通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
行きづまったとき―神との関係をそだてる がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 本蔵屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に少スレがある以外は比較的キレイな状態です。郵便局または佐川急便発送となります。当店はamazonコンディションガイドラインに準じて出品を行っておりますので、ご理解の上お買い求めください。ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

行きづまったとき―神との関係をそだてる 単行本 – 2002/5

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 153

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

行き詰まりは、責任を取り過ぎたり、或いは相手の責任にしたりして、自分自身が分裂しているから。いのちに至る唯一の道は、行き詰まった点に戻ってみて、そこからどう自分が変われるかにかかっている。神を感じる身近な材料。


登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: 女子パウロ会 (2002/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4789605450
  • ISBN-13: 978-4789605458
  • 発売日: 2002/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 765,558位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
出版元である女子パウロ会の出版だよりによれば、

”対人関係も神との関係で変わる。具体的なヒントを示したやさしい霊性の本”

とのことであるが、決して”やさしい”本ではない、とまず言っておきたい。翻訳本なので読むのに結構集中力が要る。紹介されるエピソードや引用の比喩的な意味が時々チンプンカンプンなこともある。
タイトルの『行きづまったとき』とは、出版だよりの紹介文にあるとおり、”対人関係”において行きづまったとき、のことである。だが、この本は、対人関係に行きづまったときに必要な神との関係について書かれているのみではなく、信仰生活全般について多くのことが書かれている。例えば、祈り、罪、現代の教会について、イエスの神秘、過ぎ越しの神秘などについて、著者の思考が書かれている。なので、この本を読むことで得られるものは多いと思う。
著者はオーストラリアの神父さま(イエズス会士)であるが、カトリック信者のみならず、プロテスタント信者でも信仰について充分に学べる本だと感じた。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容の深さに驚きました。自分の内面を掘り下げることができ、あいまいにしていたことが、オサリバン神父の説明で浮き彫りにされました。一回目はさっと読みましたが、2回目は、少しずつ読み、祈りたいと思います。自分を知りたい人はぜひ読んでみてください。新しい発見があります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ボーンクリスチャンでありながらウツ病になりました。なぜ?配偶者に教会に行くことを禁止されたから…。でも、これでウツになるってオカシイ!だってロザリオを手に祈っていたら神様は救ってくれるはず!私の信仰心って一体?神に対する自分の在り方って何だったの?自分を責めて10年、ウツ病に苦しみました。そんな中でこの本に出会い『神はただいつでも一緒にいる』という「キリスト者として当たり前」の趣旨の一行に出会いました。うつ病、抗ウツ剤からまだ解放されてません。でも、そんな自分でも神様は自分を見てくれている、一緒にいてくれてる、あらためてそう気付かされました。キリスト者でなくても、『自分を見守ってる存在』を知らしめてくれる、そんな一冊です。ただ、邦題がう〜ん…なので、内容に能わず、残念ながら星4つです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック