、映画化されたりブレイクした影響からか、めでたくこの作品も単行本が出版されました。

前々からこのいい内容のまんがを描く人がマイナーなまま終わっていくのは惜しいと思っていましたが、映画化等、日の目を見る様になって嬉しい限りです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
少し前の作品なども載せてあるので、ちょっと絵柄に違和感があるところもあるが、やっぱりこうの史代さんの作品。

全編通してやさしさと、温かさと、笑いが散りばめられています。

内容は、タイトルの「街角花だより」が新旧2つと、短編が2編載っていて、どれもこれも読んでいて自然と笑みが浮かんでくるような作品。

だが、どんないい話でも、それを単なるいい話で終わらせないのがこうのワールド。

最後にきっちり(時にはちょっとブラックな)オチが付く。

あからさまに感動させようとせず、ちょっと肩の力を抜いた感じのこのスタンス。

これが絶妙だからこそ、何度も何度も読み込んでしまうのだろう。

ちなみに、こうのさんの描く女性の横顔は本当に素敵だ、ということをこの作品で再確認。

横顔を書かせたら日本一??
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover