Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 642

¥ 384の割引 (37%)

(税込)
ポイント : 133pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[友野 典男]の行動経済学~経済は「感情」で動いている~ (光文社新書)
Kindle App Ad

行動経済学~経済は「感情」で動いている~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 3.9 75件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 642
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,026 ¥ 124

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

人は合理的である、とする伝統経済学の理論は本当か。現実の人の行動はもっと複雑ではないか。重要な提言と詳細な検証により新たな領域を築く行動経済学を、基礎から解説する。

出版社からのコメント

■推論してみよう。一番「合理的」な金額はいくらか?
問題:あなたは1000円渡され、見知らぬ誰かと分けるようにと言われた。自分の分として全額手元に置いてもいいし、一部を自分で取り、残りを相手に渡してもよい。ただし相手には拒否権があり、相手がその額を受領したらあなたの提案どおりに分配されるが、相手がそれを拒否したら2人とも一銭ももらえないとする。あなたなら相手にいくら渡すと提案するだろうか?(第1章より、解説は53頁)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2942 KB
  • 紙の本の長さ: 348 ページ
  • 出版社: 光文社 (2006/5/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GU4R8M8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 75件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,002位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
人間の感情を重視する経済学、「行動経済学」についての本。

いくつもの思考実験や具体例を通して、
いかに人間の行動は合理的とはほど遠いか、考えさせられます。

私は標準的経済学のことはわかりません。
しかし、そんな私でも上記の具体例が興味深く、楽しく読むことができました。

千円手に入れたときの喜びよりも、千円なくしたときの悲しみの方が大きくありませんか?
食べ放題の店に行ったら、お腹が苦しくても元を取ろうとしませんか?
600人中、200人が死ぬ政策よりも、400人が助かる政策の方がよく思えませんか?
ピンと来た方、オススメです。

400ページと新書にしては厚いし、内容がやや難しいところがあるので、
サクッとは読めないかもしれません。
しかし、何度も目から鱗が落ちるし、実生活で役に立つ知識も多いです。
飛ばし飛ばしでも、ぜひ読んでみてください。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
経済的局面において人々が実際に選択する行為と、標準的経済学が予期する、効用を最
大化し合理的選択をすると仮定されている「経済人」との間には乖離がある。それらに
ついて深く掘り下げたのが本書である。
本書はなぜ人は「経済人」のように合理的な行動ができないのか、損してまで感情的行
動を起こしたり、将来の大きな利益を省みず、目先の小さな利益に飛びついたりするの
か等の謎を解くヒントになるだろう。さらにこれらは人の生物としての合理性(だっ
たの)ではないかということが次第に明らかにされる。
しかし、本書を読んで「経済学が根底から瓦解した」なんて誤読してはいけない。著者
自身も書いているように、「経済学で長年に渡り蓄積されてきた理論に認知心理学の成
果を取り入れて改良するというのが行動経済学の目指すべき方向であって、標準的な経
済学を全面的に放棄あるいは解体して、新しい経済学を一から建設するというものでは
ない」からだ。
さらに(実はというべきか)、この種の適応的合理性という性質は、進化社会学や社会
心理学の最近の知見について既知の読者ならば、さほど真新しさを感じないのではと思
われる。逆に本書を読んで、はじめてその面白さに触れたなら、そちらの入門書等を
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
2002年にノーベル記念経済学賞を受賞したカーネマンとトヴェルスキーが開拓した

経済学の新分野「行動経済学」を俯瞰的に紹介した良書。経済学もしくは経済学を

ベースにした経営学を学んだ人には役に立つ本だと思う。

これまで、経済学では前提条件として合理的な人間を想定し、その下に理論構築・

実証研究が行われてきた。近似的に正しいと納得できる結論もあれば、どこか現実

感覚にそぐわない結論もあった。後者は理論上の帰結と現実とを粒さに眺め、傍証

を用いて説明するしか方法が無かった訳だが、それを実験を通じた心理学の手法で

体系的に実証したところにこの分野の意義がある。その実証分析から導き出された

結論をまとめたものの一つが本書である。これまで経済学を学び、知識を更に獲得

したいと思っている人には経済学の新分野を学ぶ上で有意義なものであると思う。

しかしながら、新古典派経済学に闇雲に批判的な人が読むことはお勧めしない。

この本は決して「人間が非合理だ」と主張する本ではなく、「合理性を追求できな

い理由」を分析した本である。本書でも引用され
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
「行動経済学(経済は感情で動いている)」を読んだ。

この本によれば、人は損得勘定だけではなく、直感や感情も含めて選好しているのだという。
行動経済学の理論、効果には次のものがある。

1.ヒューリスティクス

人は、意思決定にヒューリスティクス(直感)を使用する。
ヒューリスティクスには、一定のバイアス(偏り)が含まれる。
ヒューリスティクスには、次の代表的な例がある。

利用可能性 ・・・ 知っているもの、イメージしやすもの、具体的なものを優先して判断材料にする。
代表性 ・・・ 一部の典型的な事象を、あたかも全体の事象として判断材料にする。「リンダ問題」
アンカリング ・・・ 初見の情報を基準とし、それに調整したものを判断材料にする。

2.プロスペクト理論

人は絶対値ではなく、相対的な変化に反応する。
例えば、年収100万円の人が300万円になれば喜ぶし、年収500万円の人が300万円になれば悲しむ。同じ300万円なのに。
プロスペクト理論には次の特徴がある。

参照点依存性 ・・・ 参照点からの移動が価値をもたらす。
感応度逓減性 ・・・ 小さな変化は大
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す