¥924
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
行動経済学の逆襲 上 (ハヤカワ文庫NF) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

行動経済学の逆襲 上 (ハヤカワ文庫NF) (日本語) 文庫 – 2019/10/17

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥924
¥924 ¥1,783
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 行動経済学の逆襲 上 (ハヤカワ文庫NF)
  • +
  • 行動経済学の逆襲 下 (ハヤカワ文庫NF)
  • +
  • 行動経済学の使い方 (岩波新書)
総額: ¥2,772
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

新たな学問はこうして生まれた!
ノーベル経済学賞に輝いた著者が語る全舞台裏

経済学界の異端児が、心理学者と協働し、仲間を作り、経済学者に反撃する!
ノーベル賞に至る、行動経済学誕生のすべてがここに。

「行動経済学を発明した天才は、稀代のストーリーテラーでもある」
――ダニエル・カーネマン(ノーベル経済学賞受賞者。『ファスト&スロー』)

「経済学に人間らしさを導入して、よりよい行動をそっと後押しする「ナッジ」を政策に定着させた開拓者の物語」
――大竹文雄(大阪大学大学院経済学研究科教授)

「現代経済学に関心のある人には必読の好著」
――根井雅弘(京都大学大学院教授、本書解説より)

「創造的破壊のドキュメンタリー。経済学に関心がない人にこそ読んでほしい、最上の知的エンターテイメントがここにある」
――楠木建(一橋大学教授。『ストーリーとしての競争戦略』)

「行動経済学一代記! 学者人生の中での試行錯誤を通して見えてくる新分野誕生の悩みと興奮の全貌」
――山形浩生(評論家・翻訳家)

「「ぐうたら」セイラ―教授の半生記は、「人間の不合理さ」を直視する行動経済学の発展史そのものだった」
――吉崎達彦(かんべえ)(双日総合研究所チーフエコノミスト)

「読むべき。行動経済学のガイドとしてこれ以上の本はない」
――ロバート・J・シラー(ノーベル経済学賞受賞者。『アニマルスピリット』)

「大学教授が書いたとは思えないほど、赤裸々で笑える本だ」
――マイケル・ルイス(作家。『マネー・ボール』)

目次
第1部 エコンの経済学に疑問を抱く 1970~78年
第2部 メンタル・アカウンティングで行動を読み解く 1979~85年
第3部 セルフコントロール問題に取り組む 1975~88年
第4部 カーネマンの研究室に入り浸る 1984~85年
第5部 経済学者と闘う 1986~94年

内容(「BOOK」データベースより)

従来の経済学は完全に合理的な人間像を想定してきたが、そんな人は地球上に一人もいないのでは?根本的な疑問を抱えた「ぐうたら」経済学者は、意思決定の不合理を探究する心理学者たちに出会う。彼らとの協働はやがて「行動経済学」という新たな学問へと結実していくが、それは同時に、学界の権威たちとの長きにわたる戦いの始まりだった…。ノーベル経済学賞を受賞した異端児が、学者人生の軌跡と喜怒哀楽を語りつくす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: 早川書房 (2019/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150505470
  • ISBN-13: 978-4150505479
  • 発売日: 2019/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 10.9 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,008位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2019年11月1日
形式: Kindle版
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告