この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

行動ファイナンス―金融市場と投資家心理のパズル 単行本 – 2001/12

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 300
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

金融工学では解けない非合理な投資家心理を科学する。

内容(「MARC」データベースより)

行動ファイナンスは投資家の現実の行動を観察し、そのような行動をとる原因を考える実証理論である。その基礎から投資戦略への応用まで、Basic部分とAdvance部分に分けて分かりやすく解説する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 171ページ
  • 出版社: 金融財政事情研究会 (2001/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4322102395
  • ISBN-13: 978-4322102390
  • 発売日: 2001/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 527,623位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
行動ファイナンスをわかりやすく体系的にまとめた好著である。
著者は、信託銀行で年金資産を対象に運用モデルの開発と投資理論の研究に従事している資産運用のプロであり、ポートフォリオ運用の理論と運用現場での適用を実務者の観点から説明した著作で知られている。
行動ファイナンスは、ファイナンスにおける新興分野で、証券アナリスト試験でもカバーされはじめたトピックである。しかし、従来の本では心理学的な側面が過分に強調された解説が多く、私は物足りなく感じていた。投資家の投資判断には「心の会計」、「代表的ヒューリスティック」、「フレーム」、「損失回避」などの心理的バイアスが働くという指摘そのものには、開明させられるが、心理的バイアスに気づいた投資家が、実際にどのように投資行動をとるべきかという指南に欠けていたからである。
その点、本書では、行動ファイナンスの理論の説明に始まり、実証研究の紹介、実際の投資への適用の全てが網羅されており、行動ファイナンスでは初めての入門書と言える。なによりも良いのは、専門用語の濫用がなく、平易なわかりやすい言葉で書かれていることである。通勤途中の電車で、就寝前のベッドの中でも充分理解できて、内容も濃い。第1、2章は、行動ファイナンスの理論の説明であり、投資家の心理的バイアスの事例が紹介されている。
普通人の日記のなかに心理的バイア
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
行動ファイナンスの最初の一冊に最適です。

私たちの具体的・日常的な経済行動の中に、心理バイアスによる非合理な行動があることの例示から始まり、基本的な心理バイアスについて説明したあと、それらの心理バイアスが引き起こす実際の市場のアノマリーについて書いてあります。基本的なことは一通り書いてありますし、とても読みやすく、個人投資家に対するアドバイスまで書いてある非常に実践的な入門書です。

ただ、「標準ファイナンスは天動説、行動ファイナンスは地動説」と書いてあるように、ちょっと行動ファイナンス万能って感じが強い本です。どれだけ実際に使えるのかについては、他の本もいろいろ読んだ上で判断した方がいいかもしれません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
投資家が「経済的合理性を伴った行動をしない理由」を説明しています。「経済心理学」とでもいうべき内容です。
内容は わかりやすく、納得できました。
ただし、いわゆる「学者先生の机上の空論」も目立ちました。
一例として、「人間は極端にリスク回避的なため、確率的に得をする投資でも手を出さない」などがあります。しかし、これは当然です。人間は毎日、食事して日常生活をして生きているわけですから、最低生活費が必要です。リスクをかけることができるのは、あくまで余剰資金のみです。そのあたりを理解できていない学者先生が暴走している箇所も散見されました。
利点も欠点もある本ですが、総合的に判断して良書です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
相場は人が動かすものであり、人の行動を予測するためには、心理学は必須のものだ。行動ファイナンスは相場にアプローチする数ある学問の中で最も本質に迫っているものなのかもしれない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告