通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
行きずりの街 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 前田家 MAEDAYA
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 状態良好。中古品のため使用感はありますが外観上、綺麗なものを販売しております。商品クリーニングの上、丁寧に梱包し、迅速にゆうメールにて発送いたします。発送完了時に発送完了メールにてご連絡させていただきます。※中古品の為、日焼け、カバーに多少のスレやヨレ、汚れがある場合が御座いますのでご了承下さい。※万が一、出品情報と違った場合は、メールいただき返送後、すぐに返金対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

行きずりの街 (新潮文庫) 文庫 – 1994/1/28

5つ星のうち 2.8 62件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 行きずりの街 (新潮文庫)
  • +
  • 私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)
総額: ¥1,436
ポイントの合計: 30pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、都内の名門校を追放された元教師。退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、失踪した教え子を捜しに、再び東京へ足を踏み入れた。そこで彼は失踪に自分を追放した学園が関係しているという、意外な事実を知った。十数年前の悪夢が蘇る。過去を清算すべき時が来たことを悟った男は、孤独な闘いに挑んでいった……。日本冒険小説協会大賞受賞作。

内容(「BOOK」データベースより)

女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、都内の名門校を追放された元教師。退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、失踪した教え子を捜しに、再び東京へ足を踏み入れた。そこで彼は失踪に自分を追放した学園が関係しているという、意外な事実を知った。十数年前の悪夢が蘇る。過去を清算すべき時が来たことを悟った男は、孤独な闘いに挑んでいった…。日本冒険小説協会大賞受賞作。


登録情報

  • 文庫: 356ページ
  • 出版社: 新潮社 (1994/1/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101345112
  • ISBN-13: 978-4101345116
  • 発売日: 1994/1/28
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 506,045位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
私は結構面白く読んだので、他のレビューの酷評を見てちょっとびっくりした。
確かに主人公の教え子の失踪と、主人公が昔クビになった学園の事件が繋がってしまうのは偶然すぎるし、他にも都合の良過ぎる偶然がいくつか見られた。後半の方では、いい加減警察に任せた方が良いのに単身で(しかも一介の教師が)敵に立ち向かう気持ちが理解できなかった。まあ、警察に泣きついてしまったらハードボイルドにならない訳だが・・
でも色々な突っ込みどころも含めて、エンターテイメントとして十分に楽しめると思う。
私が印象的だったのはバブル絶頂期の東京の雰囲気がとても懐かしく感じられたこと。
バブル期の再開発ブームに乗じて学園を大きくしようと画策し、
それに群がって甘い汁を吸おうとして破滅していく姿は、その後のバブル崩壊を予感させる。
自分にとってはつい最近の時代に感じるが、本書を読むとまだ携帯電話もインターネットも普及してなかった事実に気付いて、ちょっと不思議な気分になった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品は好き嫌いが分かれるようですが、私は後者でした。
まず、話の展開に説得力を感じられませんでした。
心を病んでる男女の屁理屈を長々と聞かされる会話シーンと
暴力シーンの細かい描写の繰り返しでうんざりしてしまいました。
また文体も、わかったようなわからないような比喩表現が鼻について
楽しめませんでした。
私の読解力の問題かもしれませんが、そうであっても、今後は
ミステリーのなんとかで1位といううたい文句を信用しないことにします。

あと、文庫本とはいえ、あの装丁は辛いです。
なんとかで1位という宣伝の太い帯が巻いてなければ買う気は起きなかったと思います。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
謎が謎をよび・・・という話の展開、テンポはよく、
ついつい先が気になり一気に読んでしまった。

ただ、主人公が探しに来た教え子が自分の過去の事件とつながってるとか
別れた妻との関係とか、話としてうまく出来過ぎていませんか?
と突っ込みたくなる感じ。

この本が出て、このミス1位になったのは
バブル時代で六本木がキラキラしてたときに
その陰の部分としての空気をうまく描いたからなんだろうなと。
今だとちょっと雰囲気が違うんだろうねぇ。。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「このミステリーがすごい」No1と書いてあったので購入しました。小説家が一所懸命書いたものを軽く言うことはしたくないのですが、どうしても言わなければというものが湧いてきました。どうしてこのような宣伝文とか、評価ができるのだろうと不思議でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
映画化されたので、気になって借りてみました。
この作者の本を手に取ったのは初めてでした。

酷評レビュー多いですね、納得です。
とにかく学園に絡む登場人物が多すぎる。
そして、偶然に偶然過ぎるほどに各登場人物たちに接点がありすぎる。
途中まではどう展開するのか楽しみで一気に読めましたが、
暴力シーン?主人公が立ち上がるシーンに割かれるページ数が多く、
作者の自己陶酔を感じ、途中から読むのが苦痛になりまして。。。
最後まで物語全体の説得力が感じられませんでした。

本としては何とも後味の悪い作品です。
映画ではどう脚色されているのか、、、
いずれDVDでも借りてみたいと思いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 塾の講師をしている主人公が、失踪する教え子を探す。その際に、過去の
自分のトラウマとも言える恋愛に、少しづつ絡んでいく。

 このミステリーが凄いの1位と言う帯で読んでしまいましたが。
すみません。私にはあまり面白いものではなく、いつ面白くなるの?と言っている
うちに終わってしまいました。

 ミステリーとか、ホラーとか言う分野にはあまり詳しくないのですが、こういった
作品が批評家には受けるのか、と思ってしまいました。詳しくないと、面白く
感じないものなんでしょうね。
 
 残念ながら、このミスなんとかという台詞は、信用しないようにしています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー