こちらの本はKindle Unlimited読み放題に含まれています
¥704
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。Kindle無料アプリがあれば、さまざまなデバイスで読書が可能。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
街場の大学論 ウチダ式教育再生 (角川文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


街場の大学論 ウチダ式教育再生 (角川文庫) (日本語) 文庫 – 2010/12/25

5つ星のうち4.4 15個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥704
¥692 ¥1
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 街場の大学論 ウチダ式教育再生 (角川文庫)
  • +
  • 街場の教育論
  • +
  • 困難な成熟
総額: ¥3,289
ポイントの合計: 38pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本の大学は今や「冬の時代」を迎え、私立大の40%が定員を割っている。この危機の中、多くの大学は「市場原理」を導入し、過剰な実学志向と規模拡大化に救いを求めている。この現状は学生を真の「学び」へ導くのか?大学の社会的使命とは何か?最も信頼できる論客が、大学の原点に立ち帰り放つ、画期的教育再生論。文庫化に際し、文科省国立大学法人支援課長・杉野剛氏との「大学の行方」をめぐる新対談も追加収録。

著者について

●内田 樹:1950年生まれ。神戸女学院大学教授。今や日本で最も信頼できる論客。『日本辺境論』(小林秀雄賞受賞)など名著多数。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
評価の数 15
星5つ
45%
星4つ
48%
星3つ
8%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2018年8月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2011年6月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2013年1月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年11月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2018年6月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
VINEメンバー
2011年6月3日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年1月30日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年2月6日に日本でレビュー済み
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告