血のバレンタイン [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

血のバレンタイン [DVD]

5つ星のうち 2.3 32件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,625
価格: ¥ 1,313 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,312 (50%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 1,313より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 血のバレンタイン [DVD]
  • +
  • ブラッディ・バレンタイン[完全版] [DVD]
総額: ¥3,913
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ポール・ケルマン, ロリ・ハリアー, ニール・アフレック, キース・ナイト, アルフ・ハンフリーズ
  • 監督: ジョージ・ミハルカ
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2009/08/28
  • 時間: 90 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002CQIEIK
  • JAN: 4988113824613
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 46,037位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

★『13日の金曜日』と並び、80年代のファンを熱狂させた衝撃のスプラッターホラー!
★伝説的なカルトホラーが待望の初DVD化!!
★リメイク版『ブラッディ・バレンタイン』の公開で、ファンがオリジナル版のDVD化を熱望!
★20年前のバレンタインデーに、とある炭坑町で異常をきたした坑夫による大量虐殺事件が発生する。そして現在。同一犯の犯行と思われる連続殺人事件が、再びバレンタインデーに発生し…

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ブラッディ・バレンタイン 3D』としてリメイクもされたカナダ発のホラー。バレンタインの日に小さな炭坑町で猟奇殺人事件が発生。20年後、再びその惨劇が繰り返される。監督は『チャーリー・ジェイド』のシリーズ監督を務めたジョージ・ミハルカ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
90分というランニングタイム、もしかして昔海外版やビデオで出ていたカット版ではと思えば予感的中
だった。
この作品に関しては残酷シーンノーカット版を出さないと発売する意味がないだろ。
北米版では特典満載の「ゴアシーン復活ノーカット版」が出ている。
トム・バーマン担当の特殊メイクはすごいシーンの連続!
早くノーカット版を出せ!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 忌まわしい記念日、警告を無視してはしゃぐ若者(バカ者?)、そして、恐怖の伝説が現実となり……。
 あの『13日の金曜日』なんかと同じ、『ハロウィン』のパクりB級ホラーなんですが、単なる後追いでは終わらない、出色の逸品です。
 なんと言っても、鉱山町という舞台設定がいい! 舞台にあわせて、自動的に殺人鬼の凶器や出で立ちも決定。ガスマスクで顔を隠し、ツルハシや釘打ち銃で人々を惨殺していく姿は、強烈至極。ヘッドライトが被害者の顔を照らし出す演出は、あの『ターミネーター』のレーザーサイトの先を行っています(褒めすぎだ)。
 登場人物も、田舎町的な素朴な人々、出戻り故にうまく溶け込めずに浮き上がってしまう主人公、ちょっとスティーブ・マックイーン似の頼りになる保安官など、皆さんキャラ立ちばっちりで、この手の映画では贅沢なほど、ドラマパートもしっかりしています。主人公とヒロイン、親友との三角関係など、ちょっとした青春映画(死語?)のノリです。
 そして、ラストはお約束(予想通り)の、坑道内での最終決戦。光も届かぬ、真っ暗で逃げ場のない地下深くでのラストバトルと、遂に明かされる、殺人鬼の意外な正体。どこか切なささえ感じさせるエンディングテーマも秀逸でした。(音の演出面では、『ハロウィン』に匹敵するかも)
「いい加減に終われよ!」ってくらい続編が作
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
残念無念…カット版なら北米版の字幕無しノーカット版でいいです。
メーカーさん是非ノーカット版での発売再検討お願いします。
ほんとに☆ゼロ付けたいです。
メーカーはこの手の作品のファン心理をもっと大事にして商品化して欲しいですね。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
北欧版?でもSPECIAL EDITIONと銘打ってDVDがすでに発売になってはいますが(ガスマスク男がハートを二つに割ってるジャケット)こちらも何故かカット版。
これが完全版と思ってる輩も多いようですが本当の完全版は日本劇場公開版のみ。

どうして主要な箇所をわざわざカットして再販するのか全く持って意味がわからないのであります。

でもまぁ、映画自体の本来の出来はいいので★2つです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
スラッシャー映画のスラッシュ場面=残虐シーンを全カット。
おハナシ自体はたいしたことないんだから、そこを見せなきゃ
どこに商品価値があるんでしょうか。とはいいながら、
先頃豪華版としてリリースされた北米盤は、マスターの都合で
カットされた場面だけ極端に画質が下がる、というものでした。
確かに国内メーカーにやる気があったとしても、そういう不完全な
形でのソフト作りに抵抗があったのかも?しかしながら北米盤は
「削除シーン」として別にあるだけでなく、いちおうちゃんと
映画の中でシームレスに見られるようにしてあります。
さらに特典もイッパイ。日本語字幕なくとも、見てればスジは
だいたいわかります。しょせんたいしたセリフとかないし。
買うならネット専門店にて北米盤、千数百円。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
懐かしい。高校時代に大勢の仲間とワイワイ突っ込みながら観たんで、楽しかった。この手の映画の正しい観かただったと思う。「ばか!独りになるなよ!」「あ〜やっぱりヤラレタ〜!」なんてね。
最後まで突っ込みましたね〜80年代スプラッタの、典型的なパターンを踏襲した作品。近年の不条理で心無い残忍な切り株映画なんかより、ずっとマシな作品です。個人的にですが。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
やる気の無さには恐れ入りました。長年待ち続けた甲斐があったと思ったらカット版。リメイクでファンになった人には朗報ですが、コアなホラーファンには無意味です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Van Damme 投稿日 2010/9/12
 この作品の存在を知ったのは、タイトルをそのままバンド名にしてしまった伝説のバンド、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインから。

 ジェイソンがホッケーマスクにチェーンソーに対して、『血のバレンタイン』の殺人鬼は炭鉱夫姿でツルハシをブンブン振り回す。
 ツルハシなんか食らったらどうなっちゃうんだろ……という僕の陰険な想像力を刺激してくれるかと思いきや、「肝心のシーン」は映っていない。
 おばちゃんを○○○に突っ込んだりと、結構殺しの手段は陰惨なアイデアに富み、多岐にわたるにもかかわらず、そのどれもが「映っていない」。

 何か食い足りないまま炭鉱での殺人鬼との攻防を見ておったわけですが、結局殺人鬼の正体は見る者を完全に置き去りにする強引なスピード感で開陳! 正体明かさなくても良かったんじゃねと、ぽかーんとさせたままテーマソングでやり逃げされた次第。

 確かにゴア・シーンが青少年に与える影響は、決して良くはないかもしれない。
 ただ、「殺し」はホラーの監督にとって変態性の露見であり(全然擁護できてない)、美学の結晶だったりする。
 それはまさに、この映画の心臓をえぐり取るに等しい。
 それに今のホラーの方が圧倒的にグロいわけで、一体誰に遠慮したのかもよく理解できない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す