中古品
¥5,346
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 にゃんこ堂☆
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古品のため多少のスレ、クスミ、ヤケ, 折れ等がある場合が御座いますが概ね良好な状態です。表紙カバーが画像と異なる場合がございます。商品の発送は注文確定後3日から4日程度を要す場合がございます。商品状態の詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご参照ください。発送前の点検時に問題が発見された場合はメールにてご連絡をさせていただきます。発送方法はゆうメールにて発送致します。商品到着までに、天候等により多少の遅れが発生する可能性も御座います事をご了願います。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


行動ファイナンスと投資の心理学―ケースで考える欲望と恐怖の市場行動への影響 (日本語) 単行本 – 2005/3/1

5つ星のうち4.5 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥5,346
¥5,348
お届け日: 10月5日 - 13日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

BrealeyとMyersの教科書「コーポレート・ファイナンス」に代表される現在のファイナンス理論の多くの部分では、「合理的に行動する市場参加者」が前提にされています。

この「市場参加者の合理性」に対して、「市場参加者も人間である以上、人間心理の影響によって非合理な行動を取りうるのではないか」という疑問を突きつけたのが、行動ファイナンスです。本書では、豊富な実際の金融市場における事例を題材に、従来のファイナンス理論では説明しきれない現象について、行動ファイナンスの基本概念による説明を試みています。

タイトルを見ると難しそうですが、中味はケーススタディー中心ですので、通勤途中の肩の凝らない読み物としても楽しめ、知らず知らずのうちに行動ファイナンスのフレームワークが身に付くように工夫されています。欧米のビジネススクールのファインナンス理論の講義でも、副読本として採用されているスタンダードな入門書です。

内容(「BOOK」データベースより)

第1部では、本書で取り扱われる行動ファイナンスの3大コンセプトである、ヒューリスティックスに起因するバイアス、フレーム依存性、非効率的な市場の概念が紹介される。第2部では、市場予測に関する行動的現象が解説される。第3部以降は、各論であり、個人投資家(第3部)、機関投資家(第4部)、コーポレート・ファイナンス(第5部)、オプション・先物・外国為替(第6部)、の順に市場の参加者や取引の種類別に、実際に起こっている「アノマリー」と、それに関係すると思われる行動的概念が紹介される。

登録情報

  • 発売日 : 2005/3/1
  • 単行本 : 359ページ
  • ISBN-10 : 4492653481
  • ISBN-13 : 978-4492653487
  • 出版社 : 東洋経済新報社 (2005/3/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 4個の評価