通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
行政救済法 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

行政救済法 単行本 – 2007/11/22

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,564
¥ 3,564 ¥ 1

この商品には新版があります:

行政救済法 第2版
¥ 3,780
(2)
在庫あり。

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

●条文と判例から学ぶ「行政法」入門!

抽象度の高い「行政法総論」を最初に学ぶことで、行政法嫌いになったあなたを救う、本当の意味での「行政法」入門!
「行政不服審査法」「行政事件訴訟法」「国家賠償法」という救済3法の条文の構造を解説しながら、行政法の基本を理解させる、試験直前の総復習にも有効なテキストです。

【本書の特長】
●条文と主要判例の解説を中心にした入門的テキスト
●行政不服審査法・行政事件訴訟法・国家賠償法という「救済3法」の条文の構造を解説
●行政手続法の基本構造の説明も含む
●2色刷とイラストで楽しくビジュアルに学べる
●法科大学院生の自習に、学部生の予習復習用に最適
●抽象度が高い理論を学んで「行政法嫌い」になった読者を救済
●試験直前の総復習にも有効なミニ・コンメンタール

内容(「BOOK」データベースより)

「救済3法」の条文の構造と主要判例の解説で行政法の基本がよくわかる。試験対策にも役立つミニ・コンメンタール。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 424ページ
  • 出版社: 弘文堂 (2007/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4335354045
  • ISBN-13: 978-4335354045
  • 発売日: 2007/11/22
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 908,293位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
行政法の有名どころが執筆されたものです。

現役、法科大学院生の一人として本書を一読した感想ですが
内容は、行政事件訴訟法をはじめ
各条文で問題となった「判例」と「条文の解説」から成る
いわゆる逐条解説のような構成。

じゃぁ、択一六法のようなものか?といえば
そういう本では、無い。
択一六法のような最低限の行政法のイロハ(定義、入門事項等)については、
全くすっ飛ばして書いている。
利用方法いかんによれば、択一の勉強になるかも知れませんが、
択一六法だと思って購入しては、外れるかな・・・。
たとえて言うなら、民法のコンメンタール。

私見ですが、このタイプの本は
本当に必要になった時に、買い足せば良いいくらい。
図書館での閲読で足りたな、と思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告