通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
街を浮遊する少女たちへ―新宿で“待つ”“聴く”を続... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 hon1088
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2009年1刷、少ヤケ、カバー・帯付、線引等なし
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

街を浮遊する少女たちへ―新宿で“待つ”“聴く”を続けて50年 単行本 – 2009/2/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 99

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新宿で五〇年間、少女たちに出会い、心ひらくまで待ち、心のつぶやきに耳をかたむける…。家出をした少女、性を商品化する少女、暴力をふるわれた少女。異性との関係に悩む少女。希薄な人間関係のなかで、学校や家庭から外に向かっていく少女。相談員として、彼女たちの「止まり木的」存在でありつづけている著者は、ときには、人生のさまざまな「再出発」にも伴走する。いまの「性と生」を綴る、稀有なエッセイ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

兼松/左知子
1925年中国東北部(旧満州)で生まれる。44年恵泉女学園高等部を卒業、同年再び、旧満州へ。敗戦後、その地に残り、53年に帰国。57年に東京都社会事業学校を卒業、同年、東京都相談員として、新宿区婦人相談員になる。定年後以降の現在も、新宿で相談業務にあたっている。エイボン功績賞、東京弁護士会人権賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 145ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2009/2/26)
  • ISBN-10: 4000248073
  • ISBN-13: 978-4000248075
  • 発売日: 2009/2/26
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,257,280位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう