血と骨 通常版 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: こちらの商品は、擦れ、キズ等がある商品です。商品説明、掲載画像を必ずご覧ください。 中古品のため、ダウンロードコンテンツ、デジタルコピー等は使用できないものとお考えください。 状態を気にされる方は購入をお控えください。中古品のため、ケースに擦れ、ディスクに少しキズがあります。ご了承のうえ購入をお願い致します。こちらの商品はAmazon配送センターより迅 速・丁寧に発送されます。(当店の商品にレンタルアップ品は一切ありませんので ご安心ください。冊子、ブックレット、特典等は、コンディション説明に記載が無い場合は付属していないものとお考え下さい。中古品になります。擦れ、キズ 等が気になる方、完璧な商品をお求めの方は購入をお控え下さい)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,970
通常配送無料 詳細
発売元: オフィスユウ
カートに入れる
¥ 3,970
通常配送無料 詳細
発売元: 株式会社高木屋
カートに入れる
¥ 4,051
81pt  (2%)
通常配送無料 詳細
発売元: 北都商店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

血と骨 通常版 [DVD]

5つ星のうち 3.7 53件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,970 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 134 (3%)
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Cutting Edge Recordsが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 3,800より 中古品の出品:12¥ 1,380より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 血と骨 通常版 [DVD]
  • +
  • アウトレイジ [DVD]
総額: ¥7,145
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビートたけし, 鈴木京香, 新井浩文, 田畑智子, オダギリジョー
  • 監督: 崔洋一
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2005/04/06
  • 時間: 144 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 53件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0007CYVK6
  • JAN: 4988013880900
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,384位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1923年、祖国・朝鮮の斉州島を離れて日本の大阪に渡ってきた金俊平(ビートたけし)。金と色の欲に満ち、己の肉体のみを信じ、常識や道徳のかけらもないこの男は、戦前戦後と家族や町の中で君臨し続けていく…。
   梁石日の自伝的大河小説を原作に鬼才・崔洋一監督が描く、暴力とエロティシズムに満ちた究極のドラマ。妻子や親戚、愛人までも踏み台にしつつ、ひたすら欲望に忠実に生き抜く主人公をビートたけしがこの上ないほどの凄みと存在感で演じきっており、また彼をめぐる女たち(鈴木京香、田畑智子、中村優子、濱田マリなど)の壮絶な人生描写も圧巻。時に目をそむけたくなるほどの凄惨さにもかかわらず、圧倒的な映像の力によって否応なく画面を直視してしまう。もはや生理的な好き嫌いを優に超越し、映画ならではの真の迫力で観る者すべてに民族と血族の意識を呼び起こさせる演出の力には、ただただひれふすのみだ。これは優れたホームドラマであり、民族の凱歌であり、私的昭和史であり、そして崔洋一監督だからこそなしえた人間ドラマの大傑作である。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

第11回山本周五郎賞を受賞した、梁石日の最高傑作である同名小説を映画化した「血と骨」をパッケージ化。1920年代、大阪の朝鮮人集落を舞台に“怪物”と呼ばれた男の、鮮烈にして壮絶場生き様を描いた作品。ビートたけし、鈴木京香ほか出演。R-15作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 戦前・戦後の混乱期から日本の成長期の手前くらいまでの、在日朝鮮人の「底辺の」暮らしを背景に、金俊平という一人の怪物じみた人間を描いた作品。
 この映画に描かれた在日朝鮮人の世界は、私の父親にとっては生の体験である。踏み込んだら無事には帰れない、とか言われた朝鮮部落が近くにあり、そこで犬の解体を目撃した。俊平が豚を解体したように。もともと韓国朝鮮人のものであった初期の焼き肉屋に怖いもの見たさで入ったら、ケンカが始まり、片方が相手を脅すのに口を血だらけにしながらガラスのコップを食うのを見たという。
 さて、三十代の私には父親に比べ、恐ろしくも猥雑なそんな原体験があろうはずがない。しかしなぜか、子ども達の前で嫌がる母親を組み敷き犯す俊平、我が子に向かって常人にはあり得ないような暴力を振るう俊平の姿を見ていると、なぜか自分の原体験にも、そんなことがあったような、見聞きしたような、不思議な感覚に取り憑かれるのだ。これがおそらく、原作者や監督や脚本家が作り出した、金俊平の「存在感」なのだろう。
 だからと言って、ヤクザ映画でヤクザがかっこよく描かれるケースさえある中で、金俊平はどこにもかっこよさなどなく、ヒーローでもない。むしろ人間の屑である。誰をも愛さず、誰をも信じず、誰からも愛されず、信じられず、暴力や欲望への衝動を思うがままに爆発させ、周囲の人間をも地獄に
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
中村優子さんの鬼気迫る演技をはじめ、鈴木京香さん、田畑智子さん、特に女優陣は目一杯の演技。
声が大好きな濱田マリさんも、なかなか上手いではありませんか?

原作からするとたけしさんの役がかなり印象と違うのですが、演技としては凄まじい。
江戸っ子のたけしさんに、韓国なまりの関西弁...。それはさすがにムリがあるのでは?
そうは思っても他に思い当たる人もいませんし、型にはまらない演技を期待しての起用なのでしょう。
確かに「非常識さ」は十二分に表現されています。

オープニングは「ゴッド・ファーザーPart2」、エンディングは「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」。
先行する米国「マフィア」作品へのオマージュが見え隠れする作品ですが、日本におけるコリアン・マフィアものではありません。

非常識な暴力父さんと、それに困ってしまった周囲の人たちのドラマ。
「ドリフかっ!!」と突っ込みたくなるシーンもあったり。(笑えはしません)
この原作なら、もう少し描き方があったように思えてなりません。
原作のアクの部分が強調されてしまって、より後味のよくない作品になってしまった感じです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2015/11/17
原作が迫力あるものであることは容易に想像できる作品であるが、色と欲に貪欲な主人公を演じるビートたけしの迫真の演技がそれを何倍にも迫力あるものとしている。
金のためなら身内でも平気で踏み台とする主人公の業の強さ、そして在日として差別を受ける中で逞しく生きる姿は感動すら覚え、長く記憶に残る作品となった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
昔の日本が戦争で負ける前後の時代の、在日朝鮮人についての話です。

野心を持って日本へ来た北野武演じる金というどうしようもなく粗暴で暴力的で支配的な男が、
日本へきても好き勝手に行動し、周りを傷つけ

最後には北の楽園と当時呼ばれた北朝鮮へ行き弱って死んでいくまでの話です。

豚の解体シーンとウジ虫のシーンが印象的でした。

これを見て私は物語の中の女性陣のいたたまれなさに涙しました。
日本自体が貧乏な時代であったということ、在日朝鮮人であったということ、自立すると言うこと自体が難しかったということ、
これらすべての要因がこのような男に振り回される結果となってしまったのではないでしょうか。

原作では原作者の父親がモデルだそうです。
一人の人間としての、父親に対する憎しみを感じます。

こういった生き方をした人は、当時在日の方々以外にも日本でも多くいたのだろうと思います。

唯一気になるのは、北野武はいい味出してます。演技もうまいし。でも、迫力に欠けるのでは?と思いました。

でも、この映画を通して何か感じろと言われても、正直どういった感想を持っていいのかわかりません。
ただただこういった現実があった、ということを見せられた、という感じです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す