通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
行動主義―レム・コールハースドキュメント がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【ステータス:古書・初版・帯付き・状態経年相応】通販限定在庫なので、注文後キャンセルはございません。 中古品のため商品は相応の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。また、書き込み・印などもございません。ステータス欄に古書との表記がある場合は、経年相応のダメージがある上での評価となります。その他状態につきましてはAmazonコンディションガイドラインに準拠致しますのでご確認をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

行動主義―レム・コールハースドキュメント (日本語) 単行本 – 2004/3/15

5つ星のうち3.8 18個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,980
¥1,980 ¥64
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から260円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 行動主義―レム・コールハースドキュメント
  • +
  • 錯乱のニューヨーク (ちくま学芸文庫)
  • +
  • S,M,L,XL+: 現代都市をめぐるエッセイ (ちくま学芸文庫)
総額: ¥5,170
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

商品説明

   レム・コールハースという建築家をどう紹介すべきだろうか。あるものは彼をこの30年間の建築をリードした革新的建築家と評し、あるものは悪魔と取り引きをしたメフィストフェレスのような人物と評する。そしてある意味でこの建築家にそうした2つの顔があることは事実である。

   現代の建築家はかつての建築家とはくらべものにならないほどに複雑な状況に取り囲まれるなかで建築に取り組んでいる。利益を追求する経済、グローバル化する一方でローカルな文脈の絡みついた政治、困難さを増す社会問題と実効性を求められる解決、こうした複雑さの結節点のひとつとして建築は存在している。そしてまた以前なら一笑に付されたような建物の形態が技術によって実現可能となり、解決にあたっての選択肢はとりとめなく広がっている。一方で解きほぐし難い困難な問題があり、他方で必要ならばほとんどあらゆる解決が可能であるという両極端が現代的な建築家が直面している現実である。コールハースはこの圧倒的なリアリティーと直面することで自らの建築を作ってきた。

   あるときは度胆を抜くような大胆さと猥雑な露悪趣味をもって旧来の建築のイメージを打ち破り、あるときはロジカルかつ即物的な表現によって美的感性の矮小さをわらう。徹底的に可能性を使い尽くそうとする貪欲な姿勢は間違いなく建築家のひとつの典型であるが、人間性や調和のような古典的規範など彼は一顧だにせず、まして予定調和的均整からほど遠い。

   そんな彼の日常(これほど彼に似付かわしくない言葉もあるまい)を追いかけ、その旺盛な活動を傍らでドキュメントする本書が読み物としておもしろいのは当然かもしれない。世界中を飛び回り有能なコラボレーターと協働しながら建築の常識を覆していく彼の活動は華やかには違いない。しかし同時にその八面六臂の活躍を支える超人的タフさを垣間見たとき、そうまでせねばならぬものかといささか辟易するのも自然だろう。コールハースは理想化され手放しに称賛される建築家ではなく、本書もそのデリケートなポイントを確かめようとしている。しかしいずれにしてもそのリアリティーを垣間見るとき、複雑な感慨と敬意を抱かざるを得ない。(日埜直彦)

内容紹介

見て、聞いて、撮って、話しました。
この人はいったい何を求めているのか?

微妙に選ばれた言葉をひとつひとつ重ね、自分の論理を構築していく。 最初は無茶な論理に見えたこともコールハースの一言一言を追ううちに、われわれは発想の転換を迫られ、飛躍させられて、ついには彼の言うところに納得してしまう。いつも世界のどこかに神出鬼没し、休むことなくハイテンションで考えつづけているこの人はいったい何を求めているのか。

これまで世界の建築・経済・コンピュータをはじめ、多領域の文化人を取材しつづけてきたジャーナリスト瀧口範子が、建築分野の枠、国境の枠にとらわれずに活躍するコールハースをさまざまな視点から観察した記録。このドキュメントでは、世界をリードしつづけるコールハースのクリエイティビーティーは、ふつうでは考えられない程のタフな行動に支えられていることが分かります。コールハースとともに走るブレーン11人へのインタビューも収録。さまざまな分野をクロスオーバーしながら思考しつづけるコールハースが挑む知的挑戦の姿が伺えます。

内容(「BOOK」データベースより)

コールハースは、微妙に選ばれた言葉をひとつひとつ重ね、自分の論理を構築していく。最初は無茶な論理に見えたことも、彼の一言一言を追ううちに、発想の転換を迫られ、飛躍させられて、ついには彼の言うところに納得してしまう。いつも世界のどこかに神出鬼没し、休むことなくハイテンションで考え続けている。この人はいったい何を求めているのか。ジャーナリスト滝口範子が激しく行動するコールハースに振り回されながらも、しがみついて追いかけた。コールハース、そして彼とともに走るブレーン11人へのインタビューも収録。

内容(「MARC」データベースより)

ジャーナリスト、脚本家から建築家へ転身後、マンハッタンの成り立ちをゴーストライターとして解き明かし、建築の実作なくして建築界へ華々しくデビューしたコールハース。世界を飛び回る建築家への密着取材の記録。

著者について

Rem Koolhaas

建築家、思想家、脚本家。
1944年アムステルダム生まれ。幼少期をインドネシアで過ごす。
ジャーナリスト、脚本家として働いた後に、建築家への転身を決意、ロンドンのAAスクールで建築を学ぶ。1972年にニューヨークへ渡り、滞在中に記した著書『錯乱のニューヨーク』で、マンハッタンの成り立ちをゴーストライターとして解き明かし、未だ建築の実作なくして建築界へ華々しいデビューを遂げる。1975年にOMA(Office for Metropolitan Architecture)を設立。以来、文化施設クンストハル、シアトル公立図書館、ポルト・コンサートホール、都市計画ユーラリール、ボルドーの家などさまざまな規模のプロジェクトを手掛け、作品ごとに世界を読み取る自らの手法を世に問うてきた。1995年にはハーバード大学教授に就任、同年著書『S, M, L, XL』出版。北京の中国中央電視台本社ビル(CCTV)は、2008年の竣工が早くも世界から注目されている。
実現した建築と同時に、コンペで優勝を逃した案、あるいは途中で中止になった建築など、実現しなかった多くの作品が、常に挑戦的なアイデアに満ちて建築界の話題をさらってきた。広く思想界の知の巨人として、今も世界を挑発し続けている。2000年プリツカー賞、2003年世界文化賞受賞。


瀧口範子 たきぐちのりこ

ジャーナリスト、編集者
テクノロジー、ビジネス、建築・デザイン、文化一般に関する原稿執筆を行ない、
またテレビ番組制作、展覧会、会議などのコーディネーションに携わる。
上智大学外国語学部卒業。1996-98年フルブライト奨学生として(ジャーナリスト・プログラム)、スタンフォード大学工学部コンピュータ・サイエンス学科にて客員研究員。
現在、シリコンバレーと日本を往復して活動する。
訳書に『ピーター・ライス自伝 -あるエンジニアの夢見たこと-』(鹿島出版会 共訳)、
『ソフトウェアの達人たち』(ピアソン・エデュケーション刊)がある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

滝口/範子
ジャーナリスト、編集者。テクノロジー、ビジネス、建築・デザイン、文化一般に関する原稿執筆を行ない、またテレビ番組制作、展覧会、会議などのコーディネーションに携わる。上智大学外国語学部卒業。1996‐98年フルブライト奨学生として(ジャーナリスト・プログラム)、スタンフォード大学工学部コンピューター・サイエンス学科にて客員研究員。現在、シリコンバレーと日本を往復して活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 438ページ
  • 出版社: TOTO出版 (2004/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887062338
  • ISBN-13: 978-4887062337
  • 発売日: 2004/3/15
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 304,366位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
評価の数 18

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

18件のカスタマーレビュー

2013年7月5日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年12月1日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年2月12日
形式: 単行本Amazonで購入
2004年8月27日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年1月21日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年9月14日
形式: 単行本
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年4月4日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年7月19日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告