Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥ 99

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[山森ススム]の行方不明 (ハクダイ文庫)

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


行方不明 (ハクダイ文庫) Kindle版

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
このKindle版は、読者によって問題が報告されています。問題の詳細: フォーマットの不備.
出版者に対して、問題箇所の修正依頼が通知されています。
品質に関するお知らせ

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 99

紙の本の長さ: 23ページ

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleマンガ ストア】: 人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleマンガ ストア へ


商品の説明

内容紹介

主人公・北大路龍之介は人からノストラダムスと呼ばれている。ある日、目の前で転んだ買い物帰りのお婆ちゃんを助けた北大路はそのお礼にと1人暮らしのお婆ちゃんの自宅に招かれる。そこで北大路はある預言をする。ロケットの災難……。それを聞いたお婆ちゃんはたくさんのロケットの写真が飾られた部屋を北大路に見せ、お婆ちゃんが55年間待ち続けている宇宙飛行士の恋人の奇妙な一件を話し始める。そして、その恋人が55年ぶりに地球へ帰ってくることになったという。北大路はお婆ちゃんの認知症を疑い、また今回の自分の預言は未来ではなく過去の出来事でしかなかったのかといまいち腑に落ちない。
「ロケットの災難」とは一体なんなのか……。
SFファンタジーに謎解きが交差する、伝説の劇画家「山森ススム」による新作劇画短編。

*山森ススムについて*
1955年(昭30)『金龍街の狼』でデビュー。 スリラー、サスペンス作品に傑作が多い。劇画創成期のマンガ(劇画)家グループ「劇画工房」のメンバー。 総勢8名が参加した劇画工房の山森以外のメンバーは次の7名。石川フミヤス、K・元美津、さいとう・たかを、桜井昌一、佐藤まさあき、辰巳ヨシヒロ、松本正彦、以上50音順。
昭和30年代の約10年間、マンガ家として活動するが、その後は西陣の世界へと転身する。 引箔織による帯や草履、鞄加工など様々な商品を手がける。現在は螺鈿の工芸作家として活躍している。
http://kyoto-hakuho.com/

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 12570 KB
  • 紙の本の長さ: 23 ページ
  • 出版社: ハクダイ文庫; 1版 (2015/4/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00VTL4ANM
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2015年4月27日
形式: Kindle版Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年5月25日
形式: Kindle版Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月26日
形式: Kindle版
click to open popover