¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
街角図鑑 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

街角図鑑 単行本(ソフトカバー) – 2016/4/28

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,013

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 街角図鑑
  • +
  • タイポさんぽ改: 路上の文字観察
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



表紙は大野智!推理作家協会賞など3賞発表ほか
『小説 野性時代 第164号 2017年7月号』予約開始 こちらチェック

商品の説明

内容紹介

パイロン、マンホール、送水口、段差スロープ…
集めることで見えてくる、街角デザインの秘密!

パイロンの役割とはなんだろうか。
注意喚起と物理的な柵として使われることがほとんどだろう。
そこでちょっと考えて欲しい、パイロンを柵として設置した人の気持ちの奥底を。
それは、私有地にあるのか公有地にあるのか。固定されているのか動かせるのか。
数は? 間隔は? メンテナンスは?

そう言われると、街中のパイロンが気になってくる。
赤いの、赤白、上が欠けてるもの、ベースに錘をはめているもの、壊れているもの…。
街中にある、私たちの生活に欠かせなかったり、とても重要な役割を果たしているものは、
実は「視界に入っていなかった」だけ。そこに気づくと、俄然、街はおもしろくなる。

さらに、数を集めると、秘められたデザイン意図や、使う人の無意識が見えてくる。
街歩きが楽しくなる、路上観察に目覚めてしまう図鑑です。

【寄稿】(掲載順)
境界標のなかま(小金井美和子)
舗装のなかま(石川初)
縁石・排水溝のなかま(石川初)
マンホール蓋のなかま(小金井美和子)
井戸ポンプのなかま(柏崎哲生)
あぶり出される境界線(石川初)
仮設と常設/重力が支配する/指標としての路上園芸
路上園芸(村田彩子)
のぼりベース入門(伊藤健史)
勝手ミラー(磯部祥行)
雰囲気五線譜(大山顕)
装飾テント(内海慶一)
送水口のなかま(佐々木あやこ)
送水口鑑賞ノート(木村絵里子)
擬木のなかま(伊藤健史)
街角にあふれる「お店では買えないモノ」のデザイン(八馬智)

【本書で採り上げるもの】
パイロンのなかま
ガイドポストのなかま
防護柵のなかま
車止めのなかま
段差スロープのなかま
タイヤ止めのなかま
単管バリケードのなかま
のぼりベースのなかま
電柱の生態系
信号機のなかま
道路標識のなかま
街路灯のなかま
カーブミラーのなかま
回収ボックスのなかま
郵便ポストのなかま
透かしブロックのなかま
外壁のなかま
シャッターのなかま
擁壁のなかま
消波ブロックのなかま
街角を作る素材
フィールドワークのすすめ

内容(「BOOK」データベースより)

集めることで見えてくる、街角デザインの秘密。路上観察の新たな地平。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 160ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2016/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 440811183X
  • ISBN-13: 978-4408111834
  • 発売日: 2016/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 244,849位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カンカラ トップ100レビュアー 投稿日 2016/5/28
形式: 単行本(ソフトカバー)
パイロン(コーン)、防護柵、マンホール蓋、
郵便ポスト……。
普段、街角で当たり前のように見ることができ、
お世話になっているモノたち。この本は豊富な
写真を基にどんな種類があるのか、各部の名称
・役割などを紹介する、路上観察系図鑑をうた
う内容。

パイロンやガイドポストなどの各部名称などは
知らないので役に立つ。また、最近、カエルや
ウサギなどの動物キャラやキャラクターものが
街なかで目立つ単管バリケードの写真は見てい
て楽しい。出始めの頃に仙台に出張に出かけた
際に見たのですが、地元の企業が手がけている
のがわかり、納得しました。

ただ、複数の執筆者がいるためにジャンルによ
って内容にレベルの差がある。単に受け狙いの
軽い文章になっているものも多く、書籍という
より、マニアがまとめたネットニュース、ブロ
グの域で本として読むには物足りないものも多
いです。

また「図鑑」と銘打つには致命的な点も。その
ものがなぜ登場したのか、どう普及してきたの
か、高いシェアを持つ企業はどこかなどなどの
「そもそも論」が掲載されていま
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
天国の赤瀬川原平先生もお喜びでしょう,このような素晴らしい本の上梓に至っては.

これを子供向けの図鑑や,何かしら資料目的で買うのはある意味間違いです.
ASKULのカタログのような単なる身の回りの物品の羅列ではありません.
この本が教えてくれるのは,それら物品に対する着眼の方法論です.
(ちなみに帯に「デザインの秘密」とありますが,別に都市デザインを語る本でもあ
りません.)

「雰囲気五線譜」のところで詳述されていますが,我々は同じものを見ても,違った
ように認識するという,パラレルワールドに住んでいるということを教えてくれます.

例えば,マンホールに興味がない人や送水口に興味がない人(役割すら知らない
人)には,マンホールや送水口が目に入っていても認識はしていないでしょう.
ところが,本書の素晴らしい執筆者の皆様は,独自の着眼と愛着を持って,
マンホールや送水口などを独自のターゲットを愛しており,それらが網膜周辺に
入ろうものならば,吸い寄せられ,時にシャッターを押し,そして時にその製造
者や設置理由を調査し,さらには現状の状態に至った経緯(例えばなぜ破損
したか)を想像されるわけです.
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
街でみかけるような様々なものを、写真付きで解説しながら紹介している本。

そのものは結構見かけているのに、意外とその名前や形を知らないものが多く、案外見ているようで見ていないのだなと気付かされる。
また、形も地域や年代、用途によって様々な形をしていて、写真を見ているだけでも面白い。
普段見過ごしてきていたものを再発見しているような感覚になり、自分の近所のものはどんな形をしているのか気になってくる。
思わず外に出て見比べたくなる。

また、写真だけでなく、そのもののパーツの名前や用途、解説などもきちんとついていて、ただの写真集とは一線を画したような作品になっている。
なかなか仕上がった本として出来上がっている。

ただ一回読めば十分かな…。何度も繰り返し読みたくなるような内容ではなかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この数年町歩きが楽しい。路上にあるもの、町並み、古地図との比較、建物。
色んなものに興味惹かれる。絵や書、美術館や博物館にあるようなものばかりではなく、
少しは現実味帯びたものでも楽しめる、老成した部分が出てきたのかな。

こうやって分類・分析しながら比較検討してみると、色んなものが話題にできる。
標識に看板、その書体やレタリングのデザインあれこれ、最近話題のマンホール、
庶民の暮らしが見え隠れする路上の鉢植え、植木の蘊蓄等々。

雑学に過ぎないと思われるかも知れないが、身の回りにある者に目が行かない生活もどうかと思う。
ちょっとしたデザインの違いで使い勝手も見た目も変わってくる。
時代の変遷、未来への志向、何を感じるかは私達の自由だからこそ楽しい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー